法務省のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 法務省 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 23件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.5 29.7 49.3
平均給与(万円/年) 442.5 440.2 50.1
有給休暇消化率 49.7 50.1 49.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。法務省の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業や夜勤が多く、朝は定時前に出勤しなければならないので思った以上に仕事に縛られてしまいますし、土日も家にいて自由に外出できないこともあります。

voice

当然、残業時間が長くなることも多々ありますが、皆さん家庭で調整しているのではないでしょうか。

voice

部署によって残業時間や休憩時間が異なります。

voice

それでも残業は19時過ぎには終わり、忙しい部署では9時には帰宅できる。

voice

有給休暇を取得していても、仕事が溜まっていくので、休みの日に仕事をしなければならない。

voice

公務員といえば9時~5時というイメージを持っている人も多いと思いますが、そんなことは全くなく、残業は日常茶飯事です。

voice

予算の制約により、残業代がカットされることもよくあります。

voice

夜勤などの業務を免除され、残業がほとんどない、または少ない時間帯で働くママや社員が多い。

voice

残業代の上限は議会の部署では高いが、それ以外の部署では認められておらず、経営を圧迫している。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

月に1日以上の有給休暇を取得することを目標に、申請書を提出して出勤する人もいます。

voice

刑務官をしていたので、有給休暇は決められた数しか取れず、それがたくさん残っていたので、辞めるときには2ヶ月間の休みをもらって有給休暇を使うことができました。

voice

時間単位でのお休みも可能なので、有給休暇をあちこちで使うことができます。

voice

ほとんどの人が年間20日の年次休暇(有給休暇)の約8割を取得しています。

voice

若手社員でも、平日に数日の有給休暇を取得し、週末には海外旅行に行く人もいます。

voice

私は病気ではないので、なかなか取れないのですが、そういう休暇があると大変な時に助かります。

voice

3年目以降は、有給休暇の繰越日数は年間40日となります。

voice

半日や数時間の休みを取って、なんとか取得目標を達成している月もあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。法務省の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

いくら仕事ができなくても、給料だけは安定している。

voice

公務員になると年功序列になり、毎年少しずつ給料が上がっていきますが、仕事ができるからといって給料が上がるわけではありません。

voice

今の給料には満足しているが、将来の給料で満足できるかどうかはわからない。

voice

年功序列で給料が上がるものだと思っていたが、政府の人気のせいで給料が減り続け、入社してから一度も手取りが増えていない。

voice

国家公務員なので、ボーナスはいいですね。

voice

都会だと地域手当も高いし、家賃や福利厚生を考えれば、そこそこの大手よりもはるかに高い給料が貰えるし、そもそも平均以下にはならないと思う。

voice

条件が全く同じであっても、どのように配分されているかわからないため、給与に差が出ることがよくあります。

voice

公務員の仕事では避けて通れないことですが、年功序列があるので、どんなに頑張っても給料は固定されています。

voice

国家公務員なので、福利厚生はもちろんですが、それなりに給料も良いです。

voice

公務員なので身分保障がしっかりしていて、給料も良い。

voice

施設によって、同じ職種でも休みや給料は全く異なります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。法務省はどうでしょうか。

voice

疑問に思うことがあると、それが精神的なストレスになるまで問題化してしまうことがあります。

voice

労働条件だけでは劣悪ですが、職場の仲間とやりがいだけで、ずっと続けられています。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、法務省ではどのような現状でしょうか

voice

私は被害に遭っていませんが、同僚がうつ病になりました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラなどの専門部署があり、比較的女性が働きやすい環境です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

通勤途中で上司に気づかずにスルーしていたら、「なんで挨拶しなかったんだよ、それも仕事だろ」と怒鳴られてしまいます。

voice

朝9時からの出勤のはずが、朝から部署の机や床の掃除をしなければならないので、7時に出勤しました(その時間に去年の採用者が来ていたことを上司に伝えるのは半ば無理だと思っていました)。

voice

強制送還を発令すれば、日本の安全保障などに直接影響を与えるので、日本の安全保障を守っているという気持ちで臨むべきです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

もちろん、やってもやらなくても評判は大して変わらないので、3年も経てばみんな洗脳されて立派な公務員になって仕事をしなくなる。

voice

公務員の仕事ではなく、体育会系の絶対的な上下関係のある職場であることを前提に考えた方がよさそうですね。

voice

上下関係や挨拶など、良い意味で周りを気にしないことが大事なんでしょうね...。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が数年前に退職したのは、所属していた夜勤チームの部下との相性が悪かったことと、一身上の都合でのことでした。

voice

ストレスが原因で退職しましたが、退職後は傷病手当金がきちんと支給されました。

voice

1年後、何も変わらなかったので、自分で結婚を決意し、良い機会だと思って退職しました。

voice

結婚や出産で退職する人は少ない。

voice

結婚してからも子供が生まれる前後も働き続けやすいと思うし、それをきっかけに退職する女性は少数派だと思う。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

不法滞在者の引き取りや留置場での仕事など、一般的な職種ではありえない仕事です。

voice

仕事の内容としては、受刑者の更生と再犯防止に努めていると書いてあるが、実際にはほとんど更生せずに別の犯罪で刑務所に戻ってきている。

voice

女性でも性犯罪者の対応を求められたり、男性の家に一人で行かなければならないこともあります。

voice

不法滞在者などを送還し、日本の秩序を守るのは責任ある仕事です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。