JFEスチールのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに JFEスチール について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 129件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.2 29.7 49.4
平均給与(万円/年) 530.8 440.2 54.8
有給休暇消化率 57.7 50.1 52.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

JFEスチールに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、JFEスチールと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。JFEスチールの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私の場合、残業は月50時間程度ですが、部署によって全く異なります。

voice

計算してみると、月に50時間近くの残業があり、ワークライフバランスが取れない。

voice

工場労働者や一部の職種では長期休暇が取れない、長時間残業が当たり前になっているなどの問題がある。

voice

残業申請は過少申告制となっているため、実際の労働時間を考えると高額な報酬にはなりません。

voice

若いうちはワーク・ライフ・バランスもありますが、年を重ねるごとに製鉄所への勤務が求められ、現場管理職になると24時間365日の勤務が求められるようになります。

voice

普通に仕事をしている人でも、残業がひどい部署があり、仕事のバランスが悪いと感じることがあります。

voice

製造部に入った同窓生から聞いていたので、サービスを含めて月150時間程度の残業はギャップを感じませんでした。

voice

残業代はほとんどの勤務時間で支給されますが、36協定を厳守するようにしているので、超過した分はサービス残業になる可能性が高いです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

徹夜明けの翌日を年休扱いとし、指定された年休は土曜日に取得するケースが多い(年間8日程度)。

voice

ほとんどの部署が有給休暇を取得する際に、取得理由を開示しなければならないのも面倒でした。

voice

オフィスで働いていたので、有給休暇が取りやすかった。

voice

3交代制なので、4日働いて2日休みがあれば体力的には自由な時間が作りやすいと思っていたのですが、実際は人手不足が深刻で、有給休暇や体調不良で誰かが欠勤すると、他の誰かが出勤しなければならないので、休日出勤も珍しくありません。

voice

休みを取ることに問題はないと思いますが、特に代休については、上司次第だとは思いますが、同じことが言えると思います。

voice

ある部署では積極的に有給休暇を奨励しているのに、別の部署では仕事が多すぎて調整できないということがよくあります。

voice

総合職の場合、年休を全て取得することは難しい。

voice

有給休暇を取りにくい雰囲気はありませんが、メンテナンス業務を担当していたので、定期的なメンテナンスのために週に1回は有給休暇を取れないという暗黙の了解がありました。

voice

有給休暇。職場や役職にもよりますが、自分の仕事量を調整できる人であれば、有給休暇は比較的取りやすいです。

voice

私が働いていた部署は比較的休みが取りやすい部署でしたが、部署によっては休みが取りにくいのですが、組合の関係で休みを取らざるを得ない場合もあります。

voice

休暇制度については、有給休暇の半分程度しか土日に組み込まれていないため、実質的な有給休暇は年間10日程度しかありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。JFEスチールの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

同僚も上司もみんな給料がいいので、ここではみんな給料がいいんだと思います。

voice

高卒の場合、これ以上の給料を出している会社はあまりありません。

voice

ボーナス(ボーナス)も一般の方より高いので、満足しています。

voice

グループにもよりますが、第2グループに所属している場合は給料が低く、ボーナスは業績に連動しているので、ボーナスはありません。

voice

3交替勤務の場合、残業代を合わせると月30万円以上は安定して支給されますが、ボーナスは業績に連動しているので、業績が悪い時は少額になります。

voice

給料が高いと思われているようですが、ストレスを考えると決してお得とは言えません。

voice

景気が良い時は、ボーナスが非常に大きく、満足のいく金額になっています。

voice

月給は多くもなく少なくもなく平均的だと思いますが、ボーナスは特に課長以前の資格をお持ちの方やそれ以上の方には高い比率だと思います。

voice

求人サイトには「〇〇歳・年収1000万円」と記載されていましたが、実際に入社してみると、求人サイトに記載されていた給与よりもはるかに低く、とても腹が立ちました。

voice

駐車場も安いので、基本給がかなり高くなると考えてもよさそうです。

voice

年収に占めるボーナスの割合も大きいですが、ボーナスは業績に連動しているので、仕事での大きな改善点のほんの一部しか反映されていません。

voice

メーカーの中ではかなり高い部類に入りますが、鉄鋼業界の経営環境の悪さから、ボーナスはあまり期待できません。

voice

年収は業績連動型のボーナスに左右されるが、直近では30歳の課長で残業代込みで750万、課長で1100万程度。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。JFEスチールはどうでしょうか。

voice

機材は20~40年前の古いものが多く、ブラックボックスのようなものが多い。

voice

現場では、一部の部署では毎日のように怒鳴られて精神的にダメになっている社員が多いようです。

voice

ワークライフバランスは、職種によって白と黒にきれいに分かれます。

voice

まず、女性用更衣室や女性用トイレなどのインフラがない、男性の中で女性が自己主張しにくい(現場では暴力や怒鳴り散らすことが多い)、労働時間が長くライフワークバランスが取りにくい、結婚して子供ができたら働きにくい、などが挙げられます。続けることが難しいとされているからである。

voice

定時退社日が単なる形骸化していて、実施されていない。

voice

働かなくても給料がもらえるし、定時で帰れる人もいるので、そこに魅力を感じる人は魅力的だと思います。

voice

責任の重さと仕事の厳しさに心が折れそうになることもしばしば。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、JFEスチールではどのような現状でしょうか

voice

うつ病になる人はたくさんいますが、それに耐えられれば、ストレス耐性が非常に高い人に成長できる職場環境です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

過度な仕事量、責任の押し付け、昼夜や休日の呼び出し、要求されるスキルの基準が高い、できない人には罰を与える、パワハラ...。これでは長続きしません。

voice

セクハラ防止のための研修があるが、実際には効果がない。

voice

古い体質から抜け出せないためか、工場の人からのセクハラや上司からのセクハラなどの問題を抱えている。

voice

まず、女性を採用する際には、セクハラやジェンダーに関する教育を全社的に行っていましたが、数ヶ月後にはセクハラ問題が表面化していました。

voice

セクハラについては、女性社員が少なかったためか、あまり気にせずに慎重に対応してくれていたので、もう少し普通に接してもらってもいいのではないかと感じました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上司が部下を怒鳴るのは日常茶飯事で、鬱病で休職する人も多かった。

voice

目上の人や他部署の人を見下したような言い方をする人が多く、そのような人たちとの交流はストレスになることがあります。

voice

理不尽な環境のせいか、離職率はかなり高かったようです。

voice

自分より弱い立場の人には高圧的な指導が当たり前で、仕事を覚える前に研修担当者と仲良くなっておくことが大切な雰囲気です。

voice

何か問題があると怒るだけで、その場しのぎの対応になることが多い。

voice

若いうちはいろいろと理不尽なことを我慢しなければならないし、こういう会社に入ったことを深く後悔している人を何人も見ています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

官僚的」「古い価値観」「体育会系」「バブル脳」「閉鎖的」「八甲田山」など、一般の人が連想するようなことが、この会社では平然と行われている。

voice

配属された部署にもよりますが、製鉄所ということもあり、体育会系の独特の雰囲気があります。

voice

設備投資をしなくても何でもできる、ガツンとできる、叱ったり褒めたりすることで若者が育つと思っている人が多い。

voice

もっと体育会系かと思っていたのですが、実際には私の部はそうではなく、どちらかというとカジュアルな関係になっています。

voice

スケジュール調整力、汎用性のない独自のものづくり技術の知識、上司にウケるパワーポイント資料を作成するスキル、人に仕事を押し付ける根性、などのスキルしか身につきません。

voice

上下関係が厳しくないので、働きやすい職場だと思います。

voice

工場にいる間は上下関係がほとんどなく、困ったことがあれば気軽に相談できる雰囲気がありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職後1ヶ月間まで家賃を補助してくれるので、転職の際も安心です。

voice

他の部署では毎年のように死亡者が出ていて、安全性に不安を感じて辞めざるを得ませんでした。

voice

上司会議で希望を伝えても変化がなく、退職を決意した。

voice

定年退職や雇用延長に取り組んでいるが、体力を必要とする仕事であるにもかかわらず、人手不足や高齢化が進めば、労働者の状況はさらに厳しくなるだろう。

voice

退職するには複数の上司に相談しなければならないが、忙しいから逃げられる。

voice

女性を無理矢理引き入れるのは、引っ越しや退職を余儀なくされてしまうので、良いことではありません。

voice

経営陣は未だに前時代的な考え方を持っており、無意味な報告資料も多く、社内の文化は今後も大きくは変わらないと感じており、退社を検討しているとのこと。

voice

退職者は若年層や中堅社員が多いので、原因を究明して対応した方が良いのではないでしょうか。

voice

降格はありませんので、頑張って資格を取って上がれば、一生食べていけるのです。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

職場によって様々な種類の死傷者が出ていますが、現場作業者だけに、「不注意」や「面倒くさい」などが原因で怪我をしたり、死亡したりしやすいのは現場作業者だけです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。