青山メインランドのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 青山メインランド について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 32件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 45.2 29.7 43.8
平均給与(万円/年) 506.6 440.2 53.6
有給休暇消化率 47.4 50.1 49.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

青山メインランドに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、青山メインランドと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。青山メインランドの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

管理職は給料は高いが、責任は大きい。

voice

基本給が高く、1契約あたりの手数料が大きい。

voice

年に一度の昇給はないので、どんなに長く勤めていても、役職に就かなければ一生昇給はありません。

voice

残業申請には手間がかかりますが、ボーナスはきちんと支給されるので、実際の求人票と内定時の予想年収よりも50万円ほど高いです。

voice

給料に関しては、売れば売るほど高くなるので、お金が大事な人にはとても良いですね。

voice

基本給が保証されていて、歩合給も高いので、成績が良ければ月に多くのお金を稼ぐことができます。

voice

勤務時間は毎日遅く、残業代は出ませんが、基本給は高く、頑張った分だけ給料がもらえるので、かなり良いです。

voice

給与は業績に応じて決まるので、働いている月にはたくさんもらえるけど、働いていない月にはもらえないので、格差が大きい。

voice

完全実力主義で、結果を出せば、それなりに時間をかけて仲間よりもはるかに高い給料がもらえる。

voice

勤務時間に対する給料の高さに惹かれて入社しました。

voice

3ヶ月間結果を出さないと給料が減り、毎週土曜日に仕事をしなければならず、日曜日に仕事をしなければならない人もいました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。青山メインランドの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が多く、のんびりできるのは日曜日だけでした。

voice

私が入社した頃は、夜遅くまで働いて休日出勤するのが当たり前で、なかなか休みが取れなかったのですが、ここ数年で改善され、休みの日も確保できるようになりました。

voice

営業には残業代制度があり、残業の概念がありません。

voice

経営者はほぼ毎日のように残業をしています。

voice

その結果、定時ですぐに帰る人と毎日残業する人の二極化が進んでいます。

voice

もちろん休日出勤ではないので、善意のボランティア?そうです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社からは有給休暇の取得を指示されていますが、営業マンは顧客の都合で仕事をすることが多いので、実際には難しいかもしれません。

voice

土日に契約を取る場合は、クーリングオフ期間であっても、必ず平日に代休を取らせるようにしましょう。

voice

営業時間外に商談がある場合は、平日に休めるように手配しておきましょう。

voice

人事部自身は、有給休暇を取得したことがないと断言しています。

voice

それに加えて、基本的に週に1日の休みがあるので、体力的にもきついです。

voice

会社の人は基本的に休みの意味がほとんどわからないので、休みでも仕事が入ってくれば仕事をする。

voice

20代で体力に自信のある方、ノルマ達成のために休みやプライベートの時間は必要ないという方におすすめです。

voice

今は離職率対策?毎週水曜日がレディースデーで、定時退社や土日休みのようですが、私が働いていた頃は休みなんてものはなかったですよね!?でも、私が働いていた頃は、休日なんてなかったですよ!。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。青山メインランドはどうでしょうか。

voice

一昔前まではブラック企業の代表格というイメージが強かった業界ですが、業界全体としては様々な面で改善されてきているようです。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

実力主義というとチームワークがないような印象がありますが、そうではなく、会社がギスギスしていたわけではありませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

その結果、社内では信じられないようなクレーム違反、セクハラ、パワハラが頻発していました。

voice

軍事的な社風で、セクハラやパワハラが当たり前のように行われていました。

voice

最近では退院時間やハラスメントが劇的に改善されたそうです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

みんないい人ばかりですが、不動産会社である以上、理不尽で説教的なのは仕方ないですよね。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の仕事なので、気楽な性格などから上司に好かれることもあり、おとなしい性格の人や柔軟な発想ができない人は、会社には合わないかもしれません。

voice

働き方や習慣は良くなってきていますが、まだまだ昔ながらの体育会系気質が残っていて、時代に追いついていないような気がします。

voice

普通の仕事でも、上司は根性論を強く主張してくるし、それが社風なんだよね。

voice

メンタルがしっかりしていないと、ノルマ達成のプレッシャーが大きいので、それをフォローする仕組みがあったほうがいいと感じました。

voice

時代や規模の大きさのせいか、昔のようなカリカリした体育会系さは薄れてしまった。

voice

今はどうか知らないが、当時は完全な体育会系で人海戦術だった。

voice

毎月のノルマが達成されると昇格しますが、もちろん昇格に伴ってノルマも上がっていきます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

本当にワンルーム販売しか収入源がなく、このままでは死んでしまいそうなので、辞めることにしました。

voice

この仕事を長く続けられるかどうかを考えれば、自然と会社を辞めようと考えるようになるのではないでしょうか。

voice

退職金もないし、その方向でのアピールもない。

voice

環境は、販売会社なので少し不満がありますし、福利厚生は、販売会社なので退職金がないのが少し不満です。

voice

何よりも自分の可能性を試したかったので、自分のわがままを認めてもらい、退職しました。

voice

営業の仕事は営業の人の役に立てるのでやりがいがありましたが、有給休暇がないことと、休みが取りづらいことが退職の大きな理由でした。

voice

昇進は結果が出ていれば早いし、逆に結果が出ていなければ降格も早い。

voice

退職していない方は、大体1年で仕事を覚えますので、自分の裁量で働くことができます。

voice

やる気があれば、これらの資格は本土を離れても取得できるため、この社風の中でスキルアップを図ることができます。

voice

売れていないと土日に出勤させられたり、チームの数字が合わないと連帯責任で出勤させられたりする習慣をしっかり変えない限り、退職者は減らないと思います。

voice

会社としては、辞めたい人の面接や囲い込みをフォローしているので、必要性を再認識している社員もいるようです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。