日本水産のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本水産 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 21件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 20.2 29.7 53.8
平均給与(万円/年) 582.9 440.2 57.6
有給休暇消化率 35.4 50.1 45.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本水産の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

定時の15分前には、今日は残業なし。

voice

製造している製品によっては、夜遅くまで仕事をしなければならないこともありましたし、工場内なので夜中に呼び出されることもしばしばありました。

voice

定時で帰れる人もいれば、複数の仕事を抱えている人が残業している人もいました。

voice

繁忙期とそうでない時期の差が大きく、残業時間も10時間から40時間以上と大きく異なるので、こちらも予定を立てるのが大変だと思います。

voice

今はもうないと思いますが、休日出勤して問い合わせに対応していた時期もありました。

voice

昔の話ですが、水産工場だったので残業が多かったです。

voice

3型は、社員と同じサイクルで仕事をしているため、残業や休日出勤が多い。

voice

当時、業界では長時間の残業が問題になっていました。

voice

残業が多く、ワークライクなバランスが崩れてしまうことを覚悟しなければなりません。

voice

残業が良くないのは同意できますが、その前に、一人に仕事を押し付けないなど、残業しなくてもいい環境を作ってほしいと思います。

voice

この取り組みは徐々に広がり、約半年で管理職も組合員も残業しなくなりました。

voice

同業他社に比べて個人の仕事量が多いため、残業は比較的多い部類に入ります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

周りの雰囲気によっては、残業代が出なかったり、申請が難しかったりすることもあります。

voice

有給休暇もかなり取り、フルタイムやハーフタイムで休めるように調整しています。

voice

昔はあまり有給休暇が取れなかったのですが、最近は有給休暇を取得するように勧めているので、少しずつ有給休暇が取れるようになってきています。

voice

有給休暇の取得にも力を入れており、昨年度実績と比較して取得率50%を目指しています。

voice

残業代や有給休暇の取得が難しい職場は、労働者にとって非常に不利だと思います。

voice

年末年始とお盆以外の長期休暇はなかなか取れませんでした。

voice

有給休暇や休暇も比較的取りやすい環境で、子育てをしながら長く働ける職場だと感じました。

voice

部署によっては1週間の休みがあり、海外旅行に行っているところもありました。

voice

有給休暇も気兼ねなく取得でき、福利厚生も充実しています。

voice

契約社員ですが、入社前の健康管理や通勤方法のフォロー、半年以上勤務した後の有給休暇など、福利厚生はかなりしっかりしていると思いました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本水産の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料は良いと思っていたが、やりがいのある仕事に就けるかどうか。

voice

基本給はあまり高くないですが、残業代は出ます。

voice

年に一度は昇給がありますが、昨年末には仕事ができるかどうか、勤続年数に関係なく一律でアリの泣き落としになりました。

voice

給料には反映されませんが、自分の教育には役立ちます。

voice

それ以外は欠勤扱いになりましたが、全額支給されました。

voice

転職を考えた理由は、思ったよりも給料が伸び悩んでいたことと、結婚して子供のことを考えると、今の給料では無理だと感じたため、転職を考えました。

voice

全く同じ仕事内容なのに、給料が天と地ほど違う。

voice

営業マンの数は比較的少なく、担当する顧客の数も多いのですが、その分給料は業界の中では比較的高いです。

voice

全く同じ仕事をしている正社員、契約社員、派遣社員の給料にはかなりの幅があります。

voice

ボーナスはもちろん減りましたが、社会保障がしっかりしていて安心できる会社です。

voice

基本給は同業他社と比べても格段に高く、福利厚生も充実しています。

voice

もちろん定職ではないので昇給にはあまり関係ありませんが、やる気があればモチベーションも上がりますし、新しい仕事も教えてくれるので、やる価値はあると思いますよ!。

voice

私のイメージは、契約社員が正社員の給料を得るために真面目に働いているイメージしかありません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本水産はどうでしょうか。

voice

次の日はいつ出勤するのか、早く出勤するのか、時間通りに出勤するのかわからないので、前日の夜まで計画を立てるのは大変です。

voice

派閥が多く、若者は争いに巻き込まれて長老に処分されてしまうが、派閥内でうまくやりくりして、ライバル派閥の情報を集めるスパイになれば出世できるが、派閥のトップが落ちれば日の目を見ることはない。

voice

部署内での肉体労働は重労働で、休みの日にどこかに遊びに行く気力がありませんでした。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本水産ではどのような現状でしょうか

voice

体調を崩して急な休職を余儀なくされましたが、会社は有給休暇制度が充実しており、4ヶ月間は有給休暇でのんびりと休むことができました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

政治性の高い会社のようですね。

voice

上下関係が心地よく、厳しく、体育会系も文系ものびのびしている印象です。

voice

経営陣を含め、昔ながらの根性とメンタリティの発破法が残っていて、モチベーションを上げるのに苦労した。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

結婚を機に退職しましたが、女性が働きやすい環境ではありませんでした。

voice

社員はそれなりに働けば退職金がもらえるし、契約社員は頑張って会社が良くならないと社員になれないし、頑張らないと契約を切られてしまう。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。