ぐるなびのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ぐるなび について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 185件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 38.4 29.7 46.5
平均給与(万円/年) 478.5 440.2 52.0
有給休暇消化率 62.4 50.1 53.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ぐるなびに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ぐるなびと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ぐるなびの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間の削減を謳っているが、仕事量は減らず、結果的に残業している人が多い。

voice

残業時間の管理や有給休暇の取りやすさが良いと思いました。

voice

長時間労働、残業、早出が当たり前。

voice

残業時間は40時間を上限としていましたが、実際の労働時間はそれを大幅に上回ることが多く、1日の終わりになることが多かったです。

voice

部署にもよりますが、生産管理や進捗管理で残業が多く、月50時間以上は当たり前。

voice

労働時間に関しては、22時以降の残業は認められていませんが、仕事が終わらないと持ち帰りや土日出勤をしなければならないという慢性的な状況は改善されるべきだと思います。

voice

残業は当たり前の社風なので、働いた時間を考えて時給に換算すると少ないかもしれません。

voice

部署によっては、40時間以上の残業を認めない風土があります。

voice

当日は急な打ち合わせが多かったり、社内メンバーの早朝や深夜の打ち合わせが多く、プライベートとの切り分けが難しい。

voice

現在はノー残業デーがあるようなので、プライベートとの両立ができると思います。

voice

水曜日のノー残業デーも形式的には実施されていません。

voice

入社前はワークバランスの良い職場だと思っていましたが、外食産業だったので、残業やプライベートを犠牲にしなければなりませんでした。

voice

社長の執行命令で夜10時には消灯しているとはいえ、この改革は給料を盗めと言われ、土日は3時間ほど出社しない、納期を守れと言われ、サービス残業が増えるだけという悲しい結果に終わることを期待している。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

基本的に営業職は有給休暇が取りにくい。

voice

例えば、15日の有給休暇があり、それを使って最後に辞めた(その時に申請が認められた)が、退職後に「欠勤」に切り替わってしまい、過払い金請求(相当額)の通知書が郵送されてきたとします。

voice

管理職の消化率は低いかもしれませんが、平均的な社員であれば、有給休暇を使いすぎて足りないくらいです。

voice

有給休暇は、他の人との調整が可能であれば、好きな時に取得することができます。

voice

家庭の事情で休まなければならない日があると、子供が悪いとそのツケがどんどん後任の人に回ってきて、気まずい雰囲気になってしまうことがあります。

voice

有給休暇も取りやすく、残業もあまりありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ぐるなびの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与には残業代も含まれていたが、月収や年収に不満はなかった。

voice

残業代があり、提示された金額よりも多い傾向にあります。

voice

ボーナスは業績に応じて反映されますが、普通に仕事をしている限り、最低でも1ヶ月分×年2回のボーナスが支給されます。

voice

基本給は東京で働く営業マンの平均的な水準です。

voice

実力主義の評価制度のため、20代で実績があれば同世代の人よりも高給取りになる人もいます。

voice

未払いや遅刻はないので、それはそれでいいと思います。

voice

給料を上げるためには、役職を上げるよりも、所定の評価基準を満たしている方が良いでしょう。

voice

きちんとした評価をして、お金をもらえるなら良い会社だと思います。

voice

住宅手当や退職金がないので、長い目で見ると平均以下。

voice

多少高い評価を受けても、期待される残業代が出るようなランクに上がるまでには、入社してから3年ほどかかり、まだまだ先が長いと感じることも何度かありました。

voice

定期的に評価されやすく、昇給につながりやすい。

voice

直接雇用が手厚いのに対し、派遣社員は交通費やボーナスがないので、それがかなりのストレスでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

その代わり、非常に体育会系で厳しいのは否めません。

voice

良くも悪くも知名度があるので、全く売れないわけではないので、頑張ればノルマは達成できます。

voice

営業に自信のある方、体育会系の環境で頑張れる方にはチャンスのある良い会社です。

voice

部署にもよると思いますが、体育会系のノリのある部署(例えば営業部)は気をつけた方がいいと思います。

voice

何としても売上目標を掲げている雰囲気がありますので、数字に対する意識を身につけて行動に移すことができます。

voice

当時はノルマが厳しかったのですが、その反面、仲間意識が強く、みんな若かったので楽しかったです。

voice

気の強い女性や根性のある女性でない限り、やめておいた方がいいでしょう。

voice

正直なところ、根性論が横行していて、一部のマネージャーを除いては、メンバーからの信頼はあまり得られていなかったと思います。

voice

体育会系の方にはやりがいのあるボリュームのある仕事で、30分以上の朝礼で心身ともに鍛えられる日もあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ぐるなびはどうでしょうか。

voice

数字には真面目さがあり、それを手に入れないと時間も精神的な余裕も全くない。

voice

社長はおじいちゃんだから考え方が古臭いし、営業部長は(ウイルスが人間を殺す)とか意味不明なことばかり言うし、異常なまでのアピール精神がないと。

voice

新卒者の育成に力を入れており、中途採用者が消耗品のように使い捨てにされている状況。

voice

出勤前や出勤後には必ず自分の数字を確認しに行っていたので、精神的に参っていた女性も多いのではないでしょうか。

voice

営業以外の社員はかなりゆるく定時で帰る人が多いです。

voice

何でも定時に帰宅させる仕組みが社内にできていますが、昔ながらの社風では難しいと思います。

voice

飲食店を相手にしているので、19時からのアポイントがあり、帰社後に提案資料を作成することも珍しくなく、定時で帰る人はほとんどいません。

voice

部長が部長になってプロジェクトを処理しなければならないほどの厳しい状況で、メンバーへの配慮が足りないと感じました。

voice

営業リーダーの多くはITリテラシーのない人が多いので、交渉にはかなりの精神的な努力が必要です。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

自分に直接言えばよかったことを裏で文句を言っていたり、上司に遠回しに言っていたり......。とにかくオープンさに欠けていて、表面的には平和に見えても、裏ではとても気まずい。

voice

営業以外は女性が多いので、出産して復帰した人もいるので女性には良い会社だと思いますが、その反面、私が所属していた部署は女性がリーダーを務めていて、誰もいない時に部署のメンバーの悪口を言ったり、仕事中にもペラペラ喋ったりしていました。正直、「この人大丈夫なのかな」という気持ちになりました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラじゃないの?パワハラではないと思わせるような詰めが多かった。

voice

部署内にはパワハラや僻みが多く、モラル的におかしいところがたくさんありました。

voice

飲食店なので、女性は希望を持って入社しますが、セクハラが多いです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

開発部門以外の人がMTGを自分の席に近づけて開催したときは驚きましたし、特に営業部門では意味のないプレッシャーと思えるようなことを言ったり、高圧的で価値のないことを言ったりする人がいて、仕事は大変だなと思いました。そうでない人もいるかもしれません。

voice

朝の営業部のチームMTGを誰もいないところでやっていて、罵声が飛び交っています。

voice

帰ってきてから店長の説教を聞いたり、ロープワークをしたりして、1時間、2時間。

voice

高圧的な女性経営者がいましたが、特別に仕事が得意でなくても、そうやって出世していくんでしょうね。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社に不満があったわけではなく、友人の起業を手伝うことと仕事の両立が難しくなってきたので、辞めざるを得なくなったのです。

voice

待遇や仕事内容に問題はありませんでしたが、上司や管理職からの数字に関する強烈なプレッシャーや嫌がらせにより、体調を崩して退職しました。

voice

人事面では、上の人と一緒に仕事ができる人だけが昇進し、優秀な人は早くあきらめて会社を辞めてしまうという、非常に日本的な感じがします。

voice

そのような環境の中で、自分のスキルアップや将来的に会社に貢献したいというビジョンを持てずにいたことが、退職を考えるきっかけになったという。

voice

会社とは直接関係ありませんが、結婚のタイミングと重なったため退職しました。

voice

配属された部署によっても違うと思いますが、ストレスを感じて辞めることにしました。

voice

ノルマが厳しく、精神的にきつかったので退職を決意しました。

voice

定年退職した女性の中には、心と体の不調を抱えている人も少なくありません。

voice

自分のスキルアップのために泣きながら帰ることにしたのですが、その際に色紙をくれたり、プレゼントをくれたりと、とても思いやりのある会社だなと思いました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。