内田洋行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 内田洋行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 49件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.1 29.7 48.6
平均給与(万円/年) 438.5 440.2 49.9
有給休暇消化率 30.2 50.1 44.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

内田洋行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、内田洋行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。内田洋行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業削減のための社内の取り組みが遅れており、17時以降の営業時間が長く、早退しにくい雰囲気があります。

voice

残業時間の長さは部署によって全く違います。

voice

スタッフ職ではない現場職は、ほぼ毎日のように残業しています。

voice

忙しい人に仕事が集中していたため、残業が多く、夜遅くまで残業している人が多かった印象があります。

voice

海外に関わる仕事で毎日夜遅くまで働いたり、23時退社など当たり前だが、給料は安い。

voice

基本的に残業は男女差はありませんが、制度が整っていなくても必要に応じて配慮してもらえます。

voice

残業は申請制であるが、それを返上してくれる部長の存在が気になる。

voice

もちろん、プロジェクトの繁忙期には残業が発生することもありますが、基本的には育児などの個人的な事情を考慮してくれる社風があります。

voice

残業も当たり前ですが、確かに残業代の申請もできないような雰囲気ではありません。

voice

年度末や需要の多い時期は残業が多いですが、だからこそやりがいがあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

100%代休も取れないし、もちろん有給休暇も取得できるところまではいかない。

voice

有給休暇や産休も取りやすく、福利厚生も充実しています。

voice

体調不良で休むことが多かったのですが、会社の対応はとても良かったです。

voice

40代、50代になってもプレイヤーであれば、休みの日に仕事をしている可能性は十分にあります。

voice

早く帰ろうという文化がなく、有給休暇も取らない人が多いので、若手社員に早く帰ろう、有給休暇を取ろうとすることに躊躇があるのは仕方がありません。

voice

残業はありますが、残業代は申請しづらい雰囲気があるので、残業代を稼ぐのは難しいです。

voice

書籍代は社費として請求することができます。

voice

海外出張中は代休が全くないため、実際の休暇日数ははるかに少ない。

voice

制度面では、最近では貯めた有給休暇を介護・育児に利用できるようになるなど、少しずつ制度が充実してきています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。内田洋行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

大学の同級生と話していると、ボーナス(ボーナス)が出ない会社がある中で、毎年ボーナスが出るのは良いことだと思います。

voice

まともな仕事だし、給料もそれなりにいいから悪くない。

voice

同業他社と比較すると、基本給はそこまで低くないが、ボーナスが少ないので、年収面では他社よりも優れているとは言えない。

voice

基本給が上がることはほとんどなかったので、資格手当の方が多い人もいました。

voice

基本給では、他業種の上場企業に勤めている人とほぼ同水準でしたが、ボーナスが少なく、そこが年収の差になっていました。

voice

正社員ではなかったので、ボーナスもなく、福利厚生も地味でした。

voice

定年まで働いていれば、それなりの給料と退職金がもらえたはずなのに...。

voice

勤続5年目くらいですが、給料はほとんど上がっていない印象です。

voice

ボーナスについては、労働組合と協議の上、毎年月数を決定していたが、業績や評価に応じて増減していた。

voice

サービス残業が多く、ボーナスもここ数年停滞している。

voice

会社は風通しが良く、上司も同僚も素晴らしい人ばかりですが、どんなに頑張っても給料はどうしても低め...。どんなに頑張っても年功序列の文化があり、若いうちはお金のことで苦労することが多い。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

一緒に仕事をしてきた人たちは優秀な人が多く、退職後に身につけたスキルを生かすことができました。

voice

ルールブックなどのアクションを起こし始めたのか、すでに会社を辞めてしまったのでわかりませんが...。大手で有名な会社だったにも関わらず、とても残念な思いをしました。

voice

最後の方は関連会社の工場の社長で退職しました。

voice

しばらくはこの状況でなんとかなるかもしれないが、今後もこの状況で生きていけるかどうか不安だったので、この場を離れることにした。

voice

団塊の世代の退職者が増えていますが、再雇用される人も多く、雰囲気はあまり変わっていません。

voice

従業員構成については、平均年齢が高くなってきており、若年層の離職率が高くなってきています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。内田洋行はどうでしょうか。

voice

ブラック企業という言い方があるとすれば、間違いなくこれに該当します。

voice

デザイナーの仕事をしていたので、充実感とやりがいを感じていましたが、バブルの全盛期だったので、毎日終電に乗っていましたし、子育てをしながら仕事をするのは不可能と思えるほどの過酷な環境でした。

voice

東京と大阪に労基署ができてから、多少はマシになってきました。

voice

仕事のスケジュールが良かったので、定時で帰ったり、少し遅刻したりしていました。

voice

最近(2017年)では、既婚女性の離職率を下げるための取り組みが行われており、安定した業務を行うために、勤務時間の調整や定時復帰しやすいように部署を作るなどの取り組みが行われています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

20年以上前のことなので、セクハラはすごかったですね。

voice

まだまだ昭和的な気質の社員もいますが、全体的にはパワハラなどはなく、とても平和な職場です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

語学力よりも、やる気や忍耐力といった古風な気質を大切にする傾向があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。