東洋経済新報社のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東洋経済新報社 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 4件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 32.5 29.7 48.9
平均給与(万円/年) 662.5 440.2 61.9
有給休暇消化率 41.3 50.1 47.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東洋経済新報社の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

裁量労働制で所定の残業時間を超えて働いても、残業代は支給されません。

voice

私はその年齢になるまで働いていなかったので詳細はわかりませんが、残業手当はなくなりますが、代替手当などは出ますし、この不況の中では一般的には良い待遇だと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

福利厚生が充実していて、休みも充実しています。

voice

仕事に融通を利かせていれば、有給休暇や休暇も無理なく取得できました。

voice

研修は体系的なものではありませんが、申し込めば比較的高額な研修を受けることができます。

voice

休みにくい雰囲気はないので、仕事を調整していけば基本的には自分のペースで休めます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東洋経済新報社の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは業績に応じて変動し、予定していた年収に届かない場合もあります。

voice

思っていたよりも給料が高い(家賃補助がない)。

voice

45歳になると、正社員ではなく役員扱いになり、給与体系も変わってくるようです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

最近は実施されていませんが、セクハラ調査等が行われており、コンプライアンスについても検討されています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

一見、政治・経済・社会の現場を描いているという躍動感を感じるかもしれませんが、よくよく考えてみると、取材しているのは現場だけで、ただ取材して言葉を綴っているだけの雑誌編集の仕事は、入社前に思い描いていたカッコよさとはかけ離れていることに気がつきます。かなりイメージとかけ離れていた気がします。

voice

政治経済情勢の変化に対応して、取材を重ね、メモを取って記事にするという仕事のサイクルを続けていましたが、日本経済を追うダイナミズムに反比例して、疲労感と疲労感を感じ、退職を決意しました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

育児と仕事の両立に行き詰まり、精神的にも肉体的にも辛くなり、退職を決意しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。