丸三証券のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 丸三証券 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 137件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 18.9 29.7 54.3
平均給与(万円/年) 402.1 440.2 48.0
有給休暇消化率 38.0 50.1 46.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

丸三証券に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、丸三証券と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。丸三証券の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

タイムカード制ではないので、残業時間は1時間分を一気に取るとか、そんな感じです。

voice

勤務時間については、支店によって異なるようですが、私が所属していた支店では、残業1時間程度で帰宅していました。

voice

残業がほとんどないので、仕事が終わってからの予定も立てやすい(残業があっても月に1~5時間程度)。

voice

配属先の支店では、23時まで残業したり、土日はダイレクトメールの発送やチラシ配りなどをしていました。劣悪な労働環境としか言いようがありません。

voice

若手社員には残業代はなく、先輩社員の事務作業で長時間労働になっても関係ありません。

voice

労働時間は残業がほとんどなく、福利厚生も充実しているので、他社の人から見るとかなりホワイトな会社に見える。

voice

本社では残業管理が行き届いていても、支店では残業管理が行き届いていないケースが多いので、監査が徹底されていると良いと思う。

voice

良い上司がいれば、子供の病気の時も面倒を見てくれますし、休職も可能ですし、金融機関だからといって残業なしの早朝勤務を強要されることもありません。

voice

働き方改革などの社会的動向をかなり考慮しており、労働組合もかなり活発なので残業は厳しく、未経験者でも基本的には残業は禁止されています。

voice

土日祝日は完全にお休みなので、仕事とのバランスがとても良いです。

voice

最近は改善されてきているとの噂ですが、残業や出勤時間が早いなどの管理職が多いようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。丸三証券の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

現在地方の店舗で働いていますが、地方にしては給料も良く安定していると思います。

voice

ボーナス以外は給料に差がないので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

同じ仕事をしているにもかかわらず、男性よりも給料が低く、勤続年数が経っても昇給は微々たるもの。

voice

年収は業界内では低いと思われているが、証券業界と同様に、良い業績はある程度ボーナスとして還元される。

voice

男性社員よりも成績が良くても給与には反映されません。

voice

個人営業はボーナスが充実していて、営業のインセンティブが上乗せされているので稼ぎやすいです。

voice

課長や支店長などの役職に就かない限り、基本給は同業他社に比べて低く、サービス残業も多い。

voice

基本給は同業他社と比べると少し少ないかもしれませんが、家賃補助などの手当がついているので、その点では不満はありません。

voice

ボーナスは仲間内での順位順になっていて、0.5倍から1.5倍くらいだと思うので、頑張れば20単位で200万円近く貰えるのですが、もちろん最低のボーナスは30くらいで、新卒よりも低いので、実力主義ですね。。

voice

同じ仕事をしているのに給料が低い、転勤がないということで給料が低い。

voice

数字をこなせば残業も入れやすいし、やればやるほど年収も高くなる。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は長期休暇を除いて、男性全体の1%程度しかないのではないでしょうか。

voice

有給休暇の他の目的での取得については、総合職は病気にならない限り、基本的に有給休暇は取得できないと思っておいた方がいいでしょう。

voice

年間35日の有給休暇(5連休は別)が付与されているのに一度も使われず、来年になってしまうということがよくあるので、今後変えようとしているのではないかと思います。

voice

上司や支店の雰囲気にもよると思いますが、男性総合職は病欠以外の有給休暇が取れないことが多かったです。

voice

男性社員は特別な理由がないと有給休暇を取得できないし、なかなか取得できない。

voice

有給休暇を取得しやすいように社風を変えるべきです。

voice

私が退職した時には、何十日もの有給休暇を使わせてくれませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。丸三証券はどうでしょうか。

voice

トップが目標ばかりで、肝心の営業戦略がほとんどメンタルなので、自由が利かない状況に陥ってしまい、月末に数字を出すのに苦労しています。

voice

チラシ配り、ポスティング、新規開拓、目的のない営業は精神的に辛い。

voice

ブラックな営業方法や働き方、女性関係の問題を抱えている人が多く、人として尊敬していませんでした。

voice

アポイントが遅くなることもありますが、女性営業部は定時の17時10分に退社するように指示されるのが一般的です。

voice

私がいた支店では、定刻を過ぎた人がいることに気付き、退出指示が出るまで退出できなかった。

voice

勤務時間が5:10なので、仕事帰りに勉強に使ったり、時間を有効に使えるのが良いと思います。

voice

私より上の先輩は誰も帰らないし、新入社員には帰れると言わないから定時で帰れない。

voice

でも、毎日、精神的にかなりタフな仕事だと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

支店長が新入社員に理不尽なことを怒鳴りつけたり、新入社員を早期退職に追い込んだりと、劣悪な職場環境でした。

voice

奴隷のように働かされ、嫌気がさして退職しました。

voice

相場が下がっているように見えても、売って手数料を取らないと生き残れないこともあるので、そのような証券会社特有の事情を受け入れられず、退社を考えています。

voice

ほとんどの女性が自己都合退職や、入社数年で終身退職をしています。

voice

辞めた理由は、年を追うごとに扱う資産が増え、ノルマのために入れ替えを余儀なくされていたのですが、お客様との距離が近くなりすぎて、それが難しくなってしまったからです。

voice

退職した月はまだ引き継ぎが忙しかったので、数値目標がないと有給休暇を使う余裕がありませんでした。

voice

昔からの証券会社の精神が受け継がれているため、虐待が横行しており、体調不良で退職を余儀なくされる人も多い。

voice

対面式証券会社全体としては、縮小するしかなさそうなので、退社を検討しています。

voice

毎日この時間までいると、平日は全く自分の時間が作れないので、退職を考え始めました。

voice

結婚・出産後も働ける制度や社風がなく、30代になると、若い社員が成長できないために退職して契約社員になるという傾向があるようです。

voice

当時は、女性社員が結婚すると、それを機に退職する人がほとんどでした。

voice

支店に優しい社風であっても、売り上げの数字を掴む癖のある会社にはいたくないと思って辞めました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

他の支店ではそういうコミュニケーションがないとか、そもそも教育してくれないとか、賛否両論あると思いますが、現場の個人的な意見としては、ひどい上司にやられたら、それは教育ではなく、ただのいじめだと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

男性営業マンがセクハラ行為をするということです。

voice

パワハラや不正行為を告発するための制度はあるが、ほとんど機能していない。

voice

長年勤めてきた経営者や役員は、いまだにパワハラが当たり前という価値観で舵を切っているので、このような会社のカラーを完全に変えるのは難しいでしょう。

voice

最近では、業界内でのパワハラが減り、働きやすくなってきました。

voice

今思えば、上司のパワハラ発言が多く、職場の雰囲気が良くない。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

昭和の証券マンのような上司だと、理不尽な脅しをかけられたり、エクセルやワードの書類を丸投げされたり、残業代が出なかったり。

voice

月の最終週は、支店長や課長に怒鳴られることが多く、わざわざ番号を入れてもらったり、夜の10時までお客様のところに行かなければならないので、休む暇がありませんでした。

voice

歓送迎会はある程度強制されていますが、それ以外の飲み会(忘年会など)は強制されていません。

voice

会社に感謝の気持ちが足りないと叱責されること。

voice

言われなくても強制的にやらされる場面が少ないので、自由なスタイルで運営したい場合にはメリットになるかもしれません。

voice

前述したように、男性優位、女性優位の社会である以上、男性の理不尽さの極みであるので、これは改善されている。

voice

私の直属の上司は男性でしたが、人にもよりますが、全体的には威圧的ではなく、ほとんどの部下の発言に反応していたと思います。

voice

前の支店で素晴らしい仕事をしていたのに、最後の支店に異動になった人は、私がいた支店ではうまくいかず、経営者から罵声を浴びせられながら営業していました。

voice

経営者から個人の携帯電話をチェックするように強制されたり、文化があって私生活がどうなっているのかを把握すること。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

封建的でヒエラルキーな社風で、良くも悪くも新卒で「組織」を知るには良い会社だと思います。

voice

入社して1年半、飛び込み営業の修行をしたことで、精神力が格段に強くなったような気がします。

voice

昔のノルマ証券のノリはありません。

voice

職場環境も悪く、ノルマを守らないと厳しく叱責されたり、待遇もかなり悪かったです。

voice

女性でも、営業成績が悪ければピンハネされることが予想されるので、メンタルが弱い人や出世して店長になろうと思っている人はやめておいた方がいいでしょう。

voice

大企業ではないので良い人が集まりにくいとは思いますが、精神的に強くて中身のない人が仕事を辞めないのを見てがっかりすることもあります。

voice

男性社員よりもノルマが緩く、転勤もないので、合う人には長く続けられる会社かもしれません。

voice

先輩との上下関係が厳しく、体育会系の部活経験がない人には不向きな社風という印象を受けました。

voice

責任感の強さや数字への執着心など、トップセールスマンのメンタルヘルスについては、多くのことを学ぶことができます。

voice

ノルマはないと言っていますが、目標はあり、それが達成できないと部署や支店の雰囲気が悪くなり、上司から口うるさく言われます。

voice

店長の独断で「この人はこれだけやらないといけない」とノルマはほぼ口約束になってしまいます。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

証券会社なので、他社のような縛りがなく、また、あからさまなことはしないので、全然悪くないですよ。

voice

できるだけ多くの人を採用して、合う人だけを残すという考え方ですね。

voice

上司によってかなり違いますが、営業方針が地味で、融通の利かない営業を強いられているので、転職先を探しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。