読売旅行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 読売旅行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 51件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 36.3 29.7 47.4
平均給与(万円/年) 343.9 440.2 44.8
有給休暇消化率 17.0 50.1 40.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

読売旅行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、読売旅行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。読売旅行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

2017年は労務管理が非常に厳しくなり、残業時間が極端に短くなっています。

voice

残業や休日出勤が必須の職場もあれば、日曜定休で残業がほとんどない職場もあり、配属先によってワークライフバランスに大きな違いがあります。

voice

締め日前になると、所長から「これくらいだ」と言われて残業代が加算されてしまいます。

voice

管理部門は休みが取りやすく、残業は大きなプロジェクトがない限り月10時間程度。

voice

各社員の担当業務量には差があり、定時で帰れる社員もいれば、毎日残業ばかりしている社員もいます。

voice

GWに日帰りツアーで早朝から3日連続、帰りは深夜の渋滞で3日連続で帰ってきた時は、生きている気がしないくらい寝不足でした。

voice

繁忙期と閑散期の差が大きいので、繁忙期は夜遅くまで働かないと間に合わないし、閑散期は忙しすぎて何をしていいかわからない。

voice

事業所・部署にもよりますが、残業時間が大幅に多くなる人もいます。

voice

水曜日はノー残業デーに指定されており、管理部門の優先度は高い。

voice

添乗員の残業や待遇改善に取り組んでいます。

voice

会社の方針としては、残業ゼロを目指していますが、業務の効率化や廃止に着手するのではなく、新規事業やデータ報告を増やすようにしているので、労働時間は全く減りません。

voice

24時間365日ですよ。きっちりと仕事を管理できれば、休むこともできますが、かなりの仕事量をこなすまでは休めません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間の各月の休日日数は均等に決められているので、毎月の休日日数は同じになります。

voice

所属する職場によっては有給休暇が取りづらく、有給休暇が全く使えずに辞めていく社員もいました。

voice

残業は年を重ねるごとに増えていきますが、新人が先輩の手伝いをしていたり、残業していてもなかなか申請ができなかったり......。

voice

有給休暇を使うかどうかは部長が決めているような感じでした。

voice

旅行業界全体としては、基本的に一般の人が休んで遊んでいる時が忙しいと思います。

voice

休みが取れないので、旅行に行くときはネットを使って自分でやるようにしています。

voice

私の部署では夏季休暇やリフレッシュ休暇を取得することができましたが、部署によっては全く取得させてくれないところもあるようです。

voice

肩書きの関係で、休みの日も携帯に電話がかかってくる。

voice

営業所ごとに研修があるので、上司の教育が行き届いていないと能力の高い人と低い人の差が出てしまうし、営業所が汚いので資料が整理されていないので、休みの日は最低でも1回は電話がかかってくる。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。読売旅行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料は大したことないけど、もっと楽しいことがあったり、食事が美味しかったり、温泉が3つあったりと、悪くはない。

voice

私は契約社員でしたが、基本給がきちんとしていたので、最低限の収入は保証されていました。

voice

給与振込の日付が適切で、金額も非常に適切でした。

voice

新卒で入社して7年ほど働きましたが、昇給も少なく、年収もあまり変わらなかったように思います。

voice

現在、この給料の面で辞めたり、転職したりしている若者が多いように思います。

voice

社風は悪くなく、仕事自体はやりがいがあると思いますが、残業が多いにもかかわらず給与に反映されていないこと、有給休暇を積極的に使う風潮がないので、実際には半分も使えないことが不満です。

voice

給与は年俸制だったので、急に給料が上がることはありませんでしたが、仕事柄、早朝・夜勤の残業代は出ていました。

voice

管理職になっても思ったより給料が上がらない。

voice

給与は大手に比べると低いと思いますが、ノルマやタスクに厳しくない社風なので、ある程度は仕方ないと思います。

voice

読売旅行の一番の営業会社だったので、ボーナスは大手J社と同額くらいだったと思います。

voice

他社との比較はわかりませんが、今年の全社員の平均昇給額は約4,600円でした。

voice

仕事は裁量があり、やりがいがありますが、とにかく給料が安い。

voice

昇給なし、ボーナスカットの後、2011年11月に大量の早期退職を呼びかけた。

voice

旅行が好きで入社した人が多いのですが、休みが少なく、給料も極端に低いので、個人で旅行に行くのは難しいです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。読売旅行はどうでしょうか。

voice

一時期の悲惨な時期に比べれば、専門部署の新入社員の採用など、かなり改善されていると思います。

voice

繁忙期は忙しすぎて自分の時間を持て余してしまい、時間通りに帰宅することはほぼ不可能です。

voice

時間外に連絡が取れなかった場合は、帰宅後も電話をかけ続けなければなりません。

voice

業界内での付添い業務など、サービス精神は助かると思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

人間関係:仕事でミスをしたら自腹を切った、サービス残業、ハラスメント、ギリギリのエスコートイン、落ち込んだ。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

私が若い頃は、海外のエスコートが夏休みという体育会系の雰囲気がありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

今回は100名の希望退職者を募集していましたが、最終的には180名の応募者全員が採用されました。

voice

希望退職が多くなった後、健常者が全員退職したため、モチベーションが下がった社員の割合が高くなったようだ。

voice

中には直接辞める人もいますが、それは個人的な理由によるものです。

voice

私は後に退職しましたが、読売旅行をモデルにした同業他社と比較して、会社に残った同僚の何人かがボーナスなし、リクルート退職で辞めていたことにショックを受けました。

voice

会社に将来性を感じないこと、年収が同世代と比べて低すぎること、仕事量や残業が多すぎること、年功序列で仕事量の少ない上司が自分よりもはるかに優遇されていることに不公平感を感じたことなどから、退職を考えていました。広告が出ていたので応募しました。

voice

旅行業界の不況と過当競争に巻き込まれ、希望退職に飲み込まれているのが現状です。

voice

退職前に部長クラスの方と話をする機会があったのですが、「この業界はもう衰退の一途を辿っているから、退職して何か新しいことに挑戦した方がいい」と言われました。

voice

2011年に大量退職でスリム化したが、その後も残った社員は大変な苦労をした。

voice

希望退職者の募集で若者が大量に流出しているので、それも難しい。

voice

結婚して子育てをしながら頑張りたいと思い、退職を決意しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。