株式会社パソナのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社パソナ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 222件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 42.1 29.7 45.1
平均給与(万円/年) 445.6 440.2 50.3
有給休暇消化率 36.3 50.1 46.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

株式会社パソナに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社パソナと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

派遣期間が終わり、お金を貯めて帰ってきたところでした。

voice

引っ越しをしなければならなくなり、やむを得ず退職しましたが、できれば続けて働きたいと思うような会社でした。

voice

退職者の増加に全く対応できていない。

voice

契約社員として働いていましたが、転職を機に正社員を辞めました。

voice

もっと専門的な仕事がしたいと思い、退職しました。

voice

代理店の仕事内容とはかなり違っていたので、辞めることにしました。

voice

もともと他業種への転職を考えていたが、契約更新時に内定が出たため退職。

voice

グループの末端に近いから問題ないが、経営の中枢に近いと、それに甘んじるか、退職を選択する可能性が高い。

voice

私が知っている限りでは、上司、同僚、後輩との関係はほとんど良好で、退職するのは残念です。

voice

講座に行くか行かないかの設定は自由なので、極端に言えば在籍しているだけでもいいのですが、月に一度は就職活動の報告書のようなものをしなければならず、怠けているとクビになってしまいます。

voice

人が割り当てられていましたが、早期退職を繰り返していたため、通常は4人必要な仕事を常に2人が担当していました。

voice

今後もどんどん仕事を残してくれるとは思っていましたが、もっと技術的なことをやりたいと思っていたので、ここでは難しいと思って辞めました。

voice

派遣社員として働いていましたが、任期満了で退職しました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社パソナの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

営業部に所属していましたが、残業は月に100時間程度でした。

voice

土日祝日も残業が少なく、無理なく働けるので助かりました。

voice

とにかく稼ぎたかったので、残業が多いところで働けたらいいなと思っていたのですが、結果的に残業が多いところで働くことになり、大成功でした。

voice

子供のいる家庭を除いて、残業は比較的多く、基本的には8~10時までの勤務となります。

voice

派遣社員なので、自分の好きな時間や曜日、残業時間を選ぶことができるので、多少給料が安くてもプライベートを大切にしたい人にはピッタリです。

voice

残業が多いが、帰宅時には早めに帰宅するようにしてくれる。

voice

みなし労働時間としての業務給なので、朝早くから夜遅くまで働くのは大変です。

voice

残業を減らす活動があまり浸透していない。

voice

みなし残業代のため、時間管理が不明確で、適切な時間管理ができていない。

voice

管理部門のみですが、残業代は支給されます。

voice

むき出しの給料ではないので、残業したくても仕事が定時に終わってしまうと物足りなくなってしまいます。

voice

人材業界の特性上、残業が多く、定時で帰る社員はほとんどおらず、特に新入社員は仕事以外の仕事(イベントや飲み会、プレゼントなど)があるため、帰宅が遅くなってしまいます。

voice

平日に仕事をしていたので、平日に仕事をして、オフの時間に心身をリフレッシュして次の日に備え、週末に時間を作って自分に付加価値をつけて実践するというサイクルを意識していました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

合わないものもあると思いますが、少なくともギスギスしたものは社内では非常にマイナーなものです。

voice

人が柔らかくて優しくて、陰湿ないじめなど聞いたことがありません。

voice

性格がしっかりしていて、裏話を気にしない人や、おばさんに好かれるようなタイプの人であれば、きっとうまくいくでしょう。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

会社にもよりますが、比較的休みが取りやすく、遅刻や早退も柔軟に対応してもらえました。

voice

成果さえ出せれば有給休暇も取れますし、取りにくい雰囲気はありません。

voice

有給休暇の取得を避けるために、遠回しに有給休暇の申請をしても、営業マンが受け付けてくれないところがありました。

voice

私が派遣されていた部署は、有給休暇を極力取らせてくれる傾向があったので、想定外の休みを取るのではなく、事前に勤務スケジュールを調整して申請しておけば問題なく取得できました。

voice

出向後6ヶ月間勤務した後、有給休暇を取得することができます。

voice

旅行などの長期休暇は、病気休暇などの他の理由で使ってほしい」「有給休暇は退社時にまとめて取りたくない」などと上司に言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

voice

チームにもよりますが、有給休暇は比較的取りやすいです。

voice

有給休暇は更新しないと言っていたのに、交渉で使い切るように交渉したにもかかわらず、このようなことになっています。

voice

部署にもよると思いますが、有給休暇が取りやすいので取得率はかなり良いと思います。

voice

有給休暇が取りやすく、平日に用事や病院に行くのも楽でした。

voice

私が契約社員として働いていた頃は、子育てをしながら仕事をしている人が多く、有給休暇を取ったり、当日欠勤したりと、家族のことをみんなでカバーする雰囲気があったのが良かったです。

voice

有給休暇取得などの抵抗は比較的少ないですが、スタッフや派遣元の対応にはかなり困ります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社パソナの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料はパソナグループの中でもトップクラスに高いと思います。

voice

若いうちは給与水準はまあまあだと思いますが、長い目で見ると昇給が少ないので、ある程度時間が経ってから転職した方がいいと思います。

voice

ボーナスはリーマンショック以降、月給の1ヶ月分程度で、かなり低い。

voice

社員になるのは難しいし、給料も安いので退職しました。

voice

会社が無駄な部分にお金を使いすぎているから、社員の給料が返ってきて、仕事の厳しさに比べて給料が安すぎる。

voice

役員になると年収制度が一気に上がるので、一般社員には生活が苦しくなりますが、長く働くことを目標にしている社員には良いと思います。

voice

給料は高くはないが、福利厚生は充実している。

voice

基本的な交通費が支給されないので、派遣社員には厳しい給与体系になっています。

voice

でも、人が素敵な会社です。営業職であれば、残業は100時間程度、初年度のボーナスは基本給の半額程度。

voice

給与やボーナスの水準も正社員より低かったので、正社員として転職させてもらいました。

voice

新しい人事制度が導入された直後は、給料もかなり上がったし、ボーナスも業績が良かったので良かったと聞いています。

voice

課長クラスへの昇格は厳しく、若いうちはいいが昇給率が低いことに不満を持っている社員が多い。

voice

営業手当には残業代が含まれているので、残業時間を考えると低い気がします。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社パソナはどうでしょうか。

voice

毎年、新しい営業担当者が出てきて、そのたびに、私の話を聞いてくれないので、どんどん職場環境が悪くなっていくような気がしました。

voice

最初はそんなに忙しくなかったのですが、日を追うごとに「まだ仕事ができない」という罪悪感が出てきて、反省会などの研修は特に精神的に疲れるので、早く辞めたい(別の会社で働きたい)と思うようになりました。

voice

私は正社員ではないので、そこまで責任のある立場ではないのですが、正直、社員は過重労働だと感じています。

voice

この業界では、定時後に連絡が必要になることもありますので、そのくらいの時間は事務所にいるのでしょう。

voice

営業が22時くらいまで残っていることも珍しくなく、内勤者が定時近くに帰ることもあります。

voice

よっぽどブラックな業界でない限り、未経験で働くのは難しいので、経験者でないと難しいですね。

voice

定時後に働くスタッフから電話がかかってきたり、定時後に営業スタッフと情報を共有したりするので、定時後に仕事が始まります。

voice

契約者なので、指定された時間内に帰宅することができ、不満はありません。

voice

子持ちの女性社員は定時で帰れる人が多く、若くて独身の社員にしわ寄せが来ています。

voice

配属される場所や仕事量を考慮し、帰宅後も定時に帰れるように配慮している社風です。

voice

小さなお子さんがいる方は、時間通りに起きて、育児や家事と仕事の両立ができているようです。

voice

プログラマーなので、個人的な評価が明確なので、サクサクと仕事をこなせれば、効率的なライフワークバランスがとれると思います。

voice

長時間同じ空間で仕事をしているので、そのような雰囲気はやはり精神的に辛く、何とも言えませんが、この仕事は自分には合わなかったのかもしれません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

メンターは、職場でのセクハラやパワハラに悩んでいたり、家族の問題(介護の問題など)で悩んでいたりと、職務外での心の支えになっています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

飲み会に参加しなければならないという強制力はなかったが、お局からの無言の圧力があった。

voice

私が所属していた部署では、教えてもらっていないことやできていないことを先輩(女性)の気分次第で理不尽な注意をされたことがありました。

voice

社内のレクリエーションの数が異常に多く、若手社員にはほぼ強制的に参加させられているため、そのような活動が嫌いな人には少し厳しい社風があります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系のノリに乗るのは体力的にキツイと思って辞めました。

voice

体育会系の会社なので、忘年会で目立つ社員は昇進しやすいかもしれません。

voice

入社してからギャップを感じましたが、社風は体育会系で、朝礼ではみんなでミッションステートメントを唱えています。

voice

経営は基本的にトップダウンですが、上下関係が良く、雰囲気も良いので、やりがいを持って仕事ができる環境だと思います。

voice

ノルマについては、厳しく設定されているので、それを達成するためにかなりの努力をしなければならないのが問題です。

voice

ノルマはありませんが、上司が数字をチェックしてくれるので、そこまでやってほしいならインセンティブを与えた方がいいでしょう。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。