IDOMのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに IDOM について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 209件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 48.5 29.7 42.5
平均給与(万円/年) 380.5 440.2 46.8
有給休暇消化率 20.4 50.1 41.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

まさに体育会系の雰囲気で、男性を中心にキツイと感じる人が多い。

voice

さらに、現場では、良い意味でも悪い意味でも体育会系なので、努力家として鍛えられています。

voice

体育会系の会社なので、無理して出勤させるのは当たり前の風潮が残っています。

voice

ゴリ押しの体育会系営業マンなので、毎日怒鳴られたり、飲み会ではセクハラやパワハラを受けたり...。

voice

上司の言うことが絶対だと思ってしまう体育会系の風潮を改善すべきです。

voice

かなり体育会系なので、熱い人が多く、各ブロックの仲間意識が強いです。

voice

戦略を考えず、熱意だけでやらせてくれていたため、何も学べなかったと感じ、退職を決意しました。

voice

この訓練は、根性を植え付けるものだと思っていただければと思います。

voice

とてもやりがいのある社風で、退職するまで勤めたかったのですが、先日、事務職から営業職への異動の話を聞いて、精神的に営業職には向いていないと思い、転職を検討するようになりました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。IDOMの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

当時のワークライフバランスは、週に1日しか休みがなく、1日がとても長く、帰宅が夜遅くなることが多く、プライベートな時間を楽しむことはほとんどありませんでした。

voice

長時間労働が当たり前で休日もなく、ノルマも多くハードワークな働き方です。

voice

即決するために何時間もの居残りや残業が必要なのは驚きです。

voice

残業が多く、長時間労働が多く、プライベートと仕事の両立が難しい。

voice

今はわかりませんが、当時は20時になると総務部からタイムカードを打つように指示があり、サービス残業が当たり前になっていました。

voice

福利厚生:みなし残業44時間分6万円、みなし深夜残業12時間分2万円。

voice

正社員なので、繁忙期は会社のトップダウンで決められており、繁忙期には13時間労働が当たり前のように行われ、44時間を超えた分の残業代は支給されますが、結局はボーナスから天引きされてしまいます。

voice

残業時間も同業他社に比べれば短い方ですが、業界全体で変化を起こさなければ、物理的にも厳しい時代が来るのは間違いありません。

voice

求人広告には、月休2日以上、月7日以上、実働8時間と書いてありますが、実際には朝9時出勤で夜遅くに帰宅しています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得に関しては、ほとんど使えないと思った方がいいでしょう。

voice

既婚の上司であれば、申請書を提出すれば許可してくれます。

voice

有給休暇を消費して退職できるのが良いと思いました。

voice

退職時の有給休暇の取得率も良く、雇用面でもしっかりしていると感じました。

voice

これで、上司に何かされても本社に申請すれば、その環境にずっといる必要がなくなりました。

voice

現在、営業職として働いていますが、有給休暇がほとんど取れていません。

voice

連休や有給休暇が取りやすいかどうかは、配属先の店舗の上司が判断します。

voice

海外に行ってもいいし、応募すれば好きな仕事ができるとは聞いていたのですが、本部機能へのチャレンジ応募は、新店舗がオープンした時に応募できるかどうかだけで、見たことがありませんでした。

voice

有給休暇は部署にもよりますが、みんな熱い会社なので取りにくい傾向にあると思いました。

voice

産休は取得できますが、育休や有給休暇は取得できないと思っておいた方が無難です。

voice

関東で働いている人の多くは、家族を養うために本社への転勤を希望していたようです。

voice

風邪で休めるような会社ではありませんでした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。IDOMの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

最低支払額を減らすか、基準額に達した時に給料を上げる必要があると思います。

voice

給与は基本給に2種類のインセンティブを加えた形になります。

voice

サービス残業が当たり前になっているので、はっきり言って給料はかなり薄いです。

voice

上場する頃までは店舗の達成率のみで給与が設定され、店舗の達成率に比例して事務職や営業職にボーナスが還元され、店舗の達成率は80%前後とかなりの高水準であった。

voice

お店でもらっていた給料は繰り越されないので、年収は年々下がっていく傾向にあります。

voice

仕入れの粗利が給料に反映されなくなり、仕入れで利益を出すことの苦痛(安く買えば買うほど利益が出る)が給料に反映されなくなった。

voice

キャリアアップに伴い、給料にしっかり反映されるところはいくらでもあります。

voice

私は売るのが苦手だったので、ボーナスが安かったのを覚えています。

voice

私が入社した時は、競合他社も少なく、景気も良く、給料も良かったです。

voice

ここは私自身が初めてボーナスで○○万円の税額控除を受けたところなので、一般人の生活とはかけ離れていましたが、夢のような体験でした。

voice

昔は仕事をした分だけ給料に反映されていましたが、どんどん給料面が悪くなっていき、配属されたお店やチームによっては、上司や同僚がいて面倒を見てくれたり、助けてくれたりしていました。

voice

給与面での安定性が高く、年功序列がないので、長い目で見て高収入を得たい人には難しいかもしれません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。IDOMはどうでしょうか。

voice

最近退職したばかりなのに、残業代が一銭も出ない...メンタリティを植え付ける研修のオンパレード。

voice

営業職の世界では、過労で倒れたり、交通事故に遭ったり、熱中症で体調を崩して入院したり、経営者は天皇、スタッフは下僕以下の扱いを受けている人がたくさんいました。

voice

顧客満足度、モチベーション、態度、会社への忠誠心などを数値化して計算します。

voice

職場環境がそうなので、家庭を持っている人を見ると悲惨な感じがしました。

voice

常に中途採用をしていて、大量採用をしているので、社員は使い捨てのようなものです。

voice

かなり上下関係があるので、気にしすぎて気が狂いそうになりました。

voice

私が入社した2007年当時は完全に実力主義の会社で、俗に言うブラック企業だったと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

店舗などの事務職の女性は気が強い人が多く、聞いた話によると、女性同士の悪口が多く、一度教えた仕事をまた教えてくれないこともあるそうです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラが常態化しているため、言葉や身体的な暴力が当たり前になっています。

voice

パワハラは日常茶飯事で、誰も経営者の暴走を止めようとせず、短期間で退職者が続出しました。

voice

競争の側面もありますが、ハラスメントはなく、営業のためのスポーツ大会のような感じです。

voice

正直、良いところはインセンティブの多さ、パワハラ3回、残業3時間、休みの日の会社行事くらいかな。

voice

研修では、セクシャルハラスメントやパワハラがあった場合は、すぐに人事部に連絡するようにと言われました。

voice

私が働いていた店の店長やエリアマネージャーは口が悪く、気に入らないと毎日のように暴言を吐かれていました。

voice

男性社員と違って、女性社員はパワハラの対象にはならないと思います。

voice

セクハラなど改善されてきたとはいえ、やる人が多すぎるのも気になるところ。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

タイムカード(指紋認証)だけは、コンプライアンス上良くないので、22時に強制的に入力させられている。

voice

完全に職場に依存するようになり、理不尽な扱いを受ける可能性があります。

voice

直属の上司はとても高圧的な対応しかしてくれませんでした。

voice

研修制度はその事務所のマネージャーの性格に大きく左右されるため、マネージャーによっては怒鳴り声や罵声が飛び交う事務所もありました。

voice

常時個人でしか仕事ができない社員が多く、休日でも担当のお客様が急に来た時には出勤を余儀なくされます。

voice

優しい人なら、同僚が毎日目の前で店長に叱責されているのを見るのはつらいかもしれませんね。

voice

基本的に店長が頻繁に変わるので、いろいろな人と働いてきましたが、乱暴な人、仕事もせずに店の奥でゲームばかりしている人、自分から率先して動いてくれる人など、いろいろな人がいます。

voice

(強制参加ではないようですが) ただ、店長や店長が仕事帰りにスタッフの勉強会を開催してくれるのは素晴らしいことだと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

条件の良い会社に就職できたので退職しました。

voice

辞めた理由は、急な家庭の事情によるものでしたが、周りの社員は、次の仕事が決まったからとか、次の仕事が決まったからとか、そういう理由で辞めていく人はあまりいませんでした。

voice

まともな人は辞めていくし、尊敬していた先輩が辞めていったことが大きな理由でした。

voice

今はわかりませんが、当時は退職金もなく、ボーナス・給与体系があちこちで変わっていたので、ローンを組んだ人からの不満や不満をたくさん聞いていました。

voice

上司の意向が変わり、退職しました。

voice

退職を検討する理由は、公私の区別がはっきりした働き方ができないからです。

voice

営業部門とそうでない部門の給与水準の格差が、退職を検討した理由の一つでした。

voice

引退した会社ですが、本社と現場店舗の両方で働いたことを誇りに思っています。

voice

私のやり方にも問題はあったと思いますが、店長が何もしてくれず、結局自分の仕事を放棄してしまったケースもあり、会社の健康診断でドクターストップがかかったにも関わらず、最終的には休職させてもらえずに退職してしまいました...。

voice

すでに退職している会社ですが、やりがいがあり、自分で学ぼうとする人にはヒントがいっぱいの会社です。

voice

退職者が少なすぎて多い。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

事故車などは当然素人には見分けがつかず、偽造品のようなものも多く、少し不安になったのを覚えています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。