ホスピタリティオペレーションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ホスピタリティオペレーションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.8 29.7 52.4
平均給与(万円/年) 360.0 440.2 45.7
有給休暇消化率 22.9 50.1 42.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ホスピタリティオペレーションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仮眠時間は2時間しかなく、人があまりいない深夜に2時間使うので、夜勤手当も引かれ、ほとんどの人が体調を崩してしまいます。

voice

夜勤の場合は、深夜手当などの残業手当が支給されます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

平日の昼間に休みが来るので、病院や銀行にも行きやすい。

voice

良いことではないかもしれませんが、残業代は申請すればきちんと緊急に支払われていました。

voice

アルバイトでも1年以上働けば有給休暇がもらえるはずだったが、「代わりはいくらでもいる」と断られた。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ホスピタリティオペレーションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは業績に応じて年2回支給されます。

voice

給料が非常に低く、一人暮らしの人は生活が大変です。

voice

接客業なので、月給は他社と比べて高くはないと思いますが、残業代や深夜手当はしっかりと支給してくれます。

voice

住宅手当も退職金もなく、ボーナスも最初に説明されていたものとは比べ物になりません。

voice

ボーナスは正社員のみなので、正社員への昇格や昇給がないと契約は厳しいでしょう。

voice

契約社員から正社員への転職は、給料がほとんど変わらず、責任が移るだけなので、モチベーションにはならないと思います。

voice

人事制度がしっかりしていて、残業代や深夜手当が法律で定められていることを考えると、しっかりした会社だと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラを受けている従業員はごく一部ですが、それを放置するのはよくありません。

voice

セクハラをした店長と、あえて女子トイレを使用した男性社員に悩まされ、本社に訴えたが、放置されてしまった。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

お客様はビジネスマンなので、こちらの態度が気に入らないからといって、理不尽なことを言われたり、罵倒されたりすることもあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

ベネフィットステーションが加わったことで、退職金制度など福利厚生も充実しており、今後も発展していくと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。