マガシークのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに マガシーク について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.1 29.7 51.4
平均給与(万円/年) 435.0 440.2 49.7
有給休暇消化率 76.9 50.1 57.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。マガシークの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

部署にもよりますが、効率よく仕事をしている人は、残業が少なく帰宅しています。

voice

仕事は楽で定時で帰るのが当たり前、親会社がドコモなので残業や有給休暇は厳しい。

voice

同じような年齢の人がたくさん働いていたので、良い職場だと思っていましたが、残業が多く、朝が早かったので辞めることにしました。

voice

ドコモが親会社で、残業代の高さを厳しくチェックしています。

voice

子持ちの人の面倒を見てくれたり、時間単位の有給休暇が取れるのは良いのですが、営業などの外勤の人でもパソコンを持ち出して外で仕事をするのはかなり制限されますし、在宅勤務などの制度もないので、繁忙期には休日出勤をしなければならない人もいます。

voice

勤続年数の長い人には昔のやり方を強要され、残業せずに帰ろうとすると次の日には文句を言われていました。

voice

上からは「残業するな」「早く帰れ」と言われますが、仕事の改善や仕事の割り振りができていないのが原因です。

voice

残業を減らしても利益が出るように、業務改善が必要だと思います。

voice

残業時間は、同じ部署でも部署や仕事内容によって大きく異なり、アンバランスな印象を受けます。

voice

残業は仕事の頻度にもよりますが、一般的には少なく、自分で処理できるので、計画的に仕事をコントロールできます。

voice

時間単位の有給休暇や時短勤務、変則勤務など、子持ち社員の働きやすさは向上していますが、キャリア形成の面では、子持ちの男性や独身で長く働ける女性だけが評価され、役職に就く傾向があります。

voice

部署によっては、残業=頑張るという考えが社員の心に根強く残っているところもあります。

voice

残業代を稼ぐために仕事を休んでいるだけの人でも、「残業することは頑張ること」という意識があるので、評価されています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇などは、仕事量を調整しさえすれば何も言われませんが、実際にはギリギリの人数になってしまうことが多く、なかなか有給が取れないことが多いです。

voice

有給休暇を利用して海外に長期休暇を取る人も多い。

voice

他社と比較しても休暇はあまり多くありません。

voice

私が入社を決めた理由の一つに、土日祝が休みで、朝9時半からの勤務だったことが挙げられます。

voice

夏休み制度の創設など、企業が独自に取り組んでいる。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。マガシークの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年収は正直低く、ボーナスはあまり期待できません。

voice

社風は非常に良く、仲間と協力して励まし合いながら仕事をすることができたので、良かったと思います。しかし、業績向上の見込みは年々低下しており、さらにボーナスの減額や基本給の見直しなどで昇給が難しい状況でした。

voice

もちろん、高視聴率の人はそれなりの金額を受け取っていたと思いますが、高視聴率の人が多いほど、それ以外の人のボーナスは少なくなってしまうのですね...。

voice

大幅な改善や取り組みは給与に反映されます。

voice

個人が頑張っていて売上が低いとボーナスに影響するので、ここ数年は売上が良くないので、入社時のボーナスが出ない。

voice

一方、男性からすると、低賃金、昇給がほとんどない、福利厚生が充実していない、結婚して子供ができたときのライフプランが心配、という声が聞かれます。

voice

長く勤めていれば、何も成果が出なくても役職に就けて給料も多少高くなるという素晴らしい会社です。

voice

特別な仕事をしていなくても、サボっていても、目上の人と会った時に話が上手な人や、人を使って自分を楽にしている人の方が給料が高いという不公平感がありました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。マガシークはどうでしょうか。

voice

仕事は多いですが、お互いの頑張りをフォローし合うので、小さなお子さんがいる主婦の方も定時で帰れます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

後者の方が若者が多いのかもしれないが、社長はあまり叱責しない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社長や役員は厳しくないので、上下関係はややフラットな印象を受けました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

仕事がとても楽で、何年もいてもスキルアップできないと思ったので、退職を考えました。

voice

職場環境も月60時間の残業が何ヶ月も続くような状況ではなかったので、体力的にも長く続けられるとは思えなかったので、退職を決意しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。