リコージャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リコージャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 323件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 20.5 29.7 53.7
平均給与(万円/年) 419.3 440.2 48.9
有給休暇消化率 41.7 50.1 47.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

リコージャパンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、リコージャパンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

数字が厳しいなら、気合を入れて何とかしろと言われる。

voice

早々に辞めた新人は根性なしではなく、明らかに優秀だった。

voice

業績が悪い時はピリピリした雰囲気があり、ノルマの管理が厳しくなり、常に監視されているように感じました。

voice

比較的冷静な監督でも、体育会系の文化が残っている部署に異動してくると、妙に染み付いてしまうのも無理はない。

voice

基本的には社員同士の仲が良くて好きな会社だったのですが、営業のノルマや承認制のせいで全てが無駄になってしまい、意味がないと思っています。

voice

コミュニケーション能力が高い人、ノルマを気にしない人、メンタルが強い人が向いているポジションです。

voice

上司にもよると思いますが、たいていの場合は「殴って砕けろ」という精神力と根性で対応することになりますので、勇気と根性を身につけることができます。

voice

配属先の営業所にもよりますが、体育会系の文化なので、なかなか休みが取れません。

voice

担当する顧客や地域にもよるので、業績達成の不公平感はありますが、上司などのメンタリティによるグレーゾーンです。

voice

アドバイスはなし、さっさと売ってしまえ!今日は何をしたの?今週、今月は何をするの? と、机に座ってパソコンでメールをチェックしている。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リコージャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

有給休暇や残業がないため、平均労働時間が少なく、限られた時間の中で成果を出すことが求められる傾向にあります。

voice

配属された地区によっては、移動時間が長く、定時に出発しても夜遅くに帰宅することもあります。

voice

他の会社でも同じかもしれませんが、サービス残業は当たり前で、就業時間は09:00~17:30となっていますが、実際には08:30~18:00が定時扱いとなっています。

voice

残業が許されない雰囲気だったので、時間内はプライベートな会話をする場所がなく、始業から終業まで黙々と仕事をしていました。

voice

残業時間は上司が申請し、月の目安となる時間数を設定します。

voice

30時間以上の残業をすると産業医等の面接を受けることになるようで、30時間以上の残業はできないようです。

voice

入社当初はサービス残業が当たり前でしたが、最近はかなり改善されました。

voice

残業はログでチェックされ、一定時間を超えると上から目線で怒られるので、PCログが一定時間を超えないようにみんなでPC起動時間を調整しています。

voice

パソコンで労働時間を管理しているので、残業代もまじめに払わせてくれます。

voice

残業でも管理職でもない限り9時までには完全に退社していたので、私生活の予定も立てやすいかもしれません。

voice

業界としては残業が多いのは仕方がないのかもしれません。

voice

パソコンの起動時間で仕事を管理するなど、客観的な判断ができるシステムをいち早く導入していたので、残業が苦手な方にはぴったりの会社かもしれません。

voice

職場の女性は残業もほとんどなく、きっちりと帰宅しているようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は上司によって異なりますが、基本的には申請しても拒否されることはありません。

voice

上司も率先して有給休暇を取得しています。

voice

有給休暇の取得率は支店・部署ごとに公表されており、取得率の低い部署では取得を奨励しています。

voice

有給休暇は取りやすいですが、営業職は仕事がお客様に依存しているので、有給休暇を取るのは難しいと思います。

voice

休暇については、営業チームは有給休暇がほとんど取れていません。

voice

退職するかどうかに関わらず、期間中の予算が決まっているので、身の回りのことを気にするタイプの人には、有給休暇を取るのは難しいかもしれません。

voice

大企業なので、有給休暇は比較的取りやすいです。

voice

有給休暇については、上司にもよりますが、明確な理由があれば問題なく取得できるはずです。

voice

病気やケガで欠席した場合は、残金で補填できる制度を設けています(ただし、その年の有給休暇を優先します)。

voice

毎週ノー残業デーにしたり、有給休暇を積極的に利用して飛び石連休にしたりと、プロジェクトにもよりますが、取りやすいですね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リコージャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料水準は同世代に比べてかなり低く、それが退職の要因となっています。

voice

昇給は毎年、数千人単位ではあるが支給される。

voice

技術が優れていても、営業力がなければ出世できず、給料は下がる一方です。

voice

上司にどれだけ気に入られているかでボーナスが大きく変わるので、公平性など全くありません。

voice

儲かる商品が少ないので、給料が安い。

voice

営業手当がなくなり、給与が下がったにもかかわらず、残業代が出ないまま終わる時間だけが変わらず、悪しき慣習だけが残っている。

voice

仕事量は給与に見合ったものではなく、インセンティブもほとんどありません。

voice

インセンティブの金額自体は外資系企業に比べて低いが、業績や勤務態度を考慮して反映されている。

voice

競合他社に比べて給料は少ないと思います。

voice

福利厚生は悪くないのかもしれませんが、給与や昇給は同業他社に比べて少なかったです。

voice

営業はインセンティブがほとんど無くなり、給料は内勤の女の子とほぼ同じ。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。リコージャパンはどうでしょうか。

voice

リコジャパンが残業だらけのブラック企業として有名だった時代はもう終わりました。

voice

毎月の定期点検の対象が多すぎるため、毎日が保守点検のオンパレード、予想外の修理(異常に多い)、1日でも仕事を休むと月末は帳尻合わせの月末......。

voice

最初の担当エリアでも運命が決まるので、景気の悪いエリアに配属されると悲惨なことになります。

voice

女性が働きやすい環境づくりをしていると外部には宣伝していますが、実際には女性が働きづらく、精神的にも不安定な会社であり、将来性がないのが実情です。

voice

最近では、シフト勤務制度や直行直帰、モバイルワークなどを導入し、ライフワークバランスを実現しやすくしています。

voice

訴えたくても、三愛の精神では組合を作ることができないので、交渉のしようがありませんでした。

voice

仕事を時間通りに終わらせられないという新たな問題を抱えていますが、上司はその現実性を認めてくれません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、リコージャパンではどのような現状でしょうか

voice

騙されて出世街道を行く営業所の予算だけを気にしている残念な上司を相手にしていると、うつ病を発症する可能性があります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ノルマが厳しく、時にはパワハラを受けることもあります。

voice

2ヶ月に一度、部外者が社員と面談し、パワハラやセクハラの有無を調査します。

voice

上司も部下に異常なまでのパワハラ扱いをしていて、とても嫌気がさしていました。

voice

オフィスがきれいに掃除されていて、パワハラなどをしない風土ができているので、現場レベルでの雰囲気が悪いということはありません。

voice

給料は全く変わらないし、産休・育休は子供が何人いても好きなだけ取れるし、パワハラやセクハラ対策もきちんとしているようです。

voice

上司は社内資格を知らないので、部下を騙して受験させたり、間違って不合格になると嫌がらせを受ける毎日。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

高圧的な態度を改善してほしくて、上司に相談したが改善されず、退職した。

voice

私がいた地域だけですが、男性ばかりの技術職だからか、理不尽な人はあまりいなかったように思います。

voice

いくら事務処理が残っていても、朝9時半には無理矢理出てしまい、仕事が終わらない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由のポイントは、職場環境の問題でした。

voice

今は定年退職していますが、同級生の友人から今の会社のコピーを買っているのですが、いつも聞く質問は「今、何を売っているの? というのがいつもの質問です。

voice

埼玉の某K課長は、以前、他人の部屋に忍び込んで逮捕されそうになったが、売られていたので、自ら辞表を出したにもかかわらず拘留されていた。

voice

待遇について。2011年夏以降、個人の好み(業績無視)で異動・配置転換が行われ、場合によっては退職勧奨や出向命令(出向)が出されることがメディアで報道されていますが、今回は私がターゲットになりました。

voice

このような経営者を見ている平均的な従業員はモチベーションが上がらず、退職者が後を絶たない。

voice

当時のエンジニアは忙しくて食事もできず、体調を崩してモチベーションが下がり、退職してしまいました。

voice

私の場合は、結婚を機に退職しましたが、今となっては、辞めるのはもったいないと思っています。

voice

私が入社した時は社風に問題はありませんでしたが、最近の企業内合併の流れで2回合併し、ついに昨年、全国の販売会社が一つになったことで、社内の体制や労働環境が別会社並みに厳しくなり、2011年8月からは早期退職制度がスタートしました。会社都合で手を挙げて退職しました。

voice

私の知っている部署では、40代以降の半数が退職しているところもあります。

voice

ここ数年、特にベテラン社員の退職が相次いでいます。

voice

私が働いていた支店では、社内の雰囲気が悪く、上司からの嫌がらせで辞職が相次ぎ、部署が崩壊寸前になっていました。

voice

早期退職優遇制度の広告を掲載しました。

voice

自分のやりたいことを優先して退職したので、後悔はありません。

voice

社風や人間関係に問題はありませんでしたが、上司や会社への不信感から1ヶ月ほどで辞めることにしました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

リコージャパンが特に安いというわけではなく、OA機器業界全体が安い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。