株式会社三城のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社三城 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 50件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 18.0 29.7 54.7
平均給与(万円/年) 349.4 440.2 45.1
有給休暇消化率 23.3 50.1 42.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

株式会社三城に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社三城と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社三城の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

正社員もボーナスがなくなり、年明けには一人5,000円のお年玉と金皿が支給されました。

voice

年齢が高くても役職がなければ、給料は少なくなります。

voice

年齢別に基本給が設定されているのがわかりやすかったです。

voice

堅実に売上を上げている社員は、ボーナスがなくなる前よりも給料が上がる...そうでない社員は、ボーナスがなくなる前よりも大幅に減る......。これが今の給与体系です。

voice

新規出店数が鈍化しているため、ポジションが上がりにくく、昇給も期待できない。

voice

休みが取れないのに売り上げがないと驚くほど給料が低く、50人くらいのおじさん従業員が目の色を変えて焦って立っている。

voice

年収は正社員で300万、管理職で350~400万。給料が安いことへの不満は多いですが、それでも仕事が楽だから辞めない社員もいます。

voice

従業員の待遇の名の下に暗黙の自主的なノルマがあり、ボーナス、昇給、退職金、化粧品、公平な目標などはありません。

voice

私は店長職で年収450くらいですが、昇給制度が崩壊しているので、このまま50代になっても新人店長と同じ給料にはなりません。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社三城の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間が延長されていなくても、わりと早めに出勤してお店の準備をしなければならなかったので、時間は長かったと思います。

voice

ショッピングセンターで働いていたので、月に20~30時間の残業がありました。

voice

勤務時間は基本的に厳しくもなく楽でもありませんが、配属先の店舗によっては、特にテナント店では残業が多くなります。

voice

残りの時間は自主学習の時間とみなされたため、残業代は支給されませんでした。

voice

理不尽な残業や急な残業はほとんどなく、シフトで残業していたのでプライベートでトラブルになることはほとんどありませんでした。

voice

会議は夜遅くまでやっていることもあるので、ワークライフバランスを重視するのであれば、社員のまま選手として頑張った方がいいと思います。

voice

毎週末にミーティングや勉強会があるので、時間的にはかなり長いです。

voice

管理職は残業代や休日出勤手当が出ないし、率直に言って、家族との時間を犠牲にしてイライラしている人が多い。

voice

ワークライフバランスの面では、20時頃に退社しましたが、他社との差はあまりなく、残業代も全額支給されていたので、特に不満はなく、良い会社だったと思います。

voice

店長と副店長は人手不足で補充されず、毎月信じられないほどの残業をしている。

voice

入社して一番感じたのは、残業が多いこと。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

ワークライフバランスが取れないのと、店長になっても年収450万くらいしか稼げないので辞めました。

voice

待遇の悪さが退職を検討する大きな理由でした。

voice

私は契約社員でしたが、時給が低いこと、そのための仕事が多いこと、いじめがあること、勉強会がすぐに中止になってしまうことなどから、将来にあまり希望が持てず、割に合わないと感じ、新しい職場を探して退職しました。

voice

イベントでは、売上が上がらないと上司の命令でメガネを買わされることもあり、嫌気がさして会社を辞めることにしました。

voice

退職後は時給が上がり、労働環境も改善されたようです。

voice

辞めた理由は、自営業になりたかったのと、労働環境や給料に大きな不満はなかったのですが、成長しそうにない分野に身を置くよりも、自分で経営したいと思ったからです。

voice

同時期に入社したメンバーの半数が1年以内に退職しているので、私と同じ境遇の人が多かったと思います。

voice

眼鏡業界自体が縮小傾向にあり、このままではいつまで生き残れるか不安だったため、退職を決意した。

voice

ほとんどのスタッフが職場復帰していますが、私たちの地域では、正社員としての条件を満たすことが難しいため、自ら契約社員への降格を希望するスタッフが多くいました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年に1回5日休みを取る制度は、休みが取りにくい店長のために作られたはずなのに、その理念は忘れ去られてしまった。

voice

管理職は管理職であるため、残業代や休日出勤手当が支給されず、有給休暇はおろか、公休をすべて取得できない人もいます。

voice

従業員が少ないお店では、なかなか休みが取れず、公休が取れないという人もいます。

voice

次の会社に移るために休暇を取らせてもらい、その時に有給休暇を大量に取らせてもらったのはありがたかった。

voice

休めばいいというものではないので、上記のような待遇でも、実際に使えるかどうかは配属先次第という印象を受けました。

voice

権利はあるが、休暇が取れず、滞在できる時間が決まっているので、権利を行使できない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社三城はどうでしょうか。

voice

シフトの組み方やトレーニングの仕方など、部下の意見を一切聞かず、自分たちでやってしまうので大変です。

voice

長時間の営業ではなく、重い荷物を持つ必要もないので、体力的にも楽でした。

voice

ライフワークバランスを重視している会社ではなかったが、仕事内容は大型店を除けばそれほど忙しくなかったので、そもそも必要なかった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

指導的立場にありながら、表裏を使い分けていた人にいじめられていたので、周りにはあまり知られていないように隠れていました。

voice

日常的に新聞、雑誌、テレビ、課外活動などあらゆる場面での行動が求められ、1日1~2時間黙っていると、陰で嫌味を言われたりします。

voice

上司に気に入られなければ、基地外でも転勤の嵐でも、過疎地で働いても、毎日掃除ばかりしていても、サポート役でも、徹底的にいじめられる。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私はパワハラ体質で苦労しました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上司からの暴言が多く、環境はあまり良くありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社員に優しく、成長させてくれる会社というイメージで入社しましたが、いざ入社してみると、どちらかというと体育会系の会社でした。

voice

でも、お店を運営していく上では売上も大事なので、結局はお客様本位と言いながらも、お客様からメガネケースにお金を出してもらったり、金枠などの外販のキャンペーンに出向いてもらったり、ノルマがあるんですよね。

voice

ノルマはないと言っているが、実際には会社に大金を投入して、従業員や家族、知人に毎年迷惑をかけている状況に追い込まれている。

voice

きちんとしたノルマがあり、それを満たさないと無言の圧力がかかる。

voice

お店の規模にもよると思いますが、私が所属していたお店では、イベントノルマ数には程遠い数字が出ていました。

voice

社員の上下関係はかなりしっかりしていると思います。

voice

毎月のノルマに加えて、イベントノルマが追加されます。

voice

眼鏡+化粧品部門にノルマがあり、自営業が当たり前になっていました。

voice

ノルマはありませんが、店舗では一つの目標を持って運営しているので、数字へのこだわりが大切です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。