日本旅行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本旅行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 114件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.8 29.7 50.0
平均給与(万円/年) 349.5 440.2 45.1
有給休暇消化率 45.9 50.1 48.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本旅行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本旅行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本旅行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は基本的に1日2時間までとし、3時間を希望する場合は午前中までに申請する必要があります。

voice

予約チケットの手配も担当していたので、発売時間の30分前には出勤しないといけないので、毎日早出して残業していました。

voice

私よりも勤続年数の長い先輩社員は、土日祝日の出勤が多いのが当たり前で、残業要請があってもなかなか来ないこともあります。

voice

サービス残業が常態化しており、今後も労働環境が改善される可能性は低いと思われます。

voice

サービス業の宿命?でも、エスコートのように残業や土日が多くて非正規になりやすいと思います。

voice

残業が多く、休みが取れず、数字に追われる仕事に嫌気がさして辞めました。

voice

繁忙期には月に40時間程度の残業があるので、忙しい時は周りの協力体制を整えるべきだと思います。

voice

地方の支店では残業やサービス残業などが多いと聞いたことがあります。

voice

企画提案が重なると残業や休日出勤は当たり前。

voice

残業は支店の経費でもあるので、業績の良い支店では残業は全く問題ないのですが、業績の悪い支店では、仕事があっても残業が許されない雰囲気があり、実際には残業が許されないことが多く、持ち帰りや休日出勤が蔓延しています。

voice

旅行代理店というと、大変なイメージがありましたが、私の部署は定時で帰ることが多かったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

基本的にはハーフタイム休暇や時間外休暇の制度もありますが、特に地方支店では必要な人数しか出勤しないため、事前の申し出がない限り、有給休暇を取得することはほぼ不可能です。

voice

大きな支店では勤務管理がしっかりしており、有給休暇も取得しやすい環境です。

voice

場所にもよりますが、有給休暇は比較的取りやすいですし、年末年始の休みの予定もしっかりしているのでありがたいです。

voice

事実上、有給休暇の一形態ではありますが、大切な記念日のために休暇を取ることができるのは、常に良いことです。

voice

所属部署にもよると思いますが、有給休暇はほとんど取らせてくれない雰囲気です。

voice

子持ちの女性も休みが取れて、有給休暇の取得率は良かったと思います。

voice

有給休暇の取得率はそこまで良くないと思いますが、個人差、部署差があります。

voice

正規契約社員は6ヶ月更新で年次有給休暇や短期休暇が付与されますが、波動契約社員は1ヶ月更新で年次有給休暇や短期休暇は付与されません。

voice

派遣社員と一緒に働いていたのですが、会社で有給休暇が取りづらい時でも、担当者が「有給休暇は取れる時に取った方がいいですよ」と言ってくれました。

voice

都市部と地方では、有給休暇の取得率や昇進率に若干の差がある。

voice

仕事内容にもよりますが、特に営業職は休みを消化する時間がなくて大変だったような気がします。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本旅行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスが出るかどうかは年末直前までわからないし、出たとしても他社と比べてかなり低い。

voice

付き添いと出張手当があれば、シーズン中はかなりのお給料になります。

voice

2011年は震災の影響で顧客が全くいなくなり、4月には給与が10%カットされ、ボーナスも支給されなかった。

voice

売上に対して給料が低い、サービス残業が多い、年末になるとノルマでおせち料理を買わされる。

voice

残業が多く、給料が安いと言われています。

voice

周りからは給料が低いと言われていましたが、派遣期間(6ヶ月)の平均で決めていました。

voice

入社後2年間は、成績の良し悪しに関わらず、給与は変わりません。

voice

基本給が少なく、実費で飲み会に参加させられている。

voice

30代の社員は少ないし、給料が悪い人ばかりなので、結婚して子供ができてもお金のために辞めていく人が結構います。

voice

残業代がほとんど出ず、売れている人と売れていない人の給与の差がほとんどなかったので、モチベーションが下がってしまい、退職を決意しました。

voice

業績不振の時期だったので、ボーナスが出るとは全く思っていませんでしたが、ほんの少しでももらえて嬉しかったのを覚えています。

voice

旅行業界の給料が低いことを知って入社しました。

voice

給料が上がらない、ボーナスが少ない、会社全体のモチベーションが低く、やりがいを感じにくい。

voice

仕事量の割に見返りが少ない傾向にありますし、今はわかりませんが、私が働いていた頃は8年先輩の給料でそんなに差があった記憶がありません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本旅行はどうでしょうか。

voice

ノルマが酷くて、毎月のノルマをこなすのが嫌になって何ヶ月も過ごしていました。

voice

配属先によって勤務時間が異なるので、結婚後は本社など定時で帰れる部署に異動することもできます。

voice

働き方改革を推進しており、一部の事業所では曜日固定や定時帰宅を推進しています。

voice

苦情が多かったり、大きなミスをしたりすると、精神的に負担になり、家に帰ってきてから悩むこともありました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

上司に退職の意思を伝えると、私のミスを粗く批判されたり、嫌がらせをされることが多かったです。

voice

物事の捉え方や考え方がおかしな人たちの集まりで、新入社員を育てようともせず、陰口ばかり言っている。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

2人目の支店長は、「パワハラではない」といつも暴言を吐く支店長でした。

voice

営業会議という名のつるし上げで、パワハラだったのではないでしょうか。

voice

以前はパワハラや紙一重の人に厳しく指導していた上司もいましたが、今は教育が行き届いていて、気になる言動はありません。

voice

女性管理職はいませんでしたが、セクハラもなく、気さくな上司のいる部署でした。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ベテランは高卒で営業をしている人が多く、理不尽なことを言われて怒られる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の会社という印象はあまりありません。

voice

働きやすい職場ですし、環境はかなり良いのですが、給料は悪いですね...上下関係はしっかりしていますが、雰囲気は良いので、旦那さんがいるから頑張りたくないけど、そこまで頑張らなくてもいいという方には、良い会社だと思います。

voice

体育会系の元気な人が多く、明るい社風だと思います。

voice

時代錯誤な上下関係やゴマ取りをしている人、上司の好意を得られない人、能力があるのに出世しない人など、昔ながらの風潮を踏襲している人がまだまだ多いのです。

voice

旅行とは関係ない商品などのノルマが理解できない。

voice

他部署への異動が可能なのは、精神レベルでの運用ができなくなった人だけ。

voice

メンタリズムやハードワークではなく、給与でモラルアップや褒め方をしないと、優秀な社員にしわ寄せがくると思います。

voice

同業他社の説明会ではノルマや利益を前面に押し出していたが、顧客第一主義には共感できた。

voice

ノルマが厳しく、現場以外の社内作業員へのプレッシャーも大きいです。

voice

自分のノルマを達成したとしても、支店全体でノルマを達成できなかった場合は、連帯責任を負い、給与は増えません。

voice

個人ノルマではなく、店舗ごとのノルマなので、個人の負担は少ない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

たまたま配属された部署が特殊だったのかもしれませんが、一度退職した人(定年前に退職した先輩)が歩合制で再雇用されていました。

voice

前職を辞めたいと固辞していたので、その旨を説明したのですが、何度も確認されて不安になりました。

voice

退職金が他社に比べてかなり低く、老後の不安がある。

voice

簡単には引き継がれず、退職日まで有給休暇が取れませんでした。

voice

辞めた理由は、会社が嫌いだったからではなく、語学の勉強を優先したかったからです。

voice

35歳くらいの脂の乗った売れっ子営業マンが年収500~700万を稼いでいると聞いて、家族を養えないと判断して引退を決意しました。

voice

入社時に営業に配属されても、数年後には転勤か退社かのどちらかになるような気がします。

voice

新卒で入ったので、もっと稼ぎたいと思っていたのですが、何もないおじさんになると思って辞めてしまいました。

voice

事務職では、時短勤務や休暇などでどうしても給料が下がってしまう人が多いです。

voice

まだまだ学ぶべきことはたくさんあると思いますが、当時は旅行の利益率が悪くて手取りが非常に悪かったため、退職を決意しました。

voice

2人目の子供が生まれた時、自分の体力に自信がなかったのと、1人目がまだ小さかったので、仕事を続けられるかどうか不安だったので、退職することにしました。

voice

結婚して異業種に転職したのを機に退職しましたが、当時は支店長として1年目で同じくらいの収入を得ることができました。

voice

昨今の金融危機や東日本大震災の影響で退職したことが直接的な結果となりました。

voice

非正規雇用のため、産休に入ると自然退職となります。

voice

辞職の意思を伝えた後も、転勤を含めて色々と配慮してくれたので、とても感謝しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。