LIFULLのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに LIFULL について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 54件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.1 29.7 51.8
平均給与(万円/年) 531.6 440.2 54.9
有給休暇消化率 76.4 50.1 57.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。LIFULLの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスも比較的高く、年収も待遇面では悪くない。

voice

転職したことで給料が上がったというケースをよく耳にします。

voice

勤続5年で給料が少し上がっただけで、他の従業員は全く上がっていないとのこと。

voice

売上を上げたからといって給料が上がるわけではないし、営業マンは社内では評価されない。

voice

トップセールスを獲得するためのインセンティブも、達成するためのインセンティブもほとんどなく、社内業務を行っているメンバーの方が給与が高い。

voice

いくら売上を上げても、質的な部分ができていなければ、給料は上がりません。

voice

営業成績にもよるが、給与面は妥当だった。

voice

辞める1年前にボーナス額が減らされていて、今は使えません...。

voice

半年ごとに昇給のチャンスはあるが、何度も制度が変わっているので不満が残る。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

なるべく定年を迎えないようにしていたような気がします。

voice

私が会社を辞めるきっかけとなったのは、まず人間関係でした。

voice

リタイアメントプランはおろか、401Kもないので、若い社員などに必死にしがみついているのですが、彼らが年をとったらどうするんだろう。

voice

退職後に不動産会社に転職する営業マンが多い。

voice

引退したとはいえ、振り返ってみると、良い経験と成果だったと思います。

voice

長時間労働をさせられましたが、体調が回復しないので退職しました。

voice

住宅手当や家族手当などの手当がなく、退職金もないことを考えると、勤続年数の長い大企業の方が生涯年収は高いと感じました。

voice

住宅手当、退職金、学資援助はありません。

voice

女性社員で退職を選択している人はほとんどいません。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。LIFULLの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

やることがたくさんあると、結構時間がかかります。上司からは「また残業しないように、その時間に朝から来てくれ」と言われました。

voice

残業は月40時間程度なので、職場環境は問題ありません。

voice

契約社員だったので、基本的には定時退社で残業はありませんでした。

voice

残業や休日出勤が厳しく管理されている場合もあります。

voice

女性が多い職場ですが、夜遅くまで仕事をしていることが多く、ワークライフバランスが難しいこともあります。

voice

休日出勤はほとんどなかったので、満足しています。

voice

経営者から課せられた仕事量が多く、結果として残業が増えてしまった。

voice

目標達成のために少し残業をする文化があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

私は一度も申請して断られたことがありません。

voice

土日休み、最大45時間の残業、有給休暇の取得が容易、イベント休暇という名のフリータイム休暇が2日間。

voice

有給休暇も取りやすいので、仕事とプライベートの両立も問題ないと思います。

voice

有給休暇の取得を理解していない上司もいました。

voice

部署にもよりますが、有給休暇が取りやすいので、どこかで頑張った分だけ有給休暇を取ることができます。

voice

職種によって差はありますが、有給休暇の取得率は約7割、育児・産休の取得率は約1割となっています。

voice

有給休暇を連続4日以上取得した場合、リフレッシュ手当が支給されます。

voice

繁忙期以外は通常通り有給休暇を取得することができました。

voice

(もちろん、お盆休み中は会社規定の休暇はありませんでしたので、その時期に休暇を取りたい場合は有給休暇を利用しなければなりません。

voice

有給休暇も取りやすく、働きやすい会社です。

voice

有給休暇の取得が比較的容易で、各種休暇制度も徐々に整備されてきたため、オンオフのバランスが比較的取りやすかった。

voice

男女ともにほぼ全員が産休を取得し、問題なく復職しています。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、LIFULLではどのような現状でしょうか

voice

職場にはうつ病や欠勤者があふれており、本来であれば非常に異常な状況であるにもかかわらず、誰もがそれに痺れを切らしており、改善が見られない。

voice

精神的に休職して復職する人も多いが、大多数の人は退職を選択する。

voice

うつ病で辞めていく人も多いし(本当かどうかは知らないけど)、職場環境が良いとは思えない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

私が配属された部署は、配属された部署とはまた違った雰囲気で、かなり体育会系の雰囲気があります。

voice

営業は基本的に体育会系なので、何をするにしても一体感があります。

voice

営業部は体育会系、営業アシスタントは大変ですが、管理部はのんびりしています。

voice

上下関係が全くなく、「さん」と呼び合う文化がとても良かった。

voice

もちろん、政治の力を利用する人もいれば、目立ちたがりに全力投球する人もいる。

voice

上下関係がなく、飲み会も多く、他の会社よりも役員との距離が近く感じます。

voice

ノルマの意識はもちろんですが、グループやチームで助け合う文化もあります。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

何度か訴訟が起きているので、職種によっては転職はお勧めできません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。