KPMG税理士法人のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに KPMG税理士法人 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 21件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 47.9 29.7 42.8
平均給与(万円/年) 687.4 440.2 63.2
有給休暇消化率 66.7 50.1 54.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

KPMG税理士法人に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、KPMG税理士法人と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。KPMG税理士法人の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

繁忙期には月に100時間以上の残業をしている人がたくさんいました。

voice

繁忙期は毎年2月だけですが、1ヶ月で100時間以上の残業も珍しくないので、短期間で経験を積むには最適な職場だと感じました。

voice

例えば、繁忙期のある時期はブルーラインで残業代を申請できるが、土日に出勤して仕事を消化することを強いられ、平日は毎日終電まで働かされている...。

voice

残業時間が2時間を超えた場合は、1日分の夕食補助金が支給されます。

voice

残業が多いので、時給を考えると良いレートなのかな。

voice

子育てのために残業なしを選択したことと引き換えに昇進がほとんどなく、繁忙期にはそれなりの残業があるので、厳しい状況です。

voice

繁忙期はとても忙しく、休日や深夜に残業をしなければならないこともありますよね!しかし、残業代はしっかり支給されるので、モチベーションを保つことができます。

voice

動きのあるプロジェクトが多く、決算月は残業が免除されない。

voice

繁忙期はプライベートの時間がほとんどなくなりますが、その分平均以上の残業代が支給されるので、乗り切るモチベーションになります。

voice

配属された部署にもよりますが、残業はほとんどなく、ワークライフバランスの良い会社だと思いました。

voice

全体的に、繁忙期は残業時間が多くなる傾向にある印象を受けました。

voice

並ばずに帰らないと「退屈だ」と疑われて追加の仕事を任されてしまうので、それに追いつくために残業をしなければならない部分がある。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

例えば、体調が悪い日は、朝に電話をして有給休暇の申請をしていました。

voice

上記の通りであれば、積極的に有給休暇を取得することができますし、土日祝日につなげて取得しやすくしている人も多いようです。

voice

特別休暇として扱われるのではなく、有給休暇として扱われ、もちろん使い切るとすぐに無給になります。

voice

有給休暇は1時間単位で取得できるので、仕事が落ち着いている時に取得しやすいと思います。

voice

オフシーズンに有給休暇を利用して海外旅行に行く人も多く、業務に支障がなければ有給休暇も取りやすいですね。

voice

有給休暇も取得しやすい環境で、月初に取得する人も多く、その時期に仕事関係者に迷惑がかからなければ自由に取得できます。

voice

残業代は申請した分だけ支給されるのがいいですね。

voice

繁忙期以外は、ゆったりとした生活ができ、有給休暇もかなり自由に取れます。

voice

税理士試験に合格していない人は試験前に1ヶ月近く休むことができますし、有給休暇も比較的取りやすいのですが、その取りやすさは上司によるところが大きいという印象を受けます。

voice

スタッフとしては、なかなか長期休暇を取ることができません。

voice

試験休暇があり、人によっては1ヶ月休める場合もありますが、24時間365日の休暇の一部として扱われます。

voice

有給休暇の日数は一般的な企業に比べて少ないですが、スケジュールを調整すれば自由に休暇を取ることができるので、長期の海外旅行も可能なのが魅力です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。KPMG税理士法人の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業が多いので、年収は基本給を大幅に上回ることが予想されます。

voice

その理由は、基本給は同じくらいですが、残業代が非常に多く、年収が基本給よりも100万円~200万円多いからです。

voice

結果的に残業が多いのですが、給料はとても良いので、残業代は全て支給されるので満足しています。

voice

金額は所属部署によって大きく異なりますが、私が所属していた部署では業績が良かったため、給料の約5ヶ月分のボーナスが支給されました。

voice

ジュニア - 新卒者は、上司の期待通りの仕事をしていれば、数年間はほぼ毎年、難なく昇給します。

voice

時短勤務やノー残業で基本給が下がることには少し疑問を感じていました。

voice

給与水準は業界でもトップクラスですが、他の業界と比べて今は良いのですが、30代後半になるとどんどん抜かれていくような気がします。

voice

基本月給に加えて、残業手当が全額ではないにしてもそれなりに支給されるので、残業が多いことによるモチベーションの低下もある程度緩和され、やりがいを感じています。

voice

管理職以上は残業代は支給されませんが、会社や個人の業績に応じてボーナスが支給されます。

voice

新卒の割には給料が他の会社より高いと思っていたので、良かったです。

voice

給料は高いが、住宅補助も何もない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。KPMG税理士法人はどうでしょうか。

voice

ライフワークバランスという言葉は存在しない。

voice

プロジェクトベースなので、プロジェクトが終われば定時退社でも問題ありません。

voice

専門職以外のスタッフ(総務など)は、毎日定時に仕事を終えます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

上司によると、パワハラ的な指示があり、実際にうつ病で退職した社員が多数いたとのことです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

まあ、事業会社とは違うので、その点は置いておいてよかったです。

voice

過去の出来事を記録するのが当たり前の細々とした仕事である税務・会計に興味がなくなったため、退職を決意しました。

voice

いわゆる上場企業のように、退職金をたくさんもらえるわけではありません。

voice

退職時の待遇も手厚く、女性にも働きやすい環境でした。

voice

一時は採用人数が多すぎたためか、昇進できずに辞めていく社員が多かったのですが、現在は人数が減ったせいか、改善されてきているようです。

voice

ここで得られる知識やノウハウは、事業会社ではなかなか得られないもので、定年後も会計・税務の世界で生きていく人にとっては貴重なものです。

voice

社員数が多い事務所では、複数のメンバーで仕事ができ、自分の評価も平等になり、公平に評価されますが、メンバーが少ない事務所では、一人のマネージャーの評価が決め手となり、辞めざるを得なくなることもあります。

voice

プロジェクトがヒートアップすると、本当に寝る間も惜しんで仕事をしなければならないし、納期を守らずに質の低い仕事を続けていると、リタイアも余儀なくされてしまう。

voice

リタイアメントプランや企業年金もあり、税理士事務所としては充実しているように思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。