ビーコンコミュニケーションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ビーコンコミュニケーションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 17件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 52.9 29.7 40.8
平均給与(万円/年) 724.3 440.2 65.2
有給休暇消化率 83.3 50.1 59.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

ビーコンコミュニケーションズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ビーコンコミュニケーションズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

仕事の調整さえできれば有給休暇も取りやすく、外資系企業らしい雰囲気でした。

voice

有給休暇の取得を強く推奨しており、基本的にはチームでの休暇取得を推奨しているチームが多い。

voice

産休・育休を申請した人は問題なく取得しているようです。

voice

どうしても休まなければならない時は、フォロー体制が整っていて、休むのが楽でした。

voice

仕事がまとまっていれば、有給休暇も取りやすく、プライベートの時間も確保できる雰囲気で、とても満足しています。

voice

子供のために有給休暇が取りやすく、男性も性別によっては育児のために長期休暇を取ることができます。

voice

試用期間中だったので、有給休暇がなかったので、速やかに退職しなければなりませんでした。

voice

電通が出資しているため、電通系のセミナーに参加できたり、申請すれば有料セミナーの補助金が受けられたりします。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ビーコンコミュニケーションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間については、深夜まで勤務した場合は翌日の開始時間を遅らせることができます。

voice

広告代理店なので、繁忙期にはもちろん残業もあります。

voice

残業を禁止したり、厳しくしたりするような制度になろうともしていません。

voice

人手が足りないので、基本的に仕事量が多く、毎日残業が当たり前。

voice

残業が多く、終電や徹夜が多いので、体力的に厳しい人でないとなかなか続かないですね。

voice

数年前までは、広告業界特有の長時間労働や休日出勤はブラックと言われても仕方がないことでした。

voice

クライアントから次のクライアントへと仕事が移り変わるため、長時間労働はやむを得ない場合もありますが、一方で時間の無理な要求をされて新しい知識が得られなかったり、一般の人がどのような消費行動をしているのか理解できない時間帯に帰宅することができず、追い詰められた気分になってしまいます。

voice

デジタル系といえば、ハードワークに追われている人が多いため、余暇の時間を利用して恩恵を受けられる人はほとんどいませんでした。

voice

代理店の仕事の性質上、営業などは深夜に行われることが多く、出産後、母親が代理店を辞めて別の部署に行ったり、退職したりするケースも少なくありません。

voice

毎日午前2時、3時に仕事をする会社ではありません。

voice

残業は多いですが、やりがいのある職場です。

voice

今はどうかわかりませんが、忙しい時は結構忙しいですし、残業は個人差はありますが妥当なところですね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ビーコンコミュニケーションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

平均的な収入額は上の方にあるが、昇給は難しい。

voice

能力や魅力のどちらかが欠けていても、給料はかなりの数年は変わらない。

voice

ネイティブと外国人の給料が高い傾向にあります。

voice

中途採用の場合、提示される金額は悪くないことが多いですが、入社後に上がることはほとんどないようです。

voice

周りの人に自分の才能をアピールできる人は、どんどん給料が上がっていきます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ビーコンコミュニケーションズはどうでしょうか。

voice

周りの状況を気にしている人があまりいないので、定時で帰宅しやすいと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由は、試用期間中に上司から会社が求める能力レベルに達していないと判断されたためです。

voice

退職を余儀なくされたにもかかわらず、とてもありがたい提案をしていただき、それを受け入れるという選択肢もあったので、改めて良い職場環境だったと今でも感じています。

voice

最初から他にもやりたいことがあったのですが、だんだん仕事が面白くなってきて、仕事量も増えてきたので、ちょっと考えて辞めました。

voice

人間関係や仕事内容にとても満足していたので、会社に残るためのキャリアパスを提案された時はとても不安でしたが、退職を決断しました。

voice

勤務時間や給与に不満があったため退職に至ったが、退職を決意するまでは仕事ぶりを正当に評価してもらい、年俸の増額を打診されていた。

voice

外人やASクラスは実績がなく、すぐに辞めても退職金が出るようですが、素人が10年働いてもボーナス1回分以下。

voice

他にもやりたいことがあったので退職しましたが、社内で解決できる条件があればできる限り協力する、個人のキャリアパスを考えてくれるなど、様々な良い条件を提示してくれました。

voice

納得はしていないが、退職金との関係を考えると、よくあることのようだ。

voice

外資系企業ではよくあることですが、上司が突然クビになるのも現実です。

voice

少額の退職金を考慮すると、給与は比較的高額になる可能性が高いです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。