日本ベーリンガーインゲルハイムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本ベーリンガーインゲルハイム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 57件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.5 29.7 52.5
平均給与(万円/年) 817.2 440.2 70.2
有給休暇消化率 51.5 50.1 50.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日本ベーリンガーインゲルハイムに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本ベーリンガーインゲルハイムと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本ベーリンガーインゲルハイムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

担当する仕事にもよると思いますが、毎日朝早くから夜遅くまで働いている社員を多く見かけました。

voice

この会社の良いところは、「残業=頑張る」という認識がないことだと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

個人の仕事のスケジュールをしっかり管理していれば、長期の有給休暇は比較的取りやすかったです。

voice

有給休暇の取得を積極的に奨励しており、上司は長期休暇(夏季、年末など)を取得しているため、部下が比較的休暇を取りやすい環境にあります。

voice

本社部門では、有給休暇率50%の取得が義務付けられています。

voice

有給休暇の取得方法については、最低限の人数で仕事をしなければならないので、取得が難しいケースもありました。

voice

有給休暇に加えて、数日分の休暇を別途設定できるようにしました。

voice

有給休暇率60%を社内で推進しており、上司からの評価も高く、1週間以上の休暇を利用して海外旅行に行く社員も少なくありません。

voice

ワークライフバランスの面では、有給休暇が取得しやすく、個人的には非常に満足しています。

voice

労働時間や有給休暇の取得はしっかりと管理されているので、そういう意味では働きやすかったです。

voice

完全週休2日制でないと補習休暇が取れない(半日や時間的に取れない)ので、もう少し融通が利くように改善してほしいですね。

voice

上司によって有給休暇の取得に対する理解が異なる。

voice

休暇の取得は個々の社員の裁量に委ねられているため、取得率には個人差があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本ベーリンガーインゲルハイムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

前職よりも給料が低い人が多かったので、業績ボーナスを別に表示してもらうことを覚悟していたのがわかりやすかったです。

voice

基本給以外にも福利厚生(休日出勤手当、残業代など)が充実しているので、給与・ボーナスには満足しています。

voice

ここ数年、非管理職でも年4回のボーナスが支給されるようになり、転職を考えているときには助かりますし、単純にモチベーションアップにもつながります。

voice

外資系企業の中ではボーナスがベースとして確保されている印象があります。

voice

真面目に働いてちゃんとした給料をもらいたいならいいですが、他の社員と仲良く成長したいなら、この会社は向いていないと思います。

voice

頑張った人とそうでない人では、良くも悪くも給料に大差はありません。

voice

ボーナスは年4回あり、うち2回は基本給×2.5、残りの2回は業績に応じて支給されるので、モチベーションが上がりやすいです。

voice

年4回のボーナスのうち2回は業績ボーナスだったが、成果を上げた人は少なく、多くの人がほとんどもらえなかった。

voice

例えば、新薬が発売された年には、達成率を超えると比較的大きなボーナスがもらえます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本ベーリンガーインゲルハイムはどうでしょうか。

voice

その結果、とんでもない人材を管理職に起用し、その下の社員は悲惨な目に遭うこともある。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラがあっても、人脈があるかないかで罰は千差万別。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

早期退職制度は、それらのことがうまくかみ合って悪化した結果のようです。

voice

早期退職を提案し、約4割の社員が辞めた。

voice

早期退職が行われており、今後も昇給は難しい状況が続くと思われる。

voice

私が在職していた頃は、会社は成長過程にあり、活気があり良かったのですが、コンサルティング会社の介入により退職者が増え、社内の雰囲気は悪くありませんでした。

voice

早期退職後、社員のモチベーションが下がり、雰囲気が良くない。

voice

私が退職を決意したのは、ノバルティスからCEOが移ってから不可解な中途採用者が増えたことと、レッドオーシャンであるにもかかわらず、営業力の向上に力を入れず、内向きの活動に力を入れるようになったことに落胆したからです。

voice

希望退職で本国の希望する人数に達しなかった社員をリストラしたが、本国が満足する人数にはならないと思う。

voice

同社は、主力製品の特許切れにより経営陣が予想していた以上に売上が減少したため、大規模な早期退職プログラムの実施を余儀なくされた。

voice

時短勤務や一度退職した人でもパートタイムで働ける制度が導入されようとしています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。