吉川水産のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 吉川水産 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 4件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.5 29.7 50.5
平均給与(万円/年) 324.5 440.2 43.8
有給休暇消化率 27.5 50.1 43.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。吉川水産の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

始業時刻を「8時から始めた」と登録してしまうため、朝7時から8時までの間に残業を強いられてしまいます。

voice

店舗にもよりますが、月30時間程度の残業が必要なシフトになります。

voice

管理職の場合、残業代は福利厚生に含まれているので、何時間残業しても金額が増えることはありません。

voice

店舗の規模にもよりますが、管理職ではほぼ毎日残業が発生します。

voice

朝が早いので大変ですし、やりがいはあるかもしれませんが、充実した家庭を手に入れることはできないでしょう。

voice

その代わり、荷降ろし・仕分け・積み込み作業は朝7時から始まるので、ほとんどの人が始発か早朝の電車で通勤していて、立ったまま体を動かして仕事をしています。

voice

サービス業なので残業はありますが、朝早くから遅くまで働いているので体力的には大変です。

voice

自分の商品が売れたときや、商品を通してお客様と話ができて、後でお客様が来たときに感謝されたときや、対応力が上がったときにやりがいを感じるかもしれませんが、朝早くから立ち仕事なので体力的な疲労は大きいですが、こういった業種や雰囲気はとてもやりがいがあります。この仕事が好きな人にはピッタリの仕事だと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。吉川水産の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給、残業週1~2回、その他諸々で月25万円くらいはもらっていたと思います。

voice

基本給は高そうですが、営業手当という形で残業代も含まれているので、仕事内容の対価として考えると微妙かもしれません。

voice

ボーナスは少ないようで、当面は年2回支給されるようですが、普通の平均的な社員で10万円程度のようです。

voice

管理職レベルでは年俸制に変更され、いくら働いても給料は変わらない。

voice

一人前の職人になれば、どこへ行っても立派な職人になれる!?月給はまぁまぁだと思いますが、ボーナスは少ないですね。

voice

店員さんの給料は他社よりも良いと思います。

voice

さらに、5万円にも満たない営業手当を残業代だと言ってごまかす。

voice

評価も年功序列で行い、徐々に昇給が期待できます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

魚屋さんなので、活気があり、人懐っこい人が多いので、新人の時は元気でいよう!新人の時は元気に!研修期間中も元気に楽しく過ごせますよ。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を考えていた理由は、ストレスが溜まっていたことと、パワハラと思われることで体調を崩してしまったからです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。