ギャップジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ギャップジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 132件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.4 29.7 51.3
平均給与(万円/年) 485.0 440.2 52.4
有給休暇消化率 51.6 50.1 50.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ギャップジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

当時はまだサービス残業が多く、夜勤などで長時間の勤務が必要な場合が多かった。

voice

月に70~80時間の残業があり、出張やヘルプが多くて休む暇がありませんでした。

voice

従業員はシフト制で時間にムラがありましたが、遅くまで残業している姿は見ませんでした。

voice

就業時間内に対応できない量の仕事を任された場合、管理者の承認がないと休めないので、残業をしなければなりませんが、休日出勤やサービス残業も承認が必要なので、管理者によっては出勤やサービス残業をしなければならないこともあります。

voice

パートタイムの昇給は年に1回で、私は3年で50円くらい貰えましたが、ビジュアル系の深夜シフトが多いともっと早く上がるようなので、人それぞれですね。

voice

シフト制ですが、早出・中出・遅出・深夜出勤のパターンは、出勤時間に大きな差があります。

voice

研修時間も就業時間内に行われるので、残業して研修を受けることはありません。

voice

深夜勤務の可能性もあるとのことですが。

voice

契約社員やアルバイトは残業しない傾向にあります。

voice

正社員であれば誰でも最低でも2時間は残業するのが普通で、役職が上になればなるほど自由度は低くなります。

voice

売上が伸び悩んでいる場合は、それに合わせて人件費を調整しなければならず、どうしても残業が発生してしまいます。

voice

役職にもよりますが、残業代、残業代、深夜手当は100%支給されますし、オフピーク時には必ず長期休暇を取得することができます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ギャップジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年俸制のためボーナスはないが、業界標準よりも給与は良いので、ボーナスの増減による年収のアップダウンの心配はない。

voice

店舗数が多いので、店舗によって給料にばらつきがあり、上司が当たったり外れたりすることが多いと思います。

voice

充実した待遇や職場環境にもかかわらず、昇給・昇格率が低い。

voice

衣料品販売は給料が安いと思われがちですが、その差は業界標準よりもかなり大きいです。

voice

店舗に割り当てられる時間数が限られているため、契約社員の給与はかなり変動します。

voice

一般的にこのポジションの給料は非常に高いと思います。

voice

他のアパレルよりも給料が良いと言われていますが、自分たちのブランドを展開しているのですから、それ以上の給料をもらって当然です。

voice

お給料を大きく稼ぐためには、お給料時の売上や景品をコツコツと積み上げていくか、上司に極端に気に入ってもらえればいいんじゃないかと思います。

voice

契約社員として働いている間の給料は尋常ではないほど低いですし、どんな地方で働いていても自活するのは難しいと思います。

voice

ほとんどのスタッフはアルバイト、契約社員ですが、時給制(都内の店舗では900円台から)なので、給料はかなり安いです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

繁忙期の後、1週間から2週間の有給休暇を取得できる期間があります。

voice

年に2回必ず取得できる休暇制度が魅力です。

voice

休暇以外は有給休暇なんてないという社風で、有給休暇を申請して取得できる状況を見たことがありません。

voice

年間休日は120日ありますが、有給休暇の取得率は非常に低いです。

voice

アルバイトの場合は、自己都合による土日の休みも取りやすいですが、数週間前には申請が必要です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ギャップジャパンはどうでしょうか。

voice

厚生労働省や労基署は、違反者の公表にはあまり積極的ではないようですが、法律を守らないのであれば、公表して社会的制裁を受けるべきだと思います。

voice

私は専業主婦でフルタイムで働いていましたが、仕事をしたくても転勤や夜勤(徹夜)があり、肉体労働が必要なので、その点ではハンデがありました。

voice

社員の仕事内容は体力的にハードで、日常的にプライベートの時間を作るのが難しい。

voice

強いて言えば、接客以外の仕事は体力的に厳しいかもしれません。

voice

比較的定時退社が可能なため、ワーキングマザーの方も多くいらっしゃいました。

voice

ライフワークバランスを大切にする風土がありますが、それも各店舗の業績や忙しさによって多少異なるはずです。

voice

お店で働いた経験がないので何が何だかわからなかったので、体力的にも精神的にも考えて辞めるしかなかったのですが、研修不足、人手不足、時給に見合わない仕事量などは解消されるべきだと思います。

voice

私が感じなかったことですが、多くの人がギャップを感じることの一つに、在庫管理業務の厳しさがあります。

voice

ライフワークバランスについては、福利厚生が充実しています。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

コミュニケーション能力や社会性をたくさん学ぶことができましたし、帰るからといっていじめたりもしませんでしたし、温かい歓迎会もしてくれました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラが多く、上からの圧力で仕事を押し付けられることもしばしば。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

賢くある必要はなく、原則として、長く続けるための根性と気力と体力が必要です。

voice

一方で、問題が発生したときには、誰もリーダーシップをとる人がおらず、結局、解決策も結果も見えないまま、みんなで作業を進めてしまうことになります。

voice

個人ノルマがないので、お互いに足を引っ張り合うこともありませんでした。

voice

長く働くには根性と体力が必要です。

voice

社員と管理職の関係は単純に上下関係なので、真面目な人であれば中途入社の人との付き合いは比較的簡単です。

voice

私が働いていたGap Japanでは、上下関係がとても厳しかったです。

voice

上下関係は堅苦しくなく、基本的には意見が尊重され、考え方や行動に齟齬があった場合には合理的なフィードバックをしてくれるので、アルバイト社員に成長のチャンスを与えてくれています。

voice

店頭販売の仕事は、個人のノルマではなく、チームで日々の目標に向かって仕事をしていたので、自分にはとても合っていました。

voice

個人のノルマなどはありませんでしたが、店舗の売上目標が設定されていたので、達成できなかった場合は少し気まずい思いをすることもありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

自分には合っていたのですが、お店を経営するのは嫌だと思って辞めました。

voice

最終的には学業もあり、融通が利かないので辞めることにしました。

voice

上司の好きな人だけが昇進し、気に入らない人は左遷されるのを見て、将来性のない転職を考えるようになった。

voice

最終的には自分のシフトで働けなくなり、自主的に退職するか、契約更新時にクビになるかのどちらかになります。

voice

営業職を希望して入社しましたが、肉体労働が多く、無理な高時間労働、上司との意見の食い違いなどから退職を検討しています。

voice

当時の経営者は過重な負荷がかかり、優秀な人でも体力的に引退してしまう人が多かった。

voice

モチベーションは評価されますが、平等に出世する機会がないので、長く勤めているとキャリアの限界を感じて辞めていく人が多いように感じます。

voice

どうしたらこんな人間になれるんだろう?引退した今でも、あの強いメンバーを思い出すことができます。

voice

定年後の生活に合わせて、何かを改善する必要はないと思います。

voice

在職中にコミュニケーション能力が身につくので、退職後も何年経ってもスタッフ同士の仲が良いのがこの会社のメリットだと思います。

voice

やりがいがなくなってきたので、退職者はまだまだ多いです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。