デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 38件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 45.2 29.7 43.8
平均給与(万円/年) 444.9 440.2 50.3
有給休暇消化率 41.3 50.1 47.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業代の出ない裁量労働制では、どの部署も平均的に遅いと思います。

voice

残業とみなし残業をしているため、長時間労働になりますが、残業代は期待できません。

voice

営業職で他の代理店に常駐していると、夜遅くまで働いている女の子も珍しくなく、中には夜遅くまで働いている子もいます。

voice

営業の場合、必然的に深夜まで働くことになるので、平日の合コンにはまず行けません。

voice

残業時間は部署によって異なりますが、社内では働き方改革の動きが活発で、基本的には月45時間以上はないと思います。

voice

大きなプロジェクトに取り組めるのは魅力ですが、残業が気になる方にはお勧めできません。

voice

この業界では避けて通れないことかもしれませんが、深夜や休日に関わらず、プライベートで理解者がいないと緊急時の対応も大変です。

voice

定期的に定時に起きる社員もいれば、場所によっては残業が多い社員もいます。

voice

裁量労働制のため、夜遅くまで残っている社員が多く、時間管理はそれに基づいて行われています。

voice

20代では残業が多く、給料も少なく、ワークライフバランスも最悪。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得が難しく、勤続10年の人でも「仕事が忙しくて継続休暇が取れない」との声がありました。

voice

もちろん代休や有給は取れないので、社会人ならワークライフバランスは諦めた方がいいですね。

voice

部署によっては有給休暇がきちんと取れるところもありますが、営業は基本的に無理です。

voice

通勤手当や休暇の申請も簡単です。

voice

カフェポイント制度は、美容院や仕事用の洋服などを購入すると、レシートをもらって申請すると、立替払いという形でキャッシュバックされるので、かなりお得です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給が妥当なので年収は妥当だが、業績が伸びたり成果が出てもボーナスには反映されない。

voice

業績が良ければボーナスが出るので、そこまで苦にはならないと思います。

voice

見た目は悪くないが、ボーナスが恐ろしく悪く、性能が良くてもほとんど変わらない。

voice

給料も業界ではトップクラスの安さだったと思います。

voice

家賃補助がないので、一人暮らしだからといって給料が少ないからといって裕福になるわけではありません。

voice

事業の成長性はあるが、電通デジタルに比べて給与が低く、報酬も低い。

voice

親会社の社員と同じ職務にもかかわらず、給料が非常に低い。

voice

若い人が多いのはいいことですが、キャリアアップや給料アップを考えると、どうしても転職を考えてしまいます。

voice

他にも福利厚生が充実している安定した会社はありますが、基本給が少なかったり、控えめな会社もあります。

voice

部署によっては深夜まで働いてタクシーで帰るのが一般的で、広告企画を作るという単純作業を続けているうちに、給料が割に合わない、という絶望感から転職する人も少なくありません。

voice

経験を積めば積むほど、他社との賃金格差や労働時間の格差に悩まされることになるので、そこを改善しないと優秀な社員の流出を食い止めるのは難しいでしょう。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはどうでしょうか。

voice

夜遅くまで働いても給料の面で悲惨な思いをしている人が多い。

voice

基本的にはチームで仕事を分担しているので、チームメイトとの関係性によっては「今日は定時で帰りたい」と相談しづらいこともあります。

voice

管理課では定時で帰る人、現場課では毎日終電に乗る人がいます。

voice

管理部門については、部署にもよりますが、繁忙期がはっきりしているので、閑散期には定時退社が可能で、他の部署に比べてワークライフバランスが良いイメージがあります。

voice

主婦の場合は、定時で帰れる部署に異動させてもらえれば、仕事との両立が可能です。

voice

時間を意識しないと生産効率が上がらず、使い捨ての人材しかいない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会員の中には、事業会社や広告代理店に転職した人もいますし、定年後もつながっていることが多いので、会社を通じて得られる資産は様々です。

voice

一番いいのは、企業年金と退職金制度があることです。

voice

前の上司に退職の相談をしても、あまり良い返事が返ってこなかったのを覚えています(当時の人事考課制度のせいもあると思いますが。

voice

仕事自体はやりがいがあったが、帰宅時間が遅く、体力的に無理があることと、給与に不満があったため退職した。

voice

いわゆる福利厚生はほとんどなく、もちろん退職金もありません。

voice

当然、私生活はほとんどなく、ストレスと疲れで体が壊れ、会社を辞めてしまいました。

voice

現場の優秀な人ほど、成果を認められる環境がなく、長年の貢献が報われないという矛盾した理由で辞めていく傾向があります。

voice

長時間労働やルーティン化により、優秀な社員が離職する傾向があり、結果的に上記に拍車をかける傾向がある。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。