ミクシィのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ミクシィ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 33件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.6 29.7 51.6
平均給与(万円/年) 576.5 440.2 57.3
有給休暇消化率 81.0 50.1 58.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

ミクシィに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ミクシィと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

昔からヌルい社風なので、有給休暇は取りたければ全部取れます。

voice

有給休暇が取りにくいという印象はありませんでした。

voice

有給休暇も取りやすく、勤務時間も融通が利くので、長期休暇などの計画も立てやすいです。

voice

休みや早退もしやすいので、復職時の調整もしやすく、子供関係の用事もあります。

voice

女性には月に1日の有給月経休暇が与えられます。

voice

基本的には仕事の調整がしやすく、有給休暇も取りやすい環境でした。嫌な顔をされることはありませんでした。

voice

男性でも申請すれば産休が取れるのは嬉しいですね。

voice

女性には生理休暇(月1回まで)があり、PMSに悩んでいる方には有給休暇として利用できるので、とてもありがたいですね。

voice

周りの雰囲気も良く、有給休暇を取得して遊びに行くと「うらやましい~」と言われます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ミクシィの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

就業時間は、定時で出勤できることもあれば、残業や休日出勤があることもありますが、強制ではありません。

voice

残業は即日申請が可能で、自分の時間を設定できるので、自分の時間を確保しやすかったです。

voice

短時間勤務ではなく、朝早く出勤して、時間に融通を利かせて退社する人が多いようです。

voice

働き方改革の影響で残業が増えているのに、タスクが溢れている人にはフォローできず、全体的に苦戦している人を見てきました。

voice

他のIT企業に比べて残業が少なく、労働時間内での生産性向上を社員一人ひとりが意識している点は、とても良い点だと思います。

voice

残業代は青天井で支給されますが、若い人が残業で残業していることが多いのですが、ほとんど仕事をしていないので取り締まるべきだと思いました。

voice

経営者から一方的に残業や労働を強要されたことは全くありませんでした。

voice

若い社員が多いのですが、当然ある程度の残業は必要ですし、逆に残業をあまり意識せずに働いている社員も多く、競争環境が激しいので、そこが気になるところだと思います。

voice

仕事の達成感から残業が遅れるのはデメリットでしたが、その分仕事の達成感が増したと思います。

voice

ホワイトな部署は残業がほとんどありません。

voice

給与自体に不満はありませんでしたが、残業時間が少し気になりました。

voice

家庭を持っている人が少ない部署だったので、みんな残業して仕事をしていた印象があります。

voice

時短勤務の場合は、みなし残業で給与が減額されるので注意が必要です(ただし、復職するまでは注意されません)。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ミクシィの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年俸は、12ヶ月分の給与に夏季・冬季ボーナス1ヶ月分を加えた年俸500万円ですが、業績手当を支給すると150~200万円が加算されるので、合計年収は600万~700万円になります。

voice

年4回のボーナスは0.5ヶ月分で、毎月の赤字をボーナスで循環させていた。

voice

各サービスの利益に格差があるため、ボーナスなどの給与に格差が生じている。

voice

モンストの売上が良いのに対して、ボーナスが大きいのでしょうね。

voice

他社では落ちてしまうような繊細な人材を高給で採用しているため、昔からいる人との給与格差が大きくなり、以前のコアメンバーが大量に退職してしまったのが元々の状況です。

voice

はっきり言って、仕事をしなければならない時間の割には、思ったほど給料がもらえません。

voice

新卒や中途採用のタイミングにもよりますが、初任給は変動するようですが、業界平均以下であれば、平均以上になるように調整されることもあり、IT業界では比較的高い給料を得られることもあります。

voice

給料も上がりやすいし、社長が思った以上にみんなに愛されていて、見ていて笑えました。

voice

正直、今までで一番楽な仕事をしているのに、一番高い給料をもらっていることを自覚しています。

voice

新卒者の給料も高いので、中途入社者は自分の価値をあまり感じていないのかもしれません。

voice

従業員に無駄に高い給料を払って、経営者は従業員に嫌われるのを恐れて、降格しないようにしている。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ミクシィはどうでしょうか。

voice

定時で帰らなければならないという条件はないので、仕事に専念したいと思えばいくらでもできます。

voice

ライフワークバランスがしっかりしていて、柔軟性があります。

voice

深夜になってもほとんど残っている部署もあれば、一日の終わりには閑散としている部署もあった。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

会議で他人の給料の話をしたり、パワハラ発言を連発したりと、未熟なリーダーが多い印象を受けました。

voice

セクハラやパワハラは握りしめられることもあるので、公平性やキャリアアップを求めている方にはお勧めできません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

メディアとしてのコンテンツ制作やプロモーションに携わりたいと思っていたのですが、結局、自分のやりたいこととは違う部署、特に苦手な部署に配属されてしまいました。悪循環でした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社内政治や昔からの人間関係が影響してくるので、誰と仲良くなるか、どんな後ろ盾があるかで社内での将来が左右されます。

voice

職場の率直さと、上下関係がほとんどないことに驚きました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

能力に欠ける上司には悲惨だし、場合によっては疎外されて自主的に辞任を求められることもある。

voice

現在の部長は社員の管理を全くしておらず、アウトプットが良くて事故がない限りは出世できないという考え方を持っており、退職を決意した。

voice

社内の雰囲気はとても良かったのですが、退職直前はどの部署も悪い意味でピリピリしていて、自由に新しいことを始めたいという希望が持てませんでした。

voice

人間関係に閉塞感があり、別れを考えています。

voice

女性同士の仲が良いようで、退職後も友人として一緒にいる人が多いようです。

voice

今ではスタッフ発のSNS以外の新規事業もある程度の制度が整っていて、実際に芽が出ようとしている事業がいくつかあるので、そこで働くか、自分で作るかという選択肢もあるのですが、私の場合はどちらにもモチベーションがないので退職しました。

voice

古参や中堅社員が次々と辞めていき、社内の雰囲気は完全に停滞している。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。