ファイザーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ファイザー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 97件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.2 29.7 52.2
平均給与(万円/年) 819.6 440.2 70.3
有給休暇消化率 57.8 50.1 52.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ファイザーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ファイザーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ファイザーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

仕事は面白かったのですが、当時はとにかく残業が多く、毎日22時を超えるのが当たり前でした。

voice

本社勤務の場合、水曜・金曜の残業日はなく、月30時間を超える残業をする場合は、事前に上司の承認が必要です。

voice

海外との電話会議がある場合は、早朝や深夜、時間帯によっては集中してしまうこともあります。

voice

残業を許さない文化が醸成され、必然的にワークライフバランスを重視した働き方になると思います。

voice

綺麗な職場で、育児休暇や有給休暇も取りやすく、部署によっては早朝・深夜勤務になることもありますが、時間厳守の職場です。

voice

残業は管理しやすいので、仕事を入れてやり遂げたいと思っていても、時間をかけすぎると途中で奪われてしまう可能性があります。

voice

忙しい時は夜中まで書類作成や予算の見積もりをしたり、その後飲みに行ったりすることも多く、プライベートとの調整が大変でした。

voice

かつての管理職は、自分の時間をほとんど持たず、休日出勤もしていました。

voice

1日の労働時間は厳しく管理されているので、長く働く必要はありませんが、仕事量は増えているので、工夫が必要です。

voice

業務を理解していない人が細分化して残業することなく仕事ができるように細分化する計画でしたが、結果的には仕事量は変わらず、制限時間が増えるだけでした。

voice

営業手当や基本残業代は含まれていませんが、30歳で40万近くの固定給で業界外の一般企業経験者が入社すると驚くことが多いです。

voice

深夜勤務の場合は、タクシーや近隣のホテルでの宿泊も可能でした。

voice

社内業務(報告書類やフォローアップ入力など)が多く、効率的にやらないと遅くなったり、土日にやらないといけないことが多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

事前に申請すれば、ほとんどの有給休暇を取得することができます。

voice

他社も同じような有給休暇取得率だと思いますが、年々取得しやすくなってきているように感じます。

voice

休みたくなかったのかどうかはわかりませんが、課長は他の社員よりもずっと有給休暇を取っていました。

voice

有給休暇を取得することが難しく(忙しくて取得できないという意味ではなく、休みの日数が多く、有給休暇を消費しなくても十分という意味で)、有給休暇を利用する機会がほとんどありませんでした。

voice

5+4キャンペーンなどで有給休暇を取得することを推奨していますが、2週間の有給休暇と4週間の有給休暇をそれぞれ35日、45日と称して、折り目に合わせて取得することができます。

voice

管理職の評価の一環として有給休暇の取得率を導入し、計画的な取得を奨励しています。

voice

本社では有給休暇が取りにくい雰囲気が残っていたが、地方支店ではそうではなかった。

voice

その点では、良い会社だと思いますし、退職時に40日以上残っていた有給休暇のほとんどを取得させてくれたことに感謝しています。

voice

有給休暇も取得しやすく、ワークライフバランスがとても良いと感じています。

voice

有給休暇のほか、家族の病気や行事などで休める5日間の制度もあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ファイザーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

2013年の業績ボーナス(3月分)は、目標の100%を達成したにもかかわらず、業績ボーナスの60%を支給する部署もあり、一部の部署では不公平な結果となっていました。

voice

ボーナスは非管理職、夏期2ヶ月、冬期2ヶ月、3月末に前年実績に応じて特別ボーナスを支給。

voice

向いている人は、真面目ではない人 ・お世辞を割り切れる人 ・人に言われてもイライラしない人 ・でも、これらの条件をクリアしていれば、同年代の人よりも高い給料を貰うことができます。

voice

ボーナスは、組合の頑張りで7.6ヶ月分が支給されています。

voice

仕事量の割に給料が高く、休日も手厚いと思います。

voice

研修中は、日当以外は全額支給されました。

voice

管理職に昇格した場合、夏季・冬季のボーナスは支給されなくなります。

voice

契約社員はボーナスや退職金が出ないし、いくら頑張っても報われる制度がないので、頑張った分だけ損をした気分になるし、働いていない正社員でもボーナスがあるので嫉妬してしまうこともある...。

voice

給与・ボーナスは業界の中では非常に良い方だと思います。

voice

個人や事業所に対しては、時折、個人インセンティブやカウンターパートインセンティブが発生し、給与やボーナス以外にもかなり大きなインセンティブが発生することがあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ファイザーはどうでしょうか。

voice

業界には元ファイザーの人が非常に多くいますが、会社との恋愛感情はありません。

voice

元々はそれほど過酷な労働環境ではありませんでしたが、その中でも日本の国家としての働き方を改革しようとしていました。

voice

働ける方には、ライフワークバランスが取りやすい職場です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

当時の私は、多少のパワハラは許容できる(暗黙の了解)と感じていました。

voice

直属の上司が昇進やハラスメント対応の権限を持っているアメリカ型の外資系企業で、スピード感があります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

他社のMRはリストラが多いイメージがありますが、そこまで理不尽なことはなかったと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

メンタル面でのフォローがしっかりしていて、働きやすい会社を目指しています。

voice

薬ということで、うつ病などの薬も扱っていましたが、社員のメンタルヘルスに対する意識が低いように感じました。

voice

毎月が決算のようなもので、毎日数字と向き合って生きていかなければならないので、メンタルをしっかりしておかないと潰れてしまいます。

voice

女性社員の精神疾患による休職率も高く、激務のために精神的な休職を余儀なくされて退職する女性も多くいました。

voice

上司にもよるが、軍隊のように指示を受けると嫌な思いをすることが多い。

voice

仕事内容としては、営業にはある程度のノルマがあるので、月末には緊張感がありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私の場合もその時に退職しましたが、希望退職者の中には希望退職限度額を超えた人がいたのも事実です。

voice

昨年の希望退職の呼びかけは、50歳以上の管理職を含めた対象者を対象としたもので、むしろ若手の出世の可能性が出てきた。

voice

退職した理由は、ジェネリック医薬品の販売に嫌気がさしたからです。

voice

解雇された社員はもちろん送別会もなく、自動的に退職した。

voice

外資系企業の宿命かもしれませんが、突然の閉鎖や解雇はよくあることのようです。

voice

入社後、公務員になりたいという気持ちが強くなり、自己都合退職を希望しましたが、会社は退職日をボーナス満額支給の時期まで延長してくれました。

voice

職場の方々からも、退職の励みになるような温かい言葉をかけていただきました。

voice

早期退職者募集が始まってから15分ほどで定員に達したのには驚きました。

voice

印象的なのは、定年退職した今でも、自動車保険の契約を有利な条件で続けられていることです。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

東京に住んでいた母が末期がんと診断され、上司に関東への転勤をお願いしていたのですが、欠員が出たらすぐに関東へ転勤すると伝えていたのですが、全く動きがありませんでした。仕事をした方が良いと判断して転職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。