GABAのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに GABA について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 32件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 17.1 29.7 55.0
平均給与(万円/年) 368.9 440.2 46.2
有給休暇消化率 77.1 50.1 57.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。GABAの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業はほとんどなく(あるとすれば10~20時間)、仕事を持ち帰ることもできないので、休日出勤もありません。

voice

勤務時間も入社時の契約で決まっているので、リズムは一定ですが、融通は利きません。

voice

学校は残業代を払ってくれるので、働いた分だけ残業代が出ますし、深夜のお給料ももらえます。

voice

シフト制のため、夜遅くまでやっていることが多い職場です。

voice

平日は午後から深夜まで、土日は朝8時からの勤務になることもあり、体調管理が大変です。

voice

もちろん、お客様のスケジュールによっては残業しなければならないこともありました。

voice

産休明けの時短勤務を除けば、平日は深夜、土日は早朝勤務なので、結婚との両立は厳しいかもしれません。

voice

年間休日も多く、残業も比較的少ないので、働きやすい職場ですが、給与面で不満を感じる方も多いのではないでしょうか。

voice

女性が多く働く会社なので、残業にも配慮しています。

voice

部署や上司によって考え方は異なりますが、残業代が出ないから基本的には仕事が終わったら帰る、というスタンスの人が多いように感じます。

voice

配属先の学校にもよると思いますが、私の学校は基本的に残業はありませんでした。

voice

レッスンごとに計算されているので、残業しても全く問題ありません。

voice

会社の方針は「残業なし」ですが、その日の最後のレッスンに体験レッスンやカウンセリングが含まれていて、それを見逃すわけにはいかない場合は、残業を強いられます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

基本的には休みが取りやすく、有給休暇も100%なので、働きやすい環境です。

voice

有給休暇を使い果たして退職することができました。

voice

他の社員との調整ができれば、有給休暇も取得しやすいはずです。

voice

シフト制で、一定の時間を好きなように取得でき、有給休暇は基本的に100%消化できます。

voice

将来的には本社勤務も可能なので、土日休みや有給休暇も取得できます。

voice

私の上司も、定期的に有給休暇の残数を知らせてくれるなど、全員が有給休暇を取得できるように積極的に取り組んでいました。

voice

有給休暇も取得しやすく、風通しの良い雰囲気です。

voice

上司や同僚も有給休暇を取る文化が浸透しているので、非常に休みが取りやすいです。

voice

学校にもよると思いますが、私が通っていた学校はどこも有給休暇は100%ですし、私の部下も有給休暇は100%です。

voice

まだまだ利用率は低いですが、応募すれば副業も可能なので、やりたいことがはっきりしている人はスケジュールを楽にするためにチャレンジしやすいですね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。GABAの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

早退した場合は、勤務しなかった時間分が時給から差し引かれます。

voice

仕事量が少なくても、基本給の水準を上げることで人の定着につながると思います。

voice

トップの売上を把握していれば、ボーナス1回で2ヶ月以上はかろうじて達成できますが、ほとんどの場合は月給制の方が良いでしょう。

voice

それでも給料は小規模で比較的退屈な学校と全く同じなので、あまり公平感はありませんでした。

voice

部署によっては、インセンティブの関係でボーナスが違うようです。

voice

給料があまり上がらないので、家庭を持ちたいと思っている男性には向いていません。

voice

階層別に分かれており、昇進や昇格のたびに月給や手当の額が変化します。

voice

カウンセラーのままだと、仕事は増えますが、給料面ではあまり変わりません。

voice

低賃金で辞める社員が急増し、離職率が非常に高い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。GABAはどうでしょうか。

voice

授業以外では、使い捨ての先生のように扱われているように感じました(実際、短期ビザで来ている学生もたくさんいます)。

voice

お金がなくても分割払いはできますよね」というクライアントさんにカウンセリングをするのは精神的につらいです。お金がなくても分割で払えますよ」という態度で、高額なコースを購入してもらうことを繰り返すのは、精神的にきついです。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

人が好きな人で成り立っている会社なので、どの店舗のスタッフも人柄が良く、陰湿ないじめや揚げ足取りはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

フレンドリーな人が多く、理不尽な行動をする人はいません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

就職説明会では、営業ノルマは全くないと説明されましたが、実際にはノルマは正確に存在しており、毎月達成するのにはそれなりの努力が必要でした。

voice

上下関係があまり厳しくなく、フランクな職場だと思います。

voice

営業ノルマは月300万~400万程度で、配属先の学校によっては達成が難しい場合もあります。

voice

お給料は、個人の成績、配属先のスクールの売上、ノルマを達成したレッスン数によって決まりますが、配属先のスクールの運に左右される部分もありますが、それなりに妥当な金額です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職手続きはとてもスムーズに進みました。

voice

現場管理者として、営業が生涯のキャリアであるかどうかを考えると、退職者が多いのも納得できます。

voice

正直なところ、大学院に行くため以外に辞める理由はありませんでした。

voice

辞めた理由の一つは、自分のキャリアパスが見えなかったからです。

voice

自分のスタッフを教育する立場であることに違和感を感じていたので、違う角度から営業をサポートしたいと思い、退職を決意しました。

voice

退職金もなく、男性の方が入社して退職する人が多い。

voice

モーニングパートナーとしての仕事に加えて、志もあったので、それを本業にしようと思って退社しました。

voice

退職後、本業の準備をしている間に雇用保険を支払っていたので、失業保険を受給することができました。

voice

学校のマネージャーさんがとても親身になって相談に乗ってくれたので、スムーズに退職することができました。

voice

将来のことを考えたとき、生活のリズムを整えたいと思い、毎日同じ時間に出勤できる職場に転職したいと思い、退職を決意しました。

voice

体調を崩して辞めざるを得なかったのですが、退職前に病気休暇を取得させてくれたり、できるだけ自宅に近い学校を指定してくれたりと、配慮してくれたことに感謝しています。

voice

おそらく、同じような理由で辞めていく若手社員もかなりいると思いますし、他の社員のモチベーションにも影響しているのではないでしょうか。

voice

私の場合は、13時45分の勤務サイクルが体力的に辛くなり、退職に至りました。

voice

離職率が高い理由をもう少し掘り下げてほしい。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。