ロッテホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ロッテホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 40.0 29.7 45.9
平均給与(万円/年) 522.5 440.2 54.4
有給休暇消化率 32.5 50.1 45.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ロッテホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

月に10時間程度の残業があることもありますが、残業代が出なかったことはないので、労働時間を考えると、働きやすい環境だと思います。

voice

時間は長く、常に残業がありました。

voice

残業は常にあり、1日平均3~4時間の残業とみなします。

voice

残業代などは含まれていますが、男性社員が代休を取ることはほとんどありませんでした。

voice

働き方改革の一環として、スタッフレベルの社員は、繁忙期であっても残業を制限されています。

voice

私が働いていたところは、残業を極力なくすことを奨励していました。

voice

営業で深夜まで働くことも珍しくありませんでした。

voice

年に数千円だったと思います。毎月100時間以上のサービス残業代は、労働時間のバランスを取るために1時間あたり500円くらいだった。

voice

ロッテ商事と健康産業(他にもあるかもしれませんが)については、残業代は30時間までしか支給されなかったと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間を通して、自分で計画的に有給休暇を取ることができました。

voice

有給休暇も比較的取りやすく、よほどのことがない限り土日も休めます。

voice

連続して有給休暇を取るというよりは、土日の前の金曜日に有給休暇を取って連続した休みにする人が多いのではないでしょうか。

voice

有給休暇の金額は部署によって違うと感じましたが、働き方が変わってきているので、意識すればバランスよく取得できると思います。

voice

部署にもよりますが、有給休暇の取得にはかなり積極的な風土があります。

voice

休日制度や勤務時間には満足していますが、忙しい時以外は、有給休暇は自分の好きなように取得でき、勤務時間終了後に帰宅することができます。

voice

代休が取れない場合は、休日出勤した分の給料が出るので待遇は良いですよ。

voice

ワークライフバランスを考えてくれる良い人や上司が多いので、商品開発や経理などの特別な仕事ではない一般事務でも休みが取りやすいと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ロッテホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは年に6ヶ月ほど支給されるので良いのですが、入社時の基本給は一般的な水準程度ですが、その後はあまり上がりません。

voice

業績が均衡している都市でも、一定のボーナスが維持されていることで社員のモチベーションが維持されているので、給与体系は悪くないと思います。

voice

あまり無茶な仕事はしていなかったので、この給料は妥当だと思います。

voice

上の方の管理職の責任感のなさにはがっかりしましたが、給料、特にボーナスが良かったので、辞める人はあまりいませんでした。

voice

入社時の給料は決して少なくはありませんが、他社で働いている友人と比べると、その後の改善の余地が少ないように感じました。

voice

営業職の残業代は全くなく、営業手当と呼ばれる少額の手当だけでした。

voice

基本給は同業他社と比べるとやや見劣りすると思います。

voice

ボーナスは夏と冬に2.75ヶ月分が支給され、会社の利益や人事評価との連動が少ないため、金額が予測しやすい。

voice

ボーナスについては、私が在籍していた頃は、業績が落ちても毎年支給されていたので、とてもありがたかったです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ロッテホールディングスはどうでしょうか。

voice

毎週水曜日はノー残業デーに指定されていたので、ほとんどの人が定時に起きていました。

voice

時間通りに帰れるので、習い事や趣味がたくさんできるのがとても良いです。

voice

定時で帰宅することは罪ではないので、ワークライフバランスは素晴らしいかもしれません。

voice

部署にもよりますが、本社では定時になるとエレベーターが満員になります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

親切で親切な上司もいましたが、パワハラ上司も多かったです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

昔は営業部を中心に「かっこいい」上司が多く、ノルマが厳しくて大変でしたが、最近はそれもなくなり、徐々に若い人の意見も取り入れられるようになってきたように思います。

voice

ノルマは非常に厳しく、毎月月末になると問屋さんなどに不足している数字を無理矢理にでも達成させようとしていました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

すでに退職して10年以上経ちますが、当時の店長とは今でもお付き合いがあります。

voice

このような環境でやっていけるのかどうか不安になり、会社を辞めようかと考え始めた。

voice

業績主義の徹底が自分には合わず、退職を考え始めました。

voice

事業部長レベルの人は全員退職勧奨されており、スタッフレベルの人しか残っていないようです。

voice

予算削減のため新都心の高層ビルから市営ビルへの移転を余儀なくされ、部長のほとんどが退職を勧告された。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。