株式会社 環のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社 環 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 30.0 29.7 49.9
平均給与(万円/年) 390.9 440.2 47.4
有給休暇消化率 54.0 50.1 51.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社 環に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社 環と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社 環の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

月末と月初は忙しく、残業もありましたが、特に大変ではありませんでした。

voice

企業としての取り組みはありませんが、残業しなければならないような雰囲気ではありません。

voice

当時は残業もそれほど厳しくなく、男性は結構残って仕事をしていたと思いますが、事務部門はほとんどありませんでした。

voice

正直、残業は多いですが、長く働いて売上で一定の成果を上げれば、職場としてはかなりいい感じだと思います。

voice

仕事の内容や質だけで判断されるのではなく、「どれだけ残業したか」「どれだけ残業したか」で判断されるのが現実です。

voice

待遇面では悪くはないのですが、残業が多かったように思います。

voice

完全歩合制です。残業もあり、福利厚生もありませんでした。

voice

数字を達成するためには必要なことであり、場合によっては残業も多いので、クライアントと自分次第です。

voice

年俸制なので、残業代も出ないし、仕事量が多すぎて折れない。

voice

残業は多かったですが、同業他社に比べれば給料は高かったと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日祝日はいつもお休みなので、その点では順調だと思います。

voice

土日が休みで、携帯電話の品質管理など最先端の技術を学べる環境があるのは魅力的でした。

voice

いずれにしても、私はサバサバした人間なので、会社を辞めるのが問題だと思う理由はありません。

voice

仕事中の休憩時間もなく、時間に追われて慌ててお昼ごはんを食べていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社 環の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年俸制なので、もちろんボーナスはありません。そもそもこの給料で人を養うのは無理だと思います。

voice

一度昇給しましたが、元々低かったので、劇的な上昇は感じませんが、0.0よりはマシです。

voice

年収は基本給が低く、残業もあまりなく、ボーナスも業績不振でカットされてしまい、かなりやりがいがありました。

voice

年俸制でしたが、ボーナスが変動し、業績不振で当初の支給額よりもかなり高額になったため、退職しました。

voice

いつまでも給料が上がるのは同じだが、ボーナスは上がらないし、質問にも答えてくれない。

voice

私が在籍していた時は、会社が黒字になればボーナスを出すと説明されていましたが、残念ながらボーナスは出ませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社 環はどうでしょうか。

voice

ぶっちゃけ、お店の労働条件はブラックですが、福利厚生はしっかりしています。

voice

就業時間のほとんどは定時に起きられ、昼食時の休憩時間も1時間程度としっかりと取れていました。

voice

今歌われているようなブラック企業にならないためにも、社員のワークバランスの意識はきちんとしておいた方がいいと思います。

voice

仕事の質で判断すると宣言していても、実際には子供ができて大変なことになっていて、定時退社は必然的に評価が下がることになるのではないかと思っていました。時間通りに退社しなければならないことに、一種の諦めのようなものを感じていました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

部署にもよると思いますが、そこの上司の悪口は聞きませんでした。

voice

陰湿な人が多く、それが原因でやめてしまう人もいる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

上下関係がはっきりしていて、しっかりとした社風ですが。

voice

面接時には聞いていなかったノルマがあったり、おすすめ商品や勉強会の押し付けで洗脳されていたりと、かなりのものがありました。

voice

ノルマがあり、それをクリアできなければ当然それなりに評価されます。

voice

公正な評価はあるが、厳格なヒエラルキーがある。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

偶然の辞職でしたが、多少の後悔はありますが...。

voice

方向性が間違っていたので退職しましたが、好きな仕事であれば価値があると思います。

voice

さらに、首をかしげながら「辞めることで会社や経営陣を助けている(助けてもらっている)」という無意味な論調をぶちまけて、後味の悪い辞職になってしまった。

voice

家業を継ぐために仕事を辞めざるを得なくなりましたが、その時に教えてもらった仕事への取り組み方や、その時に身につけた社会性を今でも活かせています。

voice

人間関係や給料の問題はありませんでしたが、自分の夢があったので辞めざるを得ませんでした。

voice

キャリアアップのために退職を決意しました。

voice

しっかりとした寄附金制度で、退職金もあります。

voice

将来的に地元を離れる可能性が高くなったことと、関西を離れる際に転職をしなければならない可能性が高くなったため、退職を決意しました。

voice

会社を辞めた理由は、自分の思い描いていたものとは違う仕事をしていたことと、自分の人生に新たな道を見つけたからです。

voice

私の場合は、上司との関係が悪くて退職しました。

voice

出産を機に退職する女性がかなり多く、女性が働きやすい職場ではありません。

voice

お前は歳のせいで回復しないだけだが、明日は暇だし、月曜日にはカヤタがお前とみんなに挨拶に行くから、俺も行くよ!」と言っていた。どこにいるの?探せないだろうな。社風はいいけど、福利厚生が悪くて離職率が高い仕事をしている人が多いんだよね。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。