ネットフロンティアのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ネットフロンティア について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.9 29.7 46.0
平均給与(万円/年) 314.7 440.2 43.3
有給休暇消化率 29.0 50.1 44.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ネットフロンティアの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

目に見える成果を出せば給料は上がりますが、基本は少しだけ高くなります。

voice

それでも給料は安いので、毎月残業代が出るのは嬉しいですね。

voice

年に一度の昇給で一気に基本給が10%アップするなど、他社に比べて昇給ペースが早かったように思います。

voice

女性社員の給料は極端に低かったと思います。

voice

充実していると宣伝していますが、ボーナスや退職金はありませんのでご注意ください。

voice

出向者には半年後に残業代を半年分一時金で支給されるので、ボーナスのような感じでwin-winの状況になっています。

voice

会社経験10年の人でも、産休明けに時短勤務に復帰した場合、給料が非常に低くなるだけだと言われました。

voice

それに比べて、男性社員の中には、中小企業にしては珍しく1200万円や1000万円の給料をもらっているという噂を聞いたことがあります。

voice

ボーナスはありませんが、その代わりに福利厚生の中に社員旅行があり、絆を深めることができます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ネットフロンティアの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

みなし残業なので残業代は全く出ませんが、みなし残業代まで働けと言われています。

voice

残業も多く、10時に帰宅できれば早い側にいたような気がします。

voice

みなし残業が45時間を超える社員はほとんどいないので、みんなの仕事の効率の良さに感心しています。

voice

みなし残業はみなし残業でしかないので、当然です。

voice

私は残業とみなされる時間よりも多くの時間を働き、その分の給料をもらったことはありませんでしたが、人生で頑張れば頑張るほどチャンスが広がるということと、それが日々の活動をする上での崇高な義務(noblesse oblige)であることを忘れてはいけないと思います。

voice

個人の仕事量が多く、残業も日常的に発生しています。

voice

12時過ぎまで働いても残業代は出ないので、時給換算するとコンビニのバイトの方がいいですね。

voice

残業代が申請制などで支給されれば、自分の頑張りが報われる部署もあるのではないかと感じました。

voice

もちろん、仕事量の多い社員とそうでない社員がいて、仕事量の多い社員は徹夜が多かった。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日出勤を申請せずに無給で働いている人もいました。

voice

有給休暇を取ることもないので、ワークライフバランスが取れていると思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ネットフロンティアはどうでしょうか。

voice

社長の言葉が毎回同じメンタリティに聞こえてしまい、あまり聞き入れられなかった人も多かったようです。

voice

仕事の合間に時間を割いて教えてくれたり、精神性や理想の大切さを思い出させてくれたことに感謝しています。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

以前、ある部長の話をしたことがあるのですが、いつも上司に「まだバイトじゃないの?"いつになったら正社員になれるの?いつになったら正社員になるんですか?

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

送別会への参加は禁止されているはずなのに、半強制的に参加させられているようで、時短勤務を余儀なくされている社員がかわいそうでした。

voice

買わないと宝くじは当たらない」「やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい」など誰もが聞いたことのある言葉をあたかも自分が作ったかのように説教し、社外の人を人生の師匠のように扱ってVIP扱いしている。それはなかった。

voice

今振り返ってみると、彼の言葉やアフォリズム、そして彼の考えに従った経営陣の考え方、社員に同じことを押し付けたことは正しかったのではないかと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

未来のために投票を促すための政治談義や、現代人よりもはるかに優れていたと言われる幕末の偉人の話など、インターネットとはほとんど関係のないことを学ぶ機会を提供してくれています。

voice

忍耐と規律の三原則を徹底的に叩き込まれ、それに倣って武士道を手本にするように言われています。

voice

上下関係が厳しい役職によって待遇に大きな差がありますが、それはそれで良いことだと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

その結果、約45人の会社では、3ヶ月で10人以上が辞めてしまいました。

voice

勤続5年以上の社員が次々と退職していくので、アーロンチェアが余っているようです。

voice

違う職種に挑戦するために会社を辞めました。

voice

送別会は禁止されているので、お酒が苦手な私にはとても助かりますね!?退職者にお金をかけても仕方ないですよね。

voice

辞めていく人も多いし、いい人も辞めていくので、辞めたいと思った時にタイミングが悪いと言われました。

voice

この情報は周知される前にほとんどの社員に漏れていたので、発表の時点では大したサプライズではなかったのですが、これから社内の役員が一斉に退社する理由や、これまで退社した元社員への説得力のある伝え方などを説明していくのでしょうね...。

voice

部署内の一部の人からの厳しい励ましや人間関係の悪化によるストレスから、退職や部署異動を希望する女性も少なくありません。

voice

ベンチャー企業では、年末に退職する人がいると、その人が持っている会社の目標を引き継ぐことが多いです。

voice

それまでの新規事業のほとんどが失敗に終わっており、撤退と同時に退職する社員もいたため、新規事業やグループ会社化への期待や希望を持たない社員が多く、利益中枢としての代理店事業の安定的な成長に注力したいと考える社員は懐疑的だった。という声が聞こえてきます。

voice

ここ数年は退職者の割合が高く、新卒者や他社での職歴がない、もしくはほとんどない人の割合が高い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。