株式会社NSDのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社NSD について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 65件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.8 29.7 50.3
平均給与(万円/年) 480.0 440.2 52.1
有給休暇消化率 55.6 50.1 51.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社NSDに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社NSDと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社NSDの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

夜勤や休日出勤などの変則勤務に加え、繁忙期には月70時間程度の残業があり、男女ともに体力と精神力が求められます。

voice

案件によっては稼働時間がかなり高くなり、36協定以上の残業をしなければなりません。

voice

配属された現場にもよると思いますが、お客様から残業代の精算をしてもらえないことが多く(そのような調整は見たことがありません)、要求されたラインをこなすためにサービス残業をしなければならないことがありました。しかし、必要なラインをこなすためにサービス残業をしなければならなかったのですが...。

voice

良い点は、残業が多すぎることはないと述べましたが、勤務地への配慮がないことです。

voice

残業地獄の人もいれば、公務員の仕事をしていて残業しない人もいる。

voice

上司が経費削減の指示を出したり、部下に激務(過大な残業)を強いたりして、部下の不満を募らせているケースも少なくありません。

voice

5、6年前までは無謀な残業を強いられ、残業代全額支給でやる気はあったものの、土日や徹夜での勤務が当たり前だったのですが、36協定が施行されてからは一変しました。だった。

voice

有給休暇が取りやすく、ほぼ毎日定時で帰宅できるサイトもあれば、毎日遅くまで残業したり、土日出勤のサイトもあります。

voice

一般社員の残業手当については、残業代が出ていたのは良かったと思います。

voice

現場によっては休日出勤が多く、状況によっては36協定違反になることも。

voice

1年目で100時間以上の残業を強いられた点。

voice

業界的には残業が少なかった。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は、自分の都合に合わせて取得することができれば、比較的簡単に取得することができます。

voice

夏季休暇や年末年始の年休を一定日数取得させる風潮は好きだけど、実際は有給休暇を取得しているだけで、有給休暇の取得率が上がるのが現実なんだけど、どうなんだろう。

voice

私が勤務しているサイトは比較的有給休暇が取りやすく、年度末には2日しか残らない(何かあった時のために取っておく)ので、ワークライフバランスの面では非常に恵まれていると思います。

voice

有給休暇はきちんと付与されていますが、部署によっては「休むのは良くない」という慣習が残っているところもあります。

voice

辞めても、上司は必要以上にプレッシャーをかけて有給休暇を取得させないようにしています。

voice

午前・午後半日の有給休暇制度を設け、有給休暇を取得しやすくしました。

voice

有給休暇の取得率はプロジェクトによって大きく異なります。

voice

残業や年次休暇の削減を推進するための全社的な制度がもっとあるべきだと思います。

voice

プロジェクトにもよりますが、「用事がある」と言えば比較的自由に有給休暇を取得できる印象が強いです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社NSDの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給はあまり上がりませんが、役職に就いたり、資格を取得したりすると手当がつきます。

voice

定期昇給は毎年数千円ずつしか上がらない。

voice

2008年には給与体系が大幅に改定され、若手社員の基本給は約27万円となりました。

voice

基本給が低く、ボーナスはその分の費用をカバーしているので、退職金などを計算する際にはある程度の注意が必要になります。

voice

基本給が低くても、この家賃補助+残業代があれば、新人の年収としてはかなりのものになります。

voice

基本給が全く上がらないため、入社時の給料は高いが、入社10年目以降は他社と比べて給料が下がる(退社する人も増える)。

voice

ボーナスは部署によって差があり、できる人でも部署を間違えると低くなる傾向があった。

voice

最初は地域手当がもらえるので額面通りはいいかもしれませんが、そこからのペースアップは微々たるものです。

voice

基本的に残業代を含めても薄給の印象があります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社NSDはどうでしょうか。

voice

まず、残業代の管理が悲惨で、一部では廃業の噂もあるほどでした。

voice

同業の小さな会社に入った友人と比べても、それほどブラックではなく、まともな生活が保障されていると実感できます。

voice

トラブルなどで別のプロジェクトに配属されても、時間外や休日に呼ばれることもあります。

voice

初任給は業界の割にはかなり高く、採用人数も多いので、いわゆるブラック企業なのではないかと入社前は心配していましたが、そんなことはありませんでした。

voice

人間関係は良好だが、PJのせいで仕事量が多く、心身ともにつらい状態が続いている。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、株式会社NSDではどのような現状でしょうか

voice

私と同じ職場に上司や先輩、派遣社員として来ていた人でも、うつ病で休職したり、別の職場に異動になった人もたくさんいましたので、最初に配属される場所によっても大きく変わると思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

社内でいじめを受け、休職しましたが、加害者は処罰されず、給料も減り、信用を失いました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

⇒部長からセクハラを受けた社員がいて、人事部に相談したが、結局何も変わらなかったという話を聞いた。

voice

部署や現場次第かもしれませんが、怒鳴ったり、パワハラをしている人は見たことがありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

当時の学科はどこか体育会系の雰囲気があったように思います。

voice

この会社の唯一のメリットは、先輩と後輩、上司と部下の上下関係がないこと。

voice

比較的、マナーや上下関係、身だしなみが整っていると感じました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

数年勤務した後、タイミングが良かったことと、将来のキャリアパスのために新しい環境に挑戦したいと思い、転職を決意した結果、退職を決意しました。

voice

関係性のある退職なので、自分の意見は参考になりません。

voice

辞めた理由の一つに、プログラマーという仕事自体が自分には合わなかったというのがあります。

voice

他の部署には、営業のような仕事を諦めきれずに先に辞めていった仲間もいました。

voice

プロジェクトを変更したいと思っても、話を聞いてくれないことが多く、「辞めることにしました」と伝えてからようやく動いてくれます。

voice

私の世代と私たちより前の世代では、役職が違ったり(仕事内容が細かくなったり)、社員が出入りしたり、仕事がなくなると肩を叩かれることが多く、自分の将来が見えないので辞めようと思ったこともありました。

voice

私は入社1年で退職したので、問題の会社に不備はありませんでした。

voice

会社の考え方の違いや職場の上司との関係性の違いから、調整がうまくいかず、体調を崩して退職しました。

voice

は、仕事の区切りがついたことと、新しい仕事の見通しが立ったことで、辞めることにしたような気がしています。

voice

大した昇給もなく、自由に評価をしてくれる人に振り回されるのが嫌だったので、辞めることにしました。

voice

安定感があるので、向上心がなく、プログラムに取り組んでいる時が一番楽しいです!と言う人にはお勧めです(退社を考える必要はありません)。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。