バンク・オブ・イノベーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに バンク・オブ・イノベーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 20件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 36.3 29.7 47.4
平均給与(万円/年) 411.8 440.2 48.5
有給休暇消化率 83.1 50.1 59.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。バンク・オブ・イノベーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇給がほとんどないので、報酬を見失ってしまう。

voice

給与はそれに応じて見直しを行い、月収が少しずつ上がる可能性があります。

voice

ボーナスや残業代が含まれていることを考えれば、最終的な額面は普通だと思います。

voice

プロデューサーなど権力のある立場の人もボーナスが出るそうですが、これも微々たるものだと聞いたことがあります)。

voice

上司に気に入られれば、数字が悪くても業績が悪くても、給料は無期限に上がります。

voice

評価基準が曖昧なので、基本的には給与は上がりません。

voice

当然、長時間労働でも給料はもらえないし、仕事が終わらなければ全て自分のせい。

voice

上記のように、基本的に部下が何をしているかわからないので、給与評価も含めて全てが自分の好きな部下かどうかで決まり、負のサイクルが始まります。

voice

人事考課で最高評価を受ければ上がると言われていますが、その最高評価を受けた人がいないのですから、上がらないのと同じです。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。バンク・オブ・イノベーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

上記の通り、60時間までは残業代は出ません。

voice

残業は60時間以上からカウントします。

voice

残業時間の削減に全社を挙げて取り組んでいます。

voice

働いていなくても評価に不利な点は特にありませんでしたが、残業が多い人(毎日残業している人)は上位に上がる傾向がありました。

voice

休日出勤に抵抗がなく、残業も多い人が好まれていました。

voice

長時間労働は効率が悪くなるのでよくないという方針でした。

voice

トップダウンで、社長の見込み残業制度であり、残業時間の裁量権はありません。

voice

業務内容によっては、突っ込みが多く、残業が当たり前の場合もあります。

voice

全ては社長が細かくチェックしているので、チェックを待つ間に残業をしなければなりません。

voice

社長の意図は、品質向上のために残業をどんどんさせたいということだったので、ワークライフバランスが取れる環境ではないと思います。

voice

デザイナーの評価制度がしっかりと機能しており、新卒で入社しても残業はほとんどなく、良い環境です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇も取得しやすく、希望の時間に取得できなかったことは一度もありませんでした。

voice

繁忙期を除いて、休みは好きな時に取れますし、取りにくいという雰囲気はありません。

voice

かなり多くの人が利用しているので、私も申し込んでみましたが、本当に効果がありました。

voice

自分や家族の誕生日に休める「バースデー休暇」という制度があります。

voice

社長を変えるよりも会社を変えた方が早いと思うので、誰かが転職しているのであれば、それが理由なのかな?そうだと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。バンク・オブ・イノベーションはどうでしょうか。

voice

(配属先のチームにもよると思いますが)誰に聞いていいかも教えてもらえず、いきなり専門的な仕事を任され、「なんで未経験者を採用しているんだろう」と現場は冷たく、精神的にも落ち込んでいました。

voice

毎日1~2時間程度の残業はありますが、納期さえ守れば定時退社は可能だと思います。

voice

運用中のチームに配属された場合、時間通りに上がれるようにすることです。

voice

仕事が終われば、時間通りに帰っても文句を言われない印象を受けます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が退職した理由の一つは、売れないチームに配属されたことと、給与や福利厚生などの待遇があからさまに悪かったことです。

voice

私は主に福利厚生を理由に退職を決めました。

voice

苦情が積み重なって退職する人も少なくありませんでした。

voice

まだ引退するのかと思っていましたが、退職後は仕事に復帰することができました。

voice

厳しく叱ってくれる上司がいなかったので、職場の雰囲気が緩んでいたことも退職理由の一つです。

voice

デザイナーとして入社したのですが、イラストのスキルアップには向かない職場だったので、辞めることにしました。

voice

有期契約やSESの人が多いですが、月末に一斉に退職を迫られることが多く(人件費削減のためか)、なかなか定着しないのが現状です。

voice

全社員に指示を出せるようなカリスマ性やプレゼン力がなかったため、カリスマ性のある副社長が後を継いだが、副社長の突然の退任で、社員からは「会社全体を引っ張ってくれる人がいない」という不安の声があがっていた。

voice

多くの社員や退職者が会社で働く意欲を失っており、人事や経営に致命的な欠陥があり、会社の存続が危ぶまれています。

voice

主要タイトルであるエクスカリバーとポケットナイツ以外は間もなく生産終了となり、2014年度には派遣社員を含む40名近くの従業員が解雇された。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。