サンドラッグのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに サンドラッグ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 173件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.1 29.7 46.3
平均給与(万円/年) 396.1 440.2 47.6
有給休暇消化率 28.6 50.1 43.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

サンドラッグに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、サンドラッグと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。サンドラッグの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

もちろん、アルバイトなので、時間前や残業はなく、定時で仕事をしていました。

voice

会社としては、早く帰ることを奨励していたのですが、社員数が少なすぎて時間通りに終わらず、休日出勤もあり、労働環境が悪かったのが原因です。

voice

サービス残業、急な異動、賃金不払い研修、業務量、人員配置、休憩時間が取れない。

voice

私は上司に恵まれず、手当もなく、残業もなく、休みもなく、休日出勤もなく、パワハラで早出してしまいました。

voice

残業時間の上限は45時間なので、その分までは手当がつきます。

voice

残業もほとんどなく、定時で帰れたので、プライベートも充実していました。

voice

早朝(朝6時から)の勤務が基本ですので、朝型精神の強い方、夜更かしをしたい方、寝る必要がない方にはピッタリのお仕事です。

voice

残業が多いにもかかわらず、残業代が支払われていなかったことも不満でした。

voice

毎日残業し、上司からのプレッシャーに怯える日々を送っていました。

voice

アルバイトに不満はありませんが、残業や休日出勤が当たり前のようで、管理職や社員の方を見ているのが辛かったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

私が入社した時は、有給休暇を買い取ってくれると言われていましたが、以前は有給休暇の残り日数×100%だったのが、今は30~40%程度で、1日3,000円程度になっています。

voice

基本的な有給休暇は退職前に取得するのが基本です。

voice

最近では有給休暇が取りやすくなってきたとはいえ、まだまだ上司次第なので、もっと有給休暇の取得を促すことが離職者の減少につながるのではないでしょうか。

voice

有給休暇は取れると思いますが、やはりサービス業なのでお店次第ですね。

voice

基本的にはシフトが終わる前に申請すれば、休みたい日に休むことができるので、プライベートと仕事の両立がしやすいです。

voice

オペレーターとして有給休暇を取ることはできないので、辞めるときにまとめて使う人が多いです。

voice

当時は、人間関係も良く、有給休暇も取得でき、とても楽しい職場でした。

voice

営業マンの中には有給休暇も取得している人もいるようで、それが当たり前になっている人もいるようです。

voice

よほどの理由がない限り、上から目線で疑われます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。サンドラッグの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは比較的高かったが、月給はあまり良くなかった。

voice

基本ボーナスは4ヶ月分程度だったが、会社の業績が悪ければ下げることも可能だった。

voice

ボーナスは必ず年2回(自分の定年前の冬に手取り40万程度)。

voice

私も行きますが、給料は勤続年数にもよるので、頑張って受験してみます。

voice

ボーナスの支給期間は夏冬ともに2ヶ月程度なので、今のところ平社員クラスのボーナスがカットされることはありません。

voice

昇給もそれなりにあるので、30歳くらいまでなら平均的な会社と比べても遜色ないと思います。

voice

年に2回、少額ながらボーナスが出たので、それが何よりも嬉しかったです。

voice

残業代は15分単位ではあるが確実であり、ボーナスも同業他社と比較して比較的高いと感じた。

voice

エリアマネージャー(以下、エリマネ)になると給料やボーナスが上がると思っているかもしれませんが、2~3万程度の昇給が期待できます。

voice

給与は他の競合他社と比較して非常に低いです。

voice

店舗系列の従業員の給与水準は業界平均程度だと思います。

voice

店舗負債であれば業績ボーナスに反映されますが、サブレベル以下の社員は特に固定給になります。

voice

給料などの面で不満はありますが、決まっていて変わらないので計画的に進めやすいです。

voice

昇給はあまり期待できませんが、女性なら数年働いて、子育てやブランクがあっても復帰して、それなりの金額でパートやフルタイムを選べるので、悪くはないでしょう。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。サンドラッグはどうでしょうか。

voice

労働基準局はこれまでも指導を行ってきたが、状況を改善しようとは全くしていない。

voice

アホみたいに感じて、定時で帰宅すると、意地悪なコメントをたくさんもらってしまう。

voice

産休・育休を取得した店舗は、運営する人手が絶対的に不足しているために経営が苦しくなっているようです。

voice

そうでなければ、おもてなしの精神はおろそかになってしまいます。

voice

このような労働環境のため、店舗の従業員の士気は高くなく、勤勉な従業員が体調を崩したり、精神的に参ったりすることも珍しくありません。

voice

仕事や福利厚生はホワイトで福利厚生が充実しているように見えても、労働力はどこよりもブラックなのです。

voice

離職率を見てもわかるように、若者を使い捨てにしているだけだと思います。

voice

上に行けば行くほど、労働環境はどんどん厳しくなっていきます。

voice

本社勤務の場合、部署によっては定時で帰れるところもありますが、店舗勤務の場合は22時までのシフトもあり、土日は休めません。

voice

6時~6時のシフト制で、夕方の終電までの勤務のため、体調不良や精神疾患の可能性が高い。

voice

時間がかかり設置が難しかった自動交換機を導入し、過不足の精神的負担を軽減しました。

voice

人間関係が複雑なので、人間関係に常に注意を払わなければならないので、その精神的なストレスを解消する方法があればいいなと感じています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

一昔前の話なので今はどうなのかわかりませんが、当時はパワハラがひどかったし、メリットは完全に無視されていました。

voice

優秀な管理職や部長はみんな辞めてしまったし、営業に残っているのは、リーダーになっても、自分のためだけにと勘違いしたパワハラや、自分のためだけにと思っている自己中心的な人、ブラック企業だと言いながら深夜まで無駄に働く人、上を騙すことしかできない人たち。

voice

今でもハラスメントが完全に無くなったわけではないので、人によっては本社の上の方にいる昔ながらの社員からのプレッシャーが多かれ少なかれあるような気がします。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

商品の価格が安いため、顧客は暴力を振るうことが多く、理不尽なクレームや非難に屈しているのに、会社は顧客を守らず、何事も顧客を第一に考えている。

voice

そうなれば、当然、従業員のボーナスも厳しくなり、監査も厳しくなり、不当な控除でボーナスが減額されることになる。

voice

公休日を利用し、半強制的に参加させられているとはいえ、研修が悪いわけではないという事実。

voice

仕事の課題を与えられた時には、時間の目安であり、絶対に課題通りに終わらせる必要はないと説明されますが、実際に仕事が滞った時には、課題通りに仕事をしなかったことを叱責されます。

voice

急な休職ができないので、結婚式は前々から決まっていて行けないのはいいのですが、子供が急に熱を出して帰れなくなって葬儀に出席するのも大変ですよね。 本も結構書かせられる人が多い印象があります。

voice

中には、当然のことながら非常に厳しく、理不尽な上司もいます。

voice

お店を経営するために必要な資格は、義務的なものであり(ビジネスに必要不可欠なものなので)、受験料は一切かかりません。

voice

自由参加と書いてありますが、参加は強制で、参加しないと本社から上司に連絡が入り、叱られることになります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系になりたいという風習は部分的にあったし、自分の考えを持ちすぎていた。

voice

かなり厳しい環境なので、転職活動をしていた時に「X年も頑張ってきたんだね、根性があるんだね」と評価されたのには驚きました。

voice

ボリュームのある店内を維持するには、気力、根性、体力、そして売上を目指す姿勢が必要です。

voice

ターゲットというノルマがあり、おすすめ商品を売らなければならない雰囲気があり、場合によってはこの商品の方が良いと思っていても、おすすめ商品を売らなければならないという思いが接客の妨げになっていました。この商品の方が良いと思っていたとしても、おすすめ商品を売らなければならないという思いが接客の妨げになっていたのだと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

今も退職者が後を絶たないが、危機感がなく、薬剤師以外の社員は結局使い捨ての要素であることを実感し、社員を大切にしない会社に不安を感じて退職を決意。

voice

会社のシステムに不安を感じ、50歳の自分がこの会社で働くということがどういうことなのかわからず、退職しました。

voice

大量退職者が出ており、従業員への配慮に欠けている。

voice

それは、職場環境が整っておらず、離職者が後を絶たないからです。

voice

退職した時に年金手帳を返して欲しいと連絡したら、返せと言われた。

voice

女性社員はこの対応が気に入らず退職したが、女性側に非があると判断されたのか、友人(女性)の中にはこの対応を気にしていた人もいた。

voice

体力的にも金銭的にも限界を感じて退職しました。

voice

辞めた理由は人手不足だったので、半年間で10店舗くらいに派遣されてサポートしてもらったから。

voice

昇進については、早期退職者が多く、在籍者が少ないことが関係している。

voice

それでも体力の消耗に限界を感じ、引退を決意しました。

voice

結婚を機に退職しましたが、環境はとても良かったです。

voice

退職理由は、年4回の転勤があり、店に慣れる頃にはまた転勤になっていました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

重いお米やペットボトルの仕分けがあり、女性にはかなりの負担になります。

voice

分単位で行動予定が書かれた仕事があったのですが、接客やアルバイトやパートの方からの営業電話に対応しなければならず、仕事についていけないことがありました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。