飯田産業のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 飯田産業 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 46件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.6 29.7 52.8
平均給与(万円/年) 428.4 440.2 49.4
有給休暇消化率 38.7 50.1 46.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

飯田産業に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、飯田産業と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。飯田産業の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

終業後30分は休憩扱いとなり、残業代は支給されません。

voice

一般事務は残業が少ないのが一般的です。

voice

残業は月60時間、休日出勤は当たり前、給料は安い。

voice

施工管理の仕事は現場での時間が長く、残業が当たり前。

voice

残業もなく就業時間内にスピーディーに働けるので、プライベートも充実できます。

voice

昔に比べると、休日出勤は減ったが、職場によって全然違う。

voice

社員は基本的に深夜や休日はダラダラと働いている印象が強いです。

voice

残業があるとすれば、月次決算の1日か2日に数時間程度。

voice

営業マンも週末は帰宅が遅く、営業の準備をしていますが、平日は比較的のんびりしているようです。

voice

営業マンは休日出勤や終電近くまで残業するのが当たり前だった。

voice

まず、入社時には週休2日制と言われていましたが、実際には1日しか休みがなく、残業はあまりないと聞いていましたが、終電で帰らなければならない日が多かったことに違和感を覚えました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

営業職でなければ、有給休暇は比較的取得できます。

voice

会社は有給休暇を強制的に使用させ、それは月末になります。

voice

残業は事前にお願いして、事務員の管理をきちんとしています。

voice

残業代の申請が難しいので、終わったらすぐに帰れる環境を作るべき。

voice

有給休暇については、会社の推奨期間(GWなど)以外で取得する人はほとんどいないので、どんどん溜まっていきます。

voice

部署にもよると思いますが、サラリーマンは有給休暇が使えるようでした。

voice

6日間で2~3日は会社を休んで、残りの2~3日は有給休暇として使うべきですね~ワークライフバランスは難しいのでしょうね。

voice

有給休暇は取得していますが、業績不振や繁忙期には申請して何事もなかったかのように出勤しています。

voice

いつものように有給休暇を取得しましたが、使いきれませんでした。

voice

上では、その嫌味な人は100%有給休暇中で、上司に報告せずに無断で早退するのが当たり前になっています。

voice

当時は定時で帰ることはほとんどなく、有給休暇もなかなか取れませんでしたが、今は改善されていると思います。

voice

出産?出産?出産?男性は有給休暇が取得できない傾向にありますので、期待しないようにしましょう。

voice

有給休暇が仕事に支障をきたさない限り、金銭面では取得しやすい。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。飯田産業の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

不動産仲介と違い、基本給が高く安定しています。

voice

ホームトレードセンターは歩合制なのでボーナスはありませんので、売らなければ月15万円の収入になりますので、貯金で生活している人もいます。

voice

ボーナスの額は評価や実績によって大きく異なります。

voice

月収が基本給だけの時は上司にも会わせてもらえませんでした。

voice

ボーナスは手渡しだが、面倒なので振り込んでほしい。

voice

今年はボーナスやインセンティブの配分が変更され、以前よりも低くなっていて、何よりも気になる。

voice

ボーナスは良いのですが、毎月の給料は忙しくても忙しくなくてもあまり変わりませんし、実力主義と言っていますが、仕事が多くても少なくても年齢に応じてもらえる金額が決まっているので、会社のモチベーションが下がってしまいます。

voice

家族手当や住宅手当もなく、月給も安い。

voice

入社1年目は運良く営業を連発し、不動産業界未経験の私はボーナスにドキドキしたのを覚えています。

voice

最近では、購買担当者の給与体系を一部の上位者のみの給与体系に変更しました。

voice

営業では、売れれば給料が上がると思いますが、当時は女性管理職はいませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。飯田産業はどうでしょうか。

voice

それ以外にも魅力的なものがないし、それ以上に労働環境が悪いので、改善すべきだと思う。

voice

他部署との連携があまりにも惨憺たるもので、すべての責任を営業に転嫁してしまう。

voice

家族手当もなく、定時で復帰できる制度もあるはずです。

voice

コロナ騒動で一時期導入されたテレワークも今後は導入されないようなので、そのあたりのライフワークバランスは他社と比べても難しいのではないかと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

当時は、各店舗のパワハラがひどすぎて、経営者がやりたい放題だった。

voice

セクシャルハラスメントやパワハラは多かれ少なかれ残っています。

voice

パワハラが常態化していたり、部長や部長級の社用車で通勤していたり、ビルダーや司法書士事務所からのバックマージンが常態化していたりと、横暴な経営陣が腐っている会社でした。

voice

転勤で遅咲きの上司に2回も殴られたことがありますが、それはパワハラでした。

voice

パワハラなどのホットラインがあるのですが、そこに連絡するとそこから漏れてしまい、ゴシップなどで他の営業所などに流れてしまいます。

voice

営業所の中には、経営経験の少ない権力者もいます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

研修中は、講師の言っていることとやっていることが違いすぎたり、理不尽なことが多く、理解できませんでした。

voice

お店によって違うと思いますが、怒鳴り声が多いところもあり、改善する必要があると思います。

voice

数字だけでなく、工程管理も厳しく、一日でも遅れると呪われる。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

基本的にはサラリーマンなので当たり前ですが、ある程度の上下関係はあります。

voice

悪い意味で体育会系で、家に帰ったらやることが多すぎて休みが取れない。

voice

私が入社した時は、とても体育会系の環境だったので、普段は支店長とは話せないほど、上司との間に壁があるように感じていました。

voice

同業他社と比較しても、無理なノルマを課せられることはありませんでした。

voice

残業が平気な人、上司からの罵声を我慢できる人、お客さんのわがままを利用できる人、コミュニケーション能力が高い人が良いと思います。

voice

上司や管理職にはかなりのノルマがあり、そのプレッシャーを部下にかけています。

voice

ノルマを達成している社員は超多忙で新人の面倒を見る暇もなく、ノルマを達成していない社員は完全に浮いてしまう。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職者が多く、同期の半数以上が2年以内に辞めていました。

voice

社内環境があまりにも酷くて、辞めざるを得ませんでした。

voice

私自身の問題と、家庭と仕事の両立が厳しいと感じたため、退職しました。

voice

環境に慣れてくると居心地が良くなってきましたが、将来のことを考えた時、自分のスキルアップと人間性を高めたいと思い、退職を決意しました。

voice

毎月の人事報告書には、毎月の退職者が記載されています。

voice

社員を一番大切にしない社風なので、それまでに辞めてしまうか、対応が甘い人が圧倒的に多いのですが、丁寧に教えてくれる人は稀にいます。

voice

私が退職したのは、私が仕入れをする人たちともっと一緒に過ごしたいと思ったことと、もっとお客様に寄り添った仕事をしたいと思ったからです。

voice

みんな仕事が忙しくて、あまり話す機会がないまま退社してしまいましたが、もう少し頑張ろうと思いました。

voice

営業マンの離職率はどこも高いと思いますが、ここの会社はデザインや施工も高いと感じました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。