マイソクのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに マイソク について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 9件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 48.9 29.7 42.4
平均給与(万円/年) 375.6 440.2 46.5
有給休暇消化率 20.0 50.1 41.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。マイソクの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間が長く、残業代が全く出ないので、妻子がいるとプライベートの時間があまり取れません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

では、有給休暇とは何か、いつまでに取得したい日に取得することが許されているのか?と疑問に思っていました。

voice

有給休暇は取得できるが、希望の日数を取得するのは難しい。

voice

有給休暇は制度の一部ですが、実際にはほとんどありません。

voice

子供の入学式や運動会などを申し込んだ時に、同じような年齢の他の社員が同じ希望を持っていて、他の社員が我慢したり、同じような気持ちになったりしているので、その人たちの気持ちを考えて!と言われました。と言われました。

voice

健康診断で悪い結果が出た場合は、有給休暇を使って精密検査をさせてもらいたいのですが。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。マイソクの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料やボーナスに満足したことはありません。

voice

決算年にはほとんど昇給がないにもかかわらず、会社全体の売上が悪いと減給になる。

voice

給料の支払いも入社時が一番良かったのですが、年収が年々下がっていきました。

voice

会社の景気が良くても、年に1%の昇給はないかもしれません。

voice

意識の高い社員は宅建士などの資格を取得しますが、残念ながら給与に反映されることはありませんでした。

voice

最初は満席だったとしても、減点方式なので、常に売上や契約を前年比100%以上アップさせていかないと評価が上がらないのです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

業者の中には、かなりメチャクチャな業者も多いので、怒鳴られたり、理不尽なクレームを何度も言われたりすることになるので、それに耐えられるだけの精神力を身につけることができるかもしれません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

景気はある程度会社に影響するので仕方がないのですが、景気が良くて売上が順調に上がっていても昇給が欲しかったのが退職の一番の理由でした。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

仕事中のケガで労災などの給付が受けられず、不安を抱えながら仕事をしていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。