株式会社サトーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社サトー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.4 29.7 51.7
平均給与(万円/年) 420.7 440.2 49.0
有給休暇消化率 47.7 50.1 49.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社サトーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社サトーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社サトーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業が多いので、全体的に給料は安いと思います。

voice

月給は少ないですが、ボーナスが年間150万円ほどありました(30代前半)。

voice

給与に関しては、普通の会社よりも多くもらえるかもしれませんが、現場側(営業・サービス)の20時間分の残業代は月給に含まれているので、20時間を超えても22時以降までは別途残業代が支給されません。

voice

新卒5年目くらいまでは、他の会社の友人よりも給料が多いような気がしますが、昇給がほとんどないので、30歳くらいになると他の会社よりも低くなります。

voice

結婚していて奥さんに給料を握られている場合、日当はへそくりで自分の自由に使えるお金しかないのではないでしょうか?

voice

新卒ではそれなりの金額ですが、その後の給料が劇的に上がることはないでしょう。

voice

4月に入社したのですが、6月のボーナス期間中に入社して2ヶ月なのに、ボーナスが満額支給されました。

voice

福利厚生がなく、通勤手当すらないので、給料が少し低い気がしますが、これはかなりのデメリットだと思います。

voice

残業代は一律売上手当として設定しています。

voice

店長レベルになると給料がぐっと上がって、店長になれば満足のいく給料がもらえると聞いたことがあります。

voice

営業時間は公務員並みなので、給料は仕方ないかもしれません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

その月の目標を達成するためにプッシュしなければならない体育会系の会社です。

voice

経営者は低学歴、体育会系のボッタクリ、品がない。

voice

体育会系の女性も優遇されていたようです。

voice

社風は典型的な日本の体育会系の会社です。

voice

体育会系で生き生きとした新入社員が活躍してくれます。

voice

営業マンはクビにならないように、社内政治に細心の注意を払って仕事をしていることは否定できません。

voice

ノルマを達成することに喜びを感じるタイプの方にはぴったりです。

voice

当然のことながら、営業マンは毎月の営業ノルマを達成するのに苦労しています。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社サトーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

配属された部署によっては、長時間勤務や休日出勤もあります。

voice

労働時間については、営業手当では22時までは残業できないので、毎日残業するのが一般的です。

voice

職種によってかなりばらつきがあり、例えば営業職は残業が当たり前で、深夜まで働いている人もいました。

voice

平日の残業は、場所にもよりますが、1日平均3時間程度、朝と夕方になります。

voice

システム系の仕事の場合は、顧客対応以外にも内勤業務が多いため、状況によっては残業が発生することもあります。

voice

営業手当はありますが、実際の労働時間に比べると非常に少なく、残業手当はもっと良いと感じました。

voice

みなし残業制度はありますが、休日以外は残業できる時間に制限があります。

voice

業務量が多いため、残業時間を減らすことが難しかった。

voice

私の所属していた部署は、上司によっても変わりますが、残業が当たり前の雰囲気でした。

voice

一応、水曜日はノー残業デーですが、営業ではありません。

voice

残業時間の削減やパワハラ禁止のアピールは。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

月に1日の有給休暇が必ず使える「週休3日制」や、最大5日間の有給休暇が取得できる「リフレッシュ休暇」などの制度があります。

voice

他社に比べて有給休暇が取得しやすく、年間を通して連休との併用を全社的に奨励しています。

voice

勤務先にもよると思いますが、有給休暇が取りにくい雰囲気がありました。

voice

職場によっては、上司によっては、事前に残業の要請が認められず、事後の残業要請ももちろん認められないこともありました。

voice

有給休暇の取得率を上げようとしていますが、売上とは関係ありません。

voice

特別有給休暇制度がありましたが、制度の利用自体に嫌味や不満を言っている人はいなかったと思います。

voice

年1回、連続5日間の有給休暇のリフレッシュ休暇があります。

voice

残業代を申請できる制度はありますが、基本的に残業はできないという暗黙の了解の雰囲気があります。

voice

有給休暇は比較的自由に取れますし、あくまでも私の主観ですが、手当も十二分に支給されました。

voice

上司が年休に理解があるので、休みが取りやすいのが気に入っています。

voice

週休2日制に加え、夏季・年末年始休暇もあり、リフレッシュできます。

voice

土日祝日が休みなのは、やはり大きいですね。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社サトーはどうでしょうか。

voice

ホームページでは、社員を大切にしていると書いているが、それは間違いで、人事部は営業部の命令で機能しておらず、ブラック企業そのものである。

voice

あなたのビジネスが時間通りに帰宅できるのは初めてではないと考えてください。

voice

本社はよほどの理由がない限り、早退(17:30-19:00頃の定時退社)を義務付けていました。よほどの理由がない限り、本社は従業員に早退(17:30~19:00頃?

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

どうやら、普通に仕事をして、上司の噂話をしたり、飲みに誘ったり、悪口を言ったりすることで評価を得られるらしい。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラ、セクハラ、アルハラ、モラルハラスメントの巣窟です。

voice

ハラスメントが多く、部長・役員だけの飲み会でも一席で飲むのは恥ずかしかった。

voice

ハラスメントが多く、内向的な人や繊細な人には厳しい面があります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社が嫌いなわけではないので、辞めようかどうしようかとても悩んでいました。

voice

退職を考えていた理由の一つに、会社の社風が体育会系で、自分には合わないと感じたことがあります。

voice

会社のホームページを見ると、人に優しい会社だと書いてあるが、退職者の多さに疑問を感じた。

voice

会社が悪いのではなく、お互いの意見が合わずに退職を決意しただけなので、参考にならないと思います。

voice

退職しようと思ったきっかけは、営業が物を売っていたこと。

voice

これからの仕事人生はこれでいいのだろうか、と思い始め、退職を決意しました。

voice

家庭の事情で移転を希望していましたが、数年前から話をする約束もできず、話し合いの末に退職しました。

voice

平日の日中は、家族サービスの環境が全く整っていなかったため、退職しました。

voice

当時は楽な部署があり、施設などを安く利用する人もいましたが、リストラが行われ、多くの社員が日々成果に追われている今、そのような接待はできないかもしれません。

voice

新卒で入社して定年までにどれだけの社員が活躍するかはわかりませんが、中途採用者が非常に多い会社であることは間違いありません。

voice

退職後、外資系企業に転職し、ようやく自分のスキルと課題を洗い出しました。

voice

内勤営業が得意で、上司に気に入られなければできないと思っていた人事担当者が何人かいましたが、それができなくなって退職した社員もいました。

voice

私も含めて、若手や中堅社員の退職者が多いようです。

voice

営業職の既婚者で子供のいない女性が、内職への転勤希望を出しても受け入れてもらえず、辞めてしまう人もいます。

voice

私が退職した後も、現役社員を含めたOBが集まって情報交換をしたり、近況を聞いたりしています。出産と育児を両立している女性が多いですね。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。