金融システムソリューションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 金融システムソリューションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 8件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.5 29.7 50.9
平均給与(万円/年) 303.8 440.2 42.7
有給休暇消化率 64.3 50.1 54.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。金融システムソリューションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間については、基本的には所定労働時間(8時間)+残業があります。

voice

私の場合、残業代は支給されていましたが、派遣先によっては手当なしで最後まで残業していたところもありました。

voice

残業90時間、土日出勤のような現場もあります。

voice

残業しても年収はそれなりにあるけど、それがないと生きていけない。

voice

現場によっては残業がほとんどないところもあり、土日出勤はほぼ不可能。

voice

異動先の会社に翻弄されて、残業時間の調整ができないようです。

voice

良い点は、そこまで残業を強いられることがないこと。

voice

月20時間程度の残業代で計算)。

voice

残業代の単発支給も非常に少なく、改善が必要です。

voice

毎週日曜日には地元の吹奏楽部のリハーサルがあるので、その二つを組み合わせることができたと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休暇や有給休暇はプロジェクトの場所にもよりますが、比較的柔軟なプロジェクトであれば連続して取得することができます。

voice

有給休暇が取りやすいかどうかは、駐在先にもよるので一概には言えませんが、かなり取りやすいと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。金融システムソリューションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスや昇給の金額を比較すると、金額が低すぎる。

voice

基本給、技術手当、住宅手当を合計すると、残業をしなくても、他の会社の新卒と同じくらいの生活がやっとできます。

voice

ボーナスについては、基本給が(基本給×グループ全体の会社ランク+会社からの個人評価)で構成されているため、他の会社と比較してもかなり低いです。

voice

新卒で入社して10年目にもかかわらず、ほとんど昇給なし。

voice

10年働いても初任給と大差ないし、共働きでないと結婚して家庭を持つのは無理。

voice

基本的には派遣業で、営業は2人しかいないし、孫請けとか孫請けとかそういうのばかりで、ほとんど意味がなく、安い給料で社員から中抜きしてなんとかやっている会社です。

voice

残業代は全額計算されるので、たくさん残業すればたくさん稼げます。

voice

基本給と技術手当(営業手当)は別々に上下します。

voice

住宅手当は月給に含まれています。

voice

基本給10万円、技術手当6万円、住宅手当2万円は他の会社の基本給と同じくらいなので、お手当が出るという詩を書いても意味がありません。

voice

40代の現場監督の基本給が新卒とほとんど変わらないという不幸な状況も多々あります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

頑張ったつもりでも、評価されなかったり、クビになったりすることもあるので、頑張って頑張らないといけないと思います。

voice

社長はワンマン経営で、若手社員をターゲットにして、賃金を上げない戦略で自主退社させているのだろう。

voice

基本的に昇給や昇格は期待できませんし、中途採用者は最初は内定をもらっても、すぐに評価がマイナスになり、どんどん降格していきます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。