ウィプロ・ジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ウィプロ・ジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.3 30.1 51.9
平均給与(万円/年) 600.0 431.9 60.1
有給休暇消化率 55.0 47.6 52.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ウィプロ・ジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

経営者の名のもとに、毎日終電でも残業代が全く出ませんでした。

voice

インド人が率先して、日本時間の深夜になるとWEBearなどのサービスを拒否していた。

voice

忙しさはプロジェクトによって異なりますが、基本的に深夜残業や週末出勤はないので、これを機に国内の大学院でMBAなどの学位を取得してキャリアアップする人もいます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

とりあえず、有給休暇が取れるのは良いことだと思います。

voice

休暇の使い方も、常駐先の環境やスケジュールに左右されるケースが多いですが、私は毎年10日程度の休暇を問題なく取得できています。

voice

年に一度、レクリエーション支援のための土地交付金を申請することができます。

voice

年末年始と夏休みなしで年の半分から働いていたのは人生で初めてのことでした。

voice

プロジェクト終了時には自由にお休みが取れる環境です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ウィプロ・ジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与体系は年俸制で、昇給はほとんど期待できず、入社時の年俸からの伸びはほとんど感じられない。

voice

3~4年であきらめて、昇給のために転職する人が多い。

voice

技術職は営業職のようなインセンティブボーナスはありませんが、プロジェクトに配属された場合、3ヶ月に1回程度、年収の3%程度のボーナスが支給されます。

voice

成功していても、プロジェクトとしての利益が出ていなければ、ボーナスが下がる可能性があります。

voice

こちらからアピールしないと、本気で昇給を検討してもらえないし、昇給もあまりしない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ウィプロ・ジャパンはどうでしょうか。

voice

定時で帰れる安定したプロジェクトもあれば、毎日終電があるプロジェクトもあります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

インド人講師はインドから電話する必要性を全く感じない、オンライントレーニングは使い勝手が悪い、契約の仕方すらわからない、強制的に受けなければならないものはメールで来るが、年末になるとアクセスできない、などなど。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

プロジェクトを遂行する能力がない場合は解雇され、6ヶ月以内に別のプロジェクトが見つからない場合は解雇の対象となる場合があります。

voice

インド企業自体が日本での事業拡大に苦戦している面もあるので、あと10年もすれば、引退しなくても世界はうまくいっているだろう。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。