パイオニアのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに パイオニア について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 106件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.9 29.7 52.3
平均給与(万円/年) 642.7 440.2 60.8
有給休暇消化率 51.2 50.1 50.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

パイオニアに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、パイオニアと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。パイオニアの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与・ボーナス:メーカーにとって給与は可もなく不可もなく。

voice

削減すべきは経営陣と管理職の福利厚生だと思う)平均的な従業員の給料まで削減されている。

voice

減給は2014年3月で終了する予定だが、ボーナスはまだ決まっていない。

voice

最近はボーナスが少ないことを除けば不満はありません。

voice

個人の成績がボーナスや給料に反映されたことも、頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

voice

住宅手当については、単身者で2万程度と、見劣りするほどではありません。

voice

40代以上の優秀な人はもう辞めてしまっているので、残っているのは、仕事ができなくても給料が良い40代以上の人か、給料が低くて忙しい若い人だけです。

voice

私が選ぶとしたら、私と同じくらいの給料をもらっていて、パフォーマンスが非常に悪い人がいるので、給料を下げるべきだと思います。

voice

最近は残業規制が厳しくなっていますが、正当な理由で残業する理由を上司に説明できれば、残業は可能ですし、残業代や福利厚生を含めた年収は同業者よりも高くなります。

voice

基本給の上昇はありませんでしたが、社内のグレードアップによる基本給の上昇がありました。

voice

基本給が下がらないから人件費が年々上がる⇒希望退職を繰り返す。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。パイオニアの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

基本的に1時間以上のサービス残業は許されないシステムになっています。

voice

残業時間には上限があり、上限を超えた分は申請が必要です。

voice

労働時間については、景気の影響で残業が多くなってきたので、以前よりも早く帰宅できるようになったと思います。

voice

部署にもよりますが、基本的には有給休暇の設定や取得が自由にでき、休日出勤もほとんどなく、仕事とプライベートを切り離してワークライフバランスを保つことができます。

voice

年度末など、予算の関係で残業が必要な場合もあります。

voice

残業代は最低でも支給されますが、残業規制が厳しいので、結果は組合に頼らざるを得ません。

voice

一度問題が発生すると、深夜や休日にお客様の対応をしなければならないこともありますが、これは非常に稀なことだと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

部署によっては有給休暇のインセンティブデーがあり、その日は休みが取りやすい。

voice

部署によっていくつかのカレンダーがありますが、年に一度、有給休暇を連続して取得できる制度があり、自分の好きなように休暇を設定して利用することができます。

voice

私が在籍していた頃は、フレックスバケーションと呼ばれる有給休暇が年に一度、5日間連続で取得できました。

voice

有給休暇も最大25日まで取得可能で、組合員の平均取得日数は約22.0日。

voice

休んでいない分は有給で支給されますが、有給休暇の代わりに休むことを優先しなければなりません。

voice

年次有給休暇の取得計画を年初に策定し、申告する制度を設けている。

voice

残業は日常茶飯事ですが、有給休暇は比較的取りやすいので、旅行などのリフレッシュの機会もあります。

voice

年に一度、連続5日間の有給休暇を取得できる制度があり、ほとんどの社員が取得できているようです。

voice

有給休暇は仕事に支障がなければ取得しやすく、年に一度はフレックス休暇と呼ばれる連続休暇(7日間)の取得が義務付けられていました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。パイオニアはどうでしょうか。

voice

現場は派遣社員で管理されているため、働きやすさの面では非常に劣悪な環境です。

voice

出産して仕事に復帰してからは、時間通りに出入りできるように仕事を割り振るようにしています。

voice

女性管理職はまだまだ多いと思いますが、数年前のような過酷な職場環境から脱却しつつあるように思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

仕事にやりがいを感じていましたが、休日に呼び出されて「同僚の世話(家事)」をさせられたり、仕事とは関係のない「同僚の世話(家事)」をさせられたり、毎日のように殴られたり、階段で足をつかまれたりと、職場のいじめとは違う奇妙な主従関係に悩まされていました。

voice

人間の陰湿さばかりの会社になってしまったのを見て、辞めることにしました。

voice

女性が活躍できる職場だと思って入社したのですが、女性の権利を振りかざす一部の社員のせいで、色眼鏡で見られたり、「なんで生理休暇なのにデートに行くんだよ!」とか、悪口を言われたりしました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

いわゆるブラック企業で見られるようなパワハラを起こす上司はほとんどいません。

voice

とても良い人が多くて働きにくい部署もありますが、パワハラがあっても注意されたり降格されたりすることはありません。

voice

パワハラをする社員は少ないように思います。

voice

子育てをしながら時短勤務や有給休暇を取得できる部署もあれば、上司からパワハラのような扱いを受け、メンタルヘルス不調に陥る部署もあります。

voice

管理職研修がかなりしっかりしていたためか、いわゆる「パワハラ」の傾向はありませんでした。

voice

セクハラを受けても我慢せず、周りの同僚に相談しましょう。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

役職が上がるにつれて、理不尽な仕事の指示がどんどん出てきます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

事務職は個人開発の仕事に適した職人気質や人柄の持ち主が多く、営業部は体育会系ではないがそれに近く、自由ではあるが年功序列もしっかりしている。

voice

ノルマや押し付けがましい仕事もありますが、基本的には自分がやりたいことを宣言して、上司や周りの人が認めてくれればやらせてくれます。

voice

上下関係はフラットで、実力があれば早く出世できる組織でした。

voice

上司に完全に逆らった一方的な上下関係でした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

プロジェクトリーダーとのワープができないなどの理由で、いつ出発するか考えていた。

voice

仕事がマンネリ化していたのと、異業種・異会社への興味が高まっていたので、退職を考えていたのですが、いろいろ考えた結果、実際に退職しました。

voice

会社の都合で早期退職特別奨励金に応募しました。

voice

私は研究所の真の解散に絶望して研究所を後にしました。

voice

業績不振による特別退職金、いわゆる希望退職を申請しました。

voice

今後の仕事の可能性や会社自体の継続性を考えると、このまま会社に残るのはリスクが高いと考え、退職優遇制度に応募しました。

voice

残念ながら、私が働いていた職場は閉鎖されてしまい、私は辞めることにしましたが、とても良い職場でした。

voice

在職中はもちろん、退職後も社内の人間関係は良好で、過去に退職した同僚とは今でも良好なコミュニケーションを保っている。

voice

部署が廃止になった時、他の業界も経験しましたが、自分の本来の力を発揮できる場所ではなく、惰性で働いて、このまばゆい定年までたどり着くしかないと思い、退職しました。

voice

何年も相談しても対応してもらえず、転職の妨げにならないようにと退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

私の知る限り、女性だけが掃除やお茶出しをしている部署はありません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。