アイ・ティー・エックスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アイ・ティー・エックス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 108件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.7 30.1 54.1
平均給与(万円/年) 428.3 431.9 49.8
有給休暇消化率 47.0 47.6 49.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

アイ・ティー・エックスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アイ・ティー・エックスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アイ・ティー・エックスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業については、分単位で勤怠を把握しており、月単位での過重労働はなかったと感じました。

voice

残業時間が長いのは、特にこの業界では当たり前のことです。

voice

残業時間にもうるさいので、私がいたお店では、せいぜい2時間の残業でした。

voice

月200時間以上の残業が毎日のように発生していました。

voice

上司から「できるだけ残業しないように」と言われました。

voice

残業禁止は良いことだが、残業代を強制的に減らしている印象が強い。

voice

20時以降に残業したい場合は、上司に電話して残業の理由と終了予定時間を報告し、承認を得なければならないので、後回しにされることはありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇も取りやすく、月に1日以上の有給休暇を取得している人が多かった。

voice

有給休暇は店舗によって異なりますが、比較的取りやすいです。

voice

他の代理店に比べて年間休日が多いと思いますし、有給休暇も申請すれば取得できます。

voice

同じ部署の人が有給休暇をたくさん使っていたので、休みが取りにくい雰囲気はないので安心です。

voice

社員旅行は有給休暇のため、有給休暇が残っていない場合は参加できません。

voice

最近転職する人に聞いた話ですが、転職前に申請すれば有給休暇を使わせてくれるそうです。

voice

残業を強要されるような雰囲気はありませんが、夏休みを除けば、有給休暇を連日取得している人はほとんど見かけません。

voice

有給休暇も希望すれば問題なく取得できます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アイ・ティー・エックスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与の見直しが正しかったので、給与自体も上がっています。

voice

ボーナスが他社に比べて少ないと思うし、毎月の給料が上がらないので続けられない。

voice

正直、店長レベルでないと給料が低すぎる。

voice

残業代や入社前の研修では、しっかりとした給与が支払われていました。

voice

個人で頑張っても、お店の業績が悪ければ最低限のボーナスしか出ません。

voice

扱う商品のタイミングにもよるので、ボーナスなどは素直に売れる端末があれば自然と売れる。

voice

店長や副店長クラスでも、資格や福利厚生があればそれなりの給料が出ますし、同クラスの営業職はあまりないと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アイ・ティー・エックスはどうでしょうか。

voice

長時間労働やクレーム対応によるメンタルヘルス不調で辞めていく人も多かった。

voice

親会社が変わってからは残業が厳しく管理され、基本的に定時で帰れるようになりました。

voice

経営者が残業管理の重要性を明確に認識しており、残業代も正確に支払われていたため、ブラック企業ではありません。

voice

個人的には、社員の評価が明確でなく、上の人に気に入られた人だけが出世する、よくあるブラック企業だと思っていました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

職場にもよると思いますが、セクハラやパワハラは聞いたことがあります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

当たり前のことを当たり前のように言われて、無理だと思い退職しました。

voice

上司から叱責されるだけで、自分の功績を認めてもらえない人もいる。

voice

上司になると、業績に応じて減給や降格の対象となり、上司によっては会議で叱責されることもあります。

voice

その理由の一つは、度を超えて理不尽なことを言い続けたことです。

voice

社員旅行はほぼ強制で、行きたくない社員は強制的に参加させられて徴収されていたのが気になった。

voice

持株会は良い制度だと思いますが、基本的には強制的に加入させるものであり、加入していない人が会議で名前を出して批判されるのはフェアではないと思います。

voice

社員旅行の会費が半強制的に給料から天引きされるのはおかしいと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

入社前のビジネスマナー研修は洗脳のようなものでした。

voice

慣れてくると、ノルマではないが獲得数を意識することを要求されることに飽きてくる。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私と一緒に転職した同僚の3分の2が3年で辞めてしまいました。

voice

退職する人は増えているが、新しい人にはスキルがなく、生産性が低下する。

voice

離職率の高い業界・職種なので、他にも挑戦したい分野があると伝えたところ、あまり引き止めてもらえず、すんなりと辞められたと思います。

voice

退職時に残業時間の過少申告が発覚した時は大問題になったようです。

voice

最近では、退職金の基準がまた見直されるという噂もありますが、腰を据えて仕事をするには不安がいっぱいです。

voice

自分のミスで退職を余儀なくされ、悔しい思いをしましたが、人として成長できたと感じ、入社して良かったと思っています。

voice

妊娠を機に退職しましたが、育児休暇を取得して、辞めるのではなく続けていればよかったと後悔しています。

voice

格安スマホの中で神経質になりながらこの業界で働くのは無理だと思い退職しました。

voice

キャリアもすぐに店長になるのですが、昇給の難しさや退職金制度がないため、それ以降は続けられないと思っています。

voice

正社員であれば、退職金制度と合わせて会社の持ち株制度があり、基本的には必ず儲かる仕組みになっています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。