HGSTジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに HGSTジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 20.5 30.1 53.8
平均給与(万円/年) 806.7 431.9 72.5
有給休暇消化率 62.0 47.6 54.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。HGSTジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間は職場によって大きく異なり、特に製造装置を扱う方はトラブル対応に時間を取られることが多いです。

voice

フレックスタイム制が導入され、水曜日が通常の勤務日となったことで、上司が残業ゼロを推奨しているため、勤務時間の自由度が高くなっています。

voice

残業はあまりないと思いますが、部署にもよると思います。

voice

仕事を吸収してチャレンジ精神のある人向けの会社なので、仕事が優先されて夜遅くまで連続して仕事をしなければならないこともしばしばありました。

voice

部署にもよりますが、忙しくて残業が多い部署もあります。

voice

生産に直結していない部署であれば、残業は少ないと思われます。

voice

残業は部署によっては大変なところもあれば、そうでないところもあります。

voice

他の海外オフィスに比べて、日本特有の残業が多く、まだまだだらしない雰囲気があるので、もっと柔軟に働ける風土になってほしいと思います。

voice

残業時間や仕事の難易度は部署によってかなり異なります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年休を取得していない社員にも取得を促す取り組みがあります。

voice

有給休暇を取得しにくい雰囲気があります。

voice

大型連休前後には有給休暇の奨励日を付けることもあり、充実した休暇を取得しやすい環境です。

voice

基本的には、自分の調整次第でいつでも年休を取得することができます。

voice

年休やフレックスタイムも自分の好きなように取得できるので、ライフワークとしての仕事ができた。

voice

想定外の不具合に対応するため、早急に対策会議を開催し、休日に仕事をしなければならない場合には代休を取得できるようにした。

voice

大型連休を中心に有給休暇を取得できるので、帰省客の混雑を避けて計画的に旅行ができます。

voice

福利厚生が充実していて、もう少し仕事と休日を分けてくれたら良かったのにと感じています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。HGSTジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは固定ボーナスとSTIに分かれており、STIは業績連動型のボーナスです。

voice

給与や福利厚生は他社よりも高く、不満はありません。

voice

給与やボーナスについては、平均的な電機メーカーよりも多かったと思います。

voice

ボーナスについては、月給制ではない社員には、夏と冬、春と秋に会社の業績や個人の評価に応じて一定額を支給しています。

voice

同一部門内での個人のパフォーマンスを相対的に比較し、ボーナスなどに反映させます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。HGSTジャパンはどうでしょうか。

voice

水曜日は定時退社の日なので、予定が立てやすいです。

voice

毎週水曜日は定例の出勤日で、体をリフレッシュさせてくれます。

voice

勤務時間は柔軟に対応できることが多く、定期的な出勤は絶対条件ではありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

技術系の社風なので、仕事さえしっかりやれば上下関係以上に自分のポジションを築くことができます。

voice

自立してやる度胸がないと、人一倍仕事ができません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社に頼らず、個人の求人サイトを利用して早期に就職活動をしていた人は、先に退職し始めています。

voice

8ヶ月というのは、整理解雇の4つの要件を満たさないまま、裁判所の不当解雇の相場の下限から来ているように思われます。

voice

小田原工場を閉鎖し、工場で働く約500名の従業員が会社都合で退職することになりました。

voice

海外だけでなく日本でも、サイトが閉鎖された時に全員を解雇したり、リストラでサイトの半分の人を解雇したりと、個人の力も上げていかないと生き残れません。

voice

小田原工場は閉鎖され、550人の従業員全員が解雇された。

voice

小田原の閉鎖で辞めた人には2~3年分の退職金が支給されていたが、最近の藤沢の閉鎖では、対象者には8ヶ月分の給料しか支給されていないようだ。

voice

会社は退職金を支払い、従業員との関係を完全に断ち切った。

voice

WDC との合併以降、小田原工場の閉鎖や早期退職、事業部の解散が目立っており、藤沢工場がいつまで残るかは不明。

voice

外資系企業のためか、事務所の閉鎖や希望退職が進んでおり、従業員の士気は低下の一途をたどっている。

voice

この社員は、自分のキャリアパスを設計する際に話を聞いてもらえず、将来の進路に不安を感じて退職してしまった。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。