カメヤマのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに カメヤマ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 13件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.3 29.7 48.6
平均給与(万円/年) 358.7 402.8 47.3
有給休暇消化率 20.6 43.5 43.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。カメヤマの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業代が出ないので、労働時間を考えると少ないと感じる人もいるかもしれません。

voice

残業についてですが、私の部署では入社直後から人数が減り、退職直前まで2人減り続けていました。

voice

残業は時期によって変動し、比較的少なめです。

voice

勤務地や配属部署によって異なりますが、繁忙期には22時~23時の残業が多く発生します。

voice

当然、出張以外は毎日のように内勤残業で、月平均80~150時間の残業がありました。

voice

まず、一日の労働時間を記録するタイムカードやツールがないため、不測の事態が発生した場合、残業などの労働状況を証明することができません。

voice

営業部はほぼ毎日サービス残業があります。

voice

営業の仕事なので仕方がないのですが、お客様のスケジュールに合わせなければならないので、残業は避けられません。

voice

経理・一般事務のお仕事は、残業もほとんどなく比較的早い時間にできます。

voice

いずれにしても、繁忙期は激務の一言に尽きるので、イベントのために徹夜したり、田舎まで車を走らせたりするのは平気です。

voice

時期によって売上が大きく変動し、それに伴って残業も増える。

voice

部署や担当業務によって異なりますが、残業はあまりなかったので、お子さんがいる方にも働きやすい環境だったと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

代休や有給休暇は「使える」と言われていますが、取りやすい環境ではありません。

voice

有給休暇の残高も機械によるものではなく、紙の上での人間による管理であり、非常に不正確なものです。

voice

振替休日を取ることができますので、代わりに平日の休みを取ることができます。

voice

もちろん、辞めなくても手に入れることは可能ですが、そのようなプレッシャーの中で権利を主張できるくらいの実力がないと難しいかもしれません。

voice

そもそも公休は96日と他社に比べて少ないのですが、イベントや会議などで土日の出勤が多くなると、代休が取れるかどうか迷いました。

voice

年間休日はありますが、完全に休みが取れることはほとんどなく、イベントやクライアント(インテリアショップや結婚式場)への訪問などで土日に出勤することがほとんどです。

voice

代休は部署によって異なりますが、代休は設けられているものの、代休を取得できない部署もありました。

voice

代休制度はあるが、「取るな、取らせるな」という雰囲気が強い。

voice

私が退職を決意した一番の理由は、将来のビジョンが見えにくかったからです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。カメヤマの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスについては、夏冬ボーナスと決算ボーナスがあり、夏と冬は必ず支給されていました。

voice

あまり目立たない位置にいると、昇給はほとんど期待できません。

voice

勤続年数に関係なく給料はあまり上がりません。

voice

ボーナスの支給額については労使間で取り決めがありますが(基本給の太った月のようなものです)、それなりの額のボーナスをもらっている人は少なく、実際にはそれよりもはるかに多いか少ない人が多いという印象を受けました。

voice

私がいた頃は、ボーナス・退職金の算定基準は基本給と役職手当であり、その結果、ボーナス・退職金もそれなりの金額になります。

voice

利益が出ていても、ボーナスが全く出ない年もあり、社員は大変な思いをしていました。

voice

以前は決算期末のボーナスは会社の業績に関係なく支給されていましたが、今は前年比でどれだけ増えたかによって支給されるかどうかが決まるようです。

voice

この8年間で、実際に昇給したのは1回だけです。

voice

製造部への異動で基本給が3万円マイナスになると言われました。

voice

会社の業績は安定しているし、オーナーが巻き込まれなければボーナスも安定している。

voice

直属の上司、部長、執行役員の順に評価され、その評価によってボーナスの支給額が決定されます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。カメヤマはどうでしょうか。

voice

事務職は定時で帰れることが多いので、繁忙期以外は比較的楽だと思います。

voice

時には遅くまで残業することもありますが、通常の勤務時間は朝6時で、残業は1~2時間程度で済んでいます。

voice

長時間労働をしている人は、精神的に疲れていて、自分の意思がないように見えた。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、カメヤマではどのような現状でしょうか

voice

休職中に短期のアルバイトを代わりに入れて、復帰したら交代させるようです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

入社して感じたギャップは、かわいい商品を扱う一方で、朝から晩まで丸2日会議があるという体育会系の社風で、非常に古い社風が色濃く残っていたことです。

voice

このような恐怖政治のせいで、数ヶ月、数週間で精神的に病んで辞めてしまう人をたくさん見てきました。

voice

販売員であれば、ノルマがあるので、雑貨が好きなだけでは難しいかもしれません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社であまり覚えられていない人は、経営者によるパワハラの一種として更迭されたり、辞職に追い込まれたりします。

voice

退職した今でも、あの頃のことは夢のようにしか思えませんが、別の会社で生計を立てていくために必要な訓練でした。

voice

人との関係に不安を感じている人を見てきましたが、それが原因で退職を考えている人もいると思います。

voice

売上の減少は現場(特に上司)のせいにされ、現場で働く唯一の能力すら剥奪するような激しいパワハラで退職に追い込まれ、退職者が続出した。衰退の予感。

voice

部署内の人間関係は比較的良好でしたが、一般的なワンマン企業の上層部の経営方針に対する考え方や、それが業務内容や社内制度に与える影響がかなり異なるため、将来のキャリアにつながるような仕事を見つけるのは難しいと感じていました。やらなければならないことがあると感じ、退職を考えています。

voice

営業部門では、基本的に結婚や妊娠を機に退職する人が多い傾向にあります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。