山本珈琲のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 山本珈琲 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 3件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.3 29.7 50.9
平均給与(万円/年) 300.0 402.8 43.7
有給休暇消化率 0.0 43.5 37.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(有給消化平均: 有給消化率が0%となっていますが、過去のデータも含むため、有給消化が法令で義務付けられた時期以降に法令に違反しているという内容を示唆するものではありません。)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。山本珈琲の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業はしなくてもいいのですが、やり残したことがあれば強制的に退社させられます。

voice

基本的に土日祝休みがあり、本社は定時を守り、遅くとも19時までには完全に退社しているようです。

voice

大きな会社を任されると、休日出勤が多くなり、その分の評価はされません。

voice

職場にもよりますが、土日に予定を組むことはできますが、平日はサービス残業が多いので、休日まで我慢するのはかなりきついです。

voice

残業代やその他の手当はすべて営業手当に含まれています。

voice

各営業所・支店の離職率が高いと感じるのは、夜遅くまで残業を強いられ、残業代が出ないからです。

voice

基本的に休日出勤はなく、新店舗がオープンした際にお客様の要望で働いていた方も稀にいました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

法律で定められた有給休暇の日数も付与されます。

voice

基本的には土日祝日が休みの同じカレンダーです。

voice

一般社員は土日祝はほとんど休みで、残業はほとんどありません。

voice

結婚・出産を機に退職するのが一般的でしたが、育児のための有給休暇を取得できるほど会社の業績が良くなく、余裕がないのではないかと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。山本珈琲の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

長年働いていた人でも、給料の安さを理由に転職を渋っていました。

voice

残業代は出ませんが、現場手当は出ますので、収入は高いです。

voice

基本給が非常に低く、インセンティブの金額もそこまで大きくないので、モチベーションを維持するのが難しい環境だと思います。

voice

給料やボーナスも一定の金額があり、頑張り次第では金額的にも目に見えて跳ね返ってくるという点でやりがいがあります。

voice

クライアントとのトラブルがあった場合は、関係なく出勤しても給料はもらえません。

voice

であまり期待せずに配達をメインに普通の仕事をしている社員と同じ給料なので、損をしているような気がします。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

営業スタイルは自由で、ノルマも厳しくないと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。