公文教育研究会のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 公文教育研究会 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 69件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.3 29.7 52.5
平均給与(万円/年) 510.1 402.8 56.6
有給休暇消化率 43.8 43.5 50.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。公文教育研究会の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業も少なく、ライフワークバランスも良いと思います。

voice

教室のサポートが主な仕事なので、夕方から夜にかけての授業時間なので、外回りの際に残業代が免除されることはありません。

voice

具体的には、月50~60時間の残業が当たり前で、総合職は2~3年ごとに全国各地への転勤があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

こちらも申請すれば、問題なく取得できるはずです。

voice

もう一人担当者がいれば、体調が悪い時や長期休暇を取ってリフレッシュしたい時にも休めると思います。

voice

夏休みや年末年始もあるので、仕事と生活のバランスが取れていると思います。

voice

産休・育休制度があり、申請すれば問題なく利用できるはずです。

voice

休みは自由ですが、自分にしかできない仕事が多いので、休み明けの仕事量はどうしても多くなってしまいます。

voice

有給休暇は当たり前、昼休みは視点が緩く、定時退社が当たり前。

voice

休んでいても、日中はメールや電話が頻繁にかかってくる。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。公文教育研究会の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

安定した仕事に就くことはできますが、給料はかなり低いので、一人暮らしの人には厳しいですね。

voice

ボーナスは比較的高いが、営業利益に依存する。

voice

基本給+住宅手当+残業代で構成されていますが、残業代が全額支給されるので、若い人にはとても助かります。

voice

3年間は業績や評価に関係なく、ある程度の給与とボーナスが保証されています。

voice

住宅手当が最低でも5万という点。

voice

会社のどの部分にも「裁量」はなく、みなし残業手当のみが支給されています。

voice

評価が高くてもボーナスが大きく変わるわけではないし、評価基準が明確ではないので説得力に欠ける。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。公文教育研究会はどうでしょうか。

voice

今は育児があるのでフルタイムですが、ほぼ定時で退社しています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ほとんどの社員は良識ある人が多く、今で言うハラスメントはありませんでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が退職する頃には評価制度は徐々に改善されていましたが、基準が高すぎて高評価にならないと感じている人が多かったです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。