日本インターシステムズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本インターシステムズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 10件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 43.3 29.7 44.7
平均給与(万円/年) 395.6 402.8 49.6
有給休暇消化率 28.8 43.5 45.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

日本インターシステムズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本インターシステムズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本インターシステムズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは年2回ありましたが、査定も面接もなく一律料金でした。

voice

それが給料に反映されず、ずっと給料が低いままでした。

voice

求人票に「昇給あり」「ボーナスあり」と書いてあっても、実際には昇給はなく、ボーナスは小学生のお年玉程度で、収入は非常に少ない。

voice

基本給が低めに設定されているため、他の手当との兼ね合いがあるからです。

voice

ボーナスや昇給は社長が決めるようです。

voice

給与は残業代も含まれていて、比較的良かったです。

voice

一時は業績が悪化すると給与やボーナスがカットされたこともありました。

voice

月収と同額のボーナスがあるのですが、どのように評価されるのかが不明確で、どのような基準で金額が決定されるのかがわかりません。

voice

企業や景気の悪化に伴い、減給もありましたが、社会情勢に合わせたものなので、不満はありましたが、常識の範囲内でした。

voice

資格に応じて報酬や毎月の昇給制度があります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本インターシステムズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が多い月もありましたが、夏休みや冬休みはゆっくりできました。

voice

お客様対応の社員であっても、指定された時間までに帰社していただき、会議手当(残業代、交通費、駐車場代)はありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

毎年20日の有給休暇が付与され、最大40日まで貯めることができますが、使い切ることはできません。

voice

夏休みなんてものはないので、クライアントの夏休みに合わせて、クライアントワーカーは有給休暇を数日消費するようにしています。

voice

案件にもよりますが、ほとんどの開発案件はギリギリの労働力で仕事をしており、有給休暇を取るのは難しい(ほぼ不可能)。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本インターシステムズはどうでしょうか。

voice

毎日早く帰る(時間通りに帰るなど)と提出できないのも仕事量の多さだったと思います。

voice

精神的にタフになりたい方にはオススメの管理職です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

会社は非常に体育会系なので、あまりお勧めできません。

voice

プロジェクトごとにリーダーがいるので、リーダーに相談したのですが、会社自体がトップダウン(軍隊のような)経営だったので、意見を聞いても(意見を聞いても)改善の見込みはほとんどありませんでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職者が続出していますが、残った人たちは今後の荒波を乗り切ることができるでしょう。

voice

暇を持て余した時間が辛くて半年で退職しました。

voice

取引先にも不審な点が出てきており、多くの契約が解除されており、残念な結果となっています。

voice

会社を辞めたい場合は、ボーナスをもらった後にその旨を伝えて、早めに辞めた方がいいでしょう。

voice

人材を派遣しているプロジェクトが終了・中断し、自社の待機者数が減少した場合、人員調整のために「自主退職」を余儀なくされます。

voice

買収前は約8~9割の元社員が退職していましたが、その後は多くの人を採用し、社員数も大幅に増加しています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。