船井総研ホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 船井総研ホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 20件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 45.7 29.7 43.8
平均給与(万円/年) 613.9 402.8 63.0
有給休暇消化率 35.5 43.5 47.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

船井総研ホールディングスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、船井総研ホールディングスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。船井総研ホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業代はいわゆる「みなし残業代」として月15,000円程度だったと記憶していますが、月の残業時間は100時間を大きく超えており、家庭をお持ちの方にとっては肉体的にも精神的にもバランスを取るのが難しい仕事だったと思います。

voice

夜遅くまで働いて終電で帰宅したり、朝まで徹夜で働いたりするのが普通です。

voice

残業代を全額請求したら、会社は潰れると思います。

voice

当時は残業時間が膨大で徹夜も多かったのですが、上場してからは大人の対応が必要になり、激減したようです。

voice

PJ報告会の前に徹夜をする文化があったので、女性社員がついていくのは大変だったと思います。

voice

最近では、労働力改革が社内で声高に叫ばれるようになり、週末に徹夜する人も少なくなってきました。

voice

女性は徹夜するのが一般的で、自己研鑽のためのものだという文化があります。

voice

新卒者には15,000円程度の手当がありますが、月に100時間以上の残業をしても残業代は出ず、全てこの手当に含まれています。

voice

コンサルティングやシンクタンクは非常に激務と言われていますが、船井総研は比較的労働時間が少ないように感じます。

voice

今となっては笑えるが、深夜にタクシーを捕まえやすい場所に会社があるのも異常だ。

voice

業界の性質上、土日に会議や出張があり、出張で全国を移動しなければならない場合は帰宅できないこともあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

残業手当や休日出勤手当は名目上は存在しますが、申請できない、認められないという雰囲気があります。

voice

中途入社の場合、研修は一切なく、有給休暇を使って自費でセミナーや講習会に参加させられます。

voice

最近では、産前産後休暇のために有給休暇を取得している社員もいます。

voice

最近では、リーダーになってしっかり休む人も増えてきています。

voice

稼働率=コンサル料なので、予算に合わせて休む人は少ないと思います。特に20代の方にはチャンスが多いので、事業を体験して次のキャリアにつなげやすい会社だと思います。

voice

休暇や勤務時間は個人差がありますので、労働意欲のある方は土日もきちんと取得しています。

voice

売上を上げている限り、自由な時間、自由な行動、長期休暇がある。

voice

稼げるようになると、自分でスケジュールをコントロールできるようになり、休みや帰宅時間の調整ができなくなることはありません。

voice

それが、多くの優秀な中堅リーダーが転職してきた理由なのだろう。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。船井総研ホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

若くて先輩や上司と一緒に行くだけでも、お小遣いがもらえるので、平均して5万円くらいの副収入になると思います。

voice

残業代や休日出勤手当はなく、給料はそれほど高くないが、交通費は非課税。

voice

通常のサポートの場合は、コンサルティング活動でのプロジェクトやクライアント数が多いほど(収入が多いほど)、役職や給与、ボーナスが高くなります。

voice

給料はかなり厳しいですが、出世すればするほど安定して稼げますし、一度出世してしまえば落ちることはほぼありません。

voice

チーム制なので、やればやるほど給料が上がるが、業績が上がらなければ一般的な中小企業よりも低い給料になる。

voice

業績主義を謳うのであれば、ボーナスと一緒に1000万円以上のレベルを簡単に提示すべきです。

voice

働いた分だけお給料が変わるので、お給料を上げたいと思った時にやる気が出やすいです。

voice

自分の営業成績や顧客の満足度のために、全国に散らばっているポジションでは、部下が営業に同行してわずかな営業シェアを得て、成長のチャンスと称して大量の仕事を担当させられ、結果的に給料が上がるだけというケースもある。

voice

給与<やりがい>を求める方には、とても良い環境だと思います。

voice

上記のように成果報酬なので、全く数字が上がらないとボーナスがゼロになる可能性があります。

voice

均等に稼げる仕組みを作る必要があるかもしれません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。船井総研ホールディングスはどうでしょうか。

voice

上司が本当に仕事をよくさせてくれて、報告書を近くでチェックしたり、部下の時間を搾取したりしていることに、嫌悪感すら覚えません。

voice

今、こういった消費者本位の業界にブラック企業が多いのは、激務で有名な船井総研のようなコンサルティング会社が、飲み屋で地元の消費者本位の企業の社長を感化して、「私が一生懸命働いているんだから、あなたもこれくらい働いて当たり前」と労働力をかき集めたことが一因のように思います。と思う。

voice

口が良ければ低学歴でも営業成績次第で幹部になれる販売会社だからこそ、陰湿な労働搾取が横行しているのです。

voice

一番問題なのは、基本的には上司にほとんど頼らずに本人に任されているということで、学生から社会人になったばかりの人には大変なことだと言われています。

voice

自由で自立した精神を持っているので、ある意味では、その人柄の強さは他社には敵わない強みになっています。

voice

素材、メディア、ナノテクノロジー、エネルギーなど、末端から離れていて労働時間が短いホワイトな業界に就職したいのであれば、このようなブラック企業と関わることは一生のキャリアを汚すことになるので、絶対にお勧めしません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

社内の女性の理解度は非常に低く、ある程度のセクハラは当たり前とされています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

非常に風通しの良い社風なので、理不尽な上司などの悪評がすぐに周囲や上司、上司に知れ渡ってしまうため、理不尽な行動やパワハラが抑制されています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

社長から日給数十万を稼ぐ仕事なので、会社に価値を提供するためには社長よりも不安定なワークライフバランスが必要だと思います。少なくとも新人で入社してから3~5年くらいはそういう期間があってもいいと思います。その期間を乗り越えて、退職後に頑張っている人はたくさんいますよ。

voice

積極的な退職理由としては、夢のために起業した、よりレベルの高いコンサルティング会社に転職した、異業種に転職したなどが挙げられます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。