パーソルパナソニックHRパートナーズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに パーソルパナソニックHRパートナーズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 126件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 15.3 29.7 55.6
平均給与(万円/年) 459.8 402.8 53.5
有給休暇消化率 70.2 43.5 57.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

パーソルパナソニックHRパートナーズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、パーソルパナソニックHRパートナーズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。パーソルパナソニックHRパートナーズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業が多い時は、給料は嬉しいですが、暇な時はかなり悪いです。

voice

以前はボーナスは固定で大体3.5ヶ月分、高評価の人でもその程度だったんですが、ちょっと不公平感がありますね。

voice

給料については、一人暮らしをするには十分な金額ですが、将来のことを考えると厳しいです。

voice

時給なので計算しやすいです。

voice

自分の気分に合った仕事と給料を得たい。

voice

業績は安定しており、ボーナスも安定しており約2ヶ月分。

voice

昇給は現場によって違うと思いますが、初年度は営業マンが何も言わずにクライアントに昇給の申し出をしていましたが、その後は数年経っても給料が上がらなかったので残念でした。

voice

休みが多いので、その月は派遣社員の給料が変動するのが難しかった。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。パーソルパナソニックHRパートナーズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間については、派遣社員だったので、特に長い時間はなく、残業もほとんどありませんでした。

voice

当初の会議で言われていた以上の残業をしていたことに不満を感じていました。

voice

私が働いていたところでは、残業はほとんどありませんでした。

voice

残業は常識的な範囲内(月30時間程度)で行っていました。

voice

就業時間や残業時間は派遣先企業次第ですが、無理のない範囲で調整してもらえると思います。

voice

残業代は15分単位で支給され、残業自体は強制ではなかったので、ワークバランスはとても良かったと思います。

voice

残業もなく、勤務時間や有給休暇の相談にも乗ってくれたので、ストレスなく働くことができました。

voice

残業なども同様です。結果を求めればそれなりの残業は必要ですが、会社としては社員に負担をかけすぎることの方が悪いと考えているように思います。

voice

休日は丸一日休めますし、勤務時間内にちょっとした事務作業もできるので、サービス残業はなく、給与に反映されています。

voice

残業がほとんどないので、予定が立てやすかったのも良かったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得率などについては、人それぞれの働き方にもよると思いますが、はっきり言って毎年100%取得していても、不満や不満を持つ人はいないと思います。

voice

時給には影響しますが、有給休暇などは取りやすかったです。

voice

派遣先の会社にもよると思いますが、有給休暇もしっかりと取れるようになりますよ。

voice

有給休暇の他に、年間5回の特別休暇があります。

voice

有給休暇の計算について疑問に思ったことがあれば、すぐに対応してくれて、消化しやすい環境を作ってくれました。

voice

数字さえ間違えなければ平日は早く帰れますし、有給休暇も取りやすいので、ワークライフバランスが取りやすいです。

voice

代理店にもよりますが、自分の好きなように出入りできるので、休日や遅刻の融通がききます。

voice

派遣会社との調整により、有給休暇を利用して契約を終えることができたので、給与面でも助かりました。

voice

辞めるときは、派遣先に迷惑をかけるなと言われましたが、派遣先との関係が良好だったので、有給休暇は全部使えましたし、それ以上は言われませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。パーソルパナソニックHRパートナーズはどうでしょうか。

voice

定時で帰るわけでもなく、コーヒーを飲んで休憩して残業を始めたわけでもないのに、追われている感じがして、結局、精神的に疲れてしまいました。

voice

パナソニック系列以外でも、明らかにブラックな会社にも派遣しているので、本当に運がいいだけです。

voice

ライフワークバランスは、職種や配属によって異なります。

voice

人件費のせいかもしれませんが、自由度の高い仕事ができたので、精神的にも肉体的にも良かったと思います。

voice

精神的にサポートする体制が整っているので、何かあった時には相談できる場所があります。

voice

人材業界の中ではゆったりとした会社で、定時で帰れるので、既婚者にはとても良いと思います。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

介護度が高いということは、女性が多い職場ということなので、ゴシップや僻みを無視できるくらいの成熟度があれば、うまくやっていけるはずです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

組織の規模の大きさにもかかわらず、セクハラやパワハラが多発しているようで、訴えられない弱者を見限っているような雰囲気が漂っていました。

voice

(ちなみに私は派遣社員だったので、セクハラはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

ヒステリックな体育会系トレーナーと組まされ、ストレスでめまいや嘔吐を起こしてしまいました。

voice

時間をかけて有益な情報をたくさん提供してくれて、メンタル面でのケアもしてくれたので、仕事に集中でき、自己管理の面でも問題はありませんでした。

voice

ギャップがあるわけではないが、同じパナソニックグループ内でもヒエラルキーがあるように感じた。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

派遣先の会社があまりにも酷く(退職者)、いじめもあったので辞めざるを得ませんでした。

voice

それが原因で退職者が多かったのを覚えています。

voice

退職理由は、上司の人事判断によるもので、スタッフが問題を起こしたことで精神的に追い込まれてしまい、その行為の後始末を迫られたため。

voice

営業マンにもよると思いますが、退職時に電話がかかってこなかったので、本当に期末で辞めていいのかどうかわかりませんでした。

voice

当時ダブルワークをしていた会社から正社員として働きに来ないかと誘われ、みんな優しくて環境も良かったので不安でしたが、辞めることにしました。

voice

担当の営業マンは理解があり、パワハラに耐えられず、私の突然の退職申し出にも快く応じてくれました。

voice

ずっと働きたいと思うほど良い職場だったので、辞める時は少し寂しかったです。

voice

数年間は時短勤務をしていましたが、時短勤務は子供が3歳になる3月末まで続きました。その後、子供の有無に関わらずシフトに悩んだ末に退職し、地元の小さな会社に転職しました。

voice

管理職に関しては、現状では多すぎるので、拠点が増えるか、上司が辞めるかのどちらかでないと出世は難しいですね。

voice

新事業部の立ち上げで人手が足りない時期に退職したのですが、現場責任者のマネジメント力が不足していると感じ、そのギャップを埋めることができませんでした。

voice

仕事を辞めて、仕事の幅を広げて成長することを決意しました。

voice

派遣法の改正や労働法の先行制定により、派遣以外のセールスドライバーの新規採用を真剣に考え、取り組むことに未来が見えないと判断し、退職を決意した。

voice

業績が悪化してしばらくして会社都合で解雇されましたが、本社からの連絡はほとんどありませんでした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。