株式会社成基のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社成基 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 37件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 38.8 30.1 46.6
平均給与(万円/年) 366.2 397.2 47.9
有給休暇消化率 15.5 43.2 42.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

株式会社成基に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社成基と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社成基の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

朝から夜遅くまで担当していて、お昼や夜食を食べる時間がない。

voice

基本的には昼間や朝から深夜までの勤務なので、帰宅が遅くなったり、トラブルに巻き込まれたりして体調に影響が出ることもあり、女性にとってはあまり良い環境ではありません。

voice

教室長として朝まで働くことが多い(もちろん残業代は出ません)。

voice

休みの少なさ、出勤日数、残業時間の多さは改善すべきだと思います。

voice

最近は、ノー残業デーなどの工夫をしていますが、ノー残業デーに朝から打ち合わせをしても意味がありません。

voice

残業して夜中の2時まで働いたりするのが普通の感覚。

voice

トータルでは月給制で残業代が見込めないので、働くたびに残業代を申請しているようです。

voice

一晩中教室にいることもあります。

voice

長時間労働のため、肉体的にも精神的にも耐えられませんでした。

voice

休日出勤が当たり前で、休日に電話がかかってくることが多かった。

voice

その結果、サービス残業が当たり前のようになっている社員もいます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

事務員や講師、家庭教師などのアルバイトをしている場合は、事前に申告しておけば比較的簡単に休日を取得することができます。

voice

アルバイトがいないと、休みたくても休めないし、体調が悪くても休めない。

voice

その結果、休みが取りづらくなり、病気になって辞める人が続出しました。

voice

日曜教室の手当がない場合は、お盆や正月の特別講習会などで休日申請をして手当を支給。

voice

本社は土日休みも可能ですが、現場では土日出勤が必要です。

voice

天候や天災などで休校になることもありますが、その場合は振替授業が重なって休むことができません。

voice

長期休暇中は、朝から晩まで仕事をすることになるので、12時間以上教室にいることも珍しくありません。

voice

そこの管理も社員の仕事なので、休みはありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社成基の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

役職手当などの手当が上乗せされない限り、年俸が上がらないその時の給与体系に。

voice

30~40歳の上司が「うち(成城)の給料では子供をうち(成城)の学校に通わせられない」と言っていたので、その後どうなったのかはわかりませんが...。

voice

残業代は上司の承認が得られれば支給されますが、元々残業代は30時間分の概算残業代に含まれていますので、ほとんど支払う必要はありません。

voice

給料は頑張り次第なので納得のいくものでしたが、ボーナスは非正規社員だったので以前はただのお小遣い程度でしたが、今はそうではありません。

voice

昇格やキャリアアップの機会は多いが、給与は給与に見合ったものではない。

voice

私は新卒で入社しましたが、正社員の割には給料が低い会社の一つだと思います。

voice

従業員はそれをやっても給料が上がらず、報酬の搾取につながる。

voice

ボーナスについては、予算をどれだけ満たしているのか。

voice

研修は有給ですが、通常のお仕事よりも少しお安くなっています。

voice

自分の頑張り次第で収入が増えるので、それはそれでいいと思いますが、正社員は非正社員よりも優遇されているのが目に見えてわかりやすく、自分のモチベーションを上げるのが難しいと感じました。

voice

広報活動をしなければならないこともありますが、基本的には教室の業務がメインなので、営業は担当しておらず、既存の教室の環境整備や生徒・保護者へのフォローなど、自分にできることをしているだけです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社成基はどうでしょうか。

voice

教室の開室時間を変えないからですが、いつものように会議が3時間前から始まって、22時過ぎまで仕事をするのはかなり疲れます。

voice

このような会議は、通常の業務時間の前に行われるため、プライベートの時間が自然と削られていくような気がしました。

voice

通常の時間は14時から22時までですが、残業防止のため23時にはパソコンが勝手にシャットダウンされます。

voice

自分の時間を犠牲にしてでも他人の状況を改善したいというサービス精神旺盛な人には向いているのではないでしょうか?

voice

コミュニケーションを取るのが苦手な人もいるので、消極的な人は大変な仕事です。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

人間関係は比較的良好で、くだらないことはあまりなかったと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

昔は生徒(小学生)に暴言を吐いていましたが、従業員が片付けをしてくれていました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

現場が忙しいので、周りのことを気にする余裕がなく、何かあった時には、状況によってはかなり叱責されることもあります。

voice

総会やその他のイベントもバンバンやるのではなく、表彰など。

voice

幹部は後輩にいじめられたり、社長に言われたりするのが嫌なので、理不尽なことは聞きたくない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

全ては自分次第!?根性と根性があれば、何でも乗り越えられる!

voice

多くの会社がそうであるように、経営者にも体育会系で人を持ち上げるのが得意な人はたくさんいます。

voice

生徒の成績を上げるのは自分次第という業界なので、成長意欲が高く、仕事に打ち込む根性と根性がある方には、とてもお勧めの会社です。

voice

にも、顧客満足度調査の回収率などのノルマがあります。

voice

社長は宗教、政治、キャンプ、最近ではボランティア活動に熱心だが、社員やバイトの大学生に押し付けられるのが痛い。

voice

社長はワンマン経営で、キャンプ場、複数のプロチーム、力士の一座、政治家を応援するための巨額の資金が飛び交っている。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

業績向上のために社員を詰め込んだ人もいれば、病気になって定年退職で解雇通知書を書いた人もいる。

voice

給料も妥当ではなく、体調不良を理由に退職を勧められましたが、自己都合で辞めざるを得ませんでした。

voice

会社の社風が会社の理念から外れていることに違和感を覚え、退職することになりました。

voice

休みも取れず、代替日やフレックスを積み上げていたので、退職した時には2ヶ月も働かなくても有給が取れるようになっていました。

voice

結婚や出産を機に退職する人も珍しくありませんでした。

voice

中途入社で企画などの仕事をしていましたが、結婚して新居を探すことになり、退職を考えていましたが、上司のサポートもあり、子供が生まれるまで会社で頑張っていました。

voice

周辺には、結婚して退職する女性が何人かいました。

voice

退職率はまだ高く、役員層と若手社員の間には意識のギャップがあるようです。

voice

精神的・肉体的苦痛を感じて退職しました。

voice

数字を合理的に追うのではなく、イデオロギーや哲学に基づいた経営をされていたので、それがとても気になっていたので退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。