平和商事のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 平和商事 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 3件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 13.3 30.1 56.4
平均給与(万円/年) 393.3 397.2 49.7
有給休暇消化率 10.0 43.2 40.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。平和商事の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

夜遅くまで仕事をしているので、深夜手当がつく。

voice

店舗の営業時間の関係上、朝から夕方、夜から深夜までの勤務となりますので、月に5分の1程度の出勤となります。

voice

平均は30~1時間なので、残業とみなしても問題ありません。

voice

残業代や深夜手当はきちんと支給されるので、長く働いても許容範囲内だと思います。

voice

残業はそれほど多くなく、同業他社と比べても比較的少ないと思います。

voice

体育会系の雰囲気があり、休日出勤や残業を厭わない姿勢も評価に含まれているようなので、やる気をどう見せるかにかかっています。

voice

ある程度のプライバシーは確保されていますが、365日営業している場合、土日であっても電話が鳴ることがあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取得したことがありません。

voice

人員不足で有給休暇を取得できない、または公休を取得したいと思ってもほとんど取得できない、という事業所もあります。

voice

月8回の固定休み、休日出勤なし。

voice

基本的には月8日の休みですが、メンバーとの調整次第で曜日を自由に設定できるようになっています。

voice

店舗や上司によっては有給休暇を取得できるところとできないところがあります。

voice

有給休暇を取得しやすくすることで、モラルや職場の雰囲気が良くなると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。平和商事の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与は同年代の他のサラリーマンよりも高く、ボーナスは年2回支給されます。

voice

は一定のランクまでのシステムですが、一般的には給与面では悪くないと感じました。

voice

給与には深夜手当なども含まれていたので、同年代の一般的な給与と同じくらいだと思います。

voice

深夜手当があるので、まともな給料がもらえると思います。

voice

まあ、お給料もあるので、短期的に稼ぐにはいい方法だと思います。

voice

昇給やボーナスは何を基準に計算されているのか、何をすれば昇給できるのかを明確にしておく必要があります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、平和商事ではどのような現状でしょうか

voice

良い人が多く、企業体質が緩いので、転職して鬱になるまで社会の厳しさを知らない人もいます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

昨年くらいから退職者が急増しており、本社でも大量退職が発生しています。

voice

退職者が多く発生しているため、全店で人手不足が深刻化しています。

voice

社風や待遇、人間関係などは良かったのですが、もともとやりたかった仕事とのミスマッチで向上心がなくなり、風俗業界にあまり興味が持てなくなってしまいました。もしかしたらあるかもしれないと思い、退職を決意しました。

voice

ワークライフバランスについては、経営者は取り組みたいと思っているようですが、現場ではなかなか実現が難しく、産休に入る前に辞めてしまう人も多いようです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。