龍谷大学のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 龍谷大学 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 8件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 21.7 30.1 53.2
平均給与(万円/年) 430.0 397.2 52.2
有給休暇消化率 80.0 43.2 60.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。龍谷大学の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業もほとんどなく、定時で帰れる日が多かったので、プライベートの時間もしっかり確保でき、充実した時間を過ごすことができました。

voice

毎週1日は「ノー残業デー」を制定し、徹底しています。

voice

残業は部署によって異なりますが、繁忙期以外はほとんどありません。

voice

毎日時間厳守できる部署もありますが、業務の関係で夜8時以降に残業しなければならない部署もあります(繁忙期です)。

voice

担当業務によっては、19時頃まで残業することもあります。

voice

年末から3月にかけて、入試業務がある日に重なると休日出勤になることもありますが、割り振られた休みを取ることができます。

voice

各種手当(休日出勤手当、センター入試手当等)は基本的に正社員と同様に支給されます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

一般的な会社では考えられないほど夏季休暇が多く、有給休暇も自由に取れる雰囲気があります。

voice

有給休暇がしっかりと取れるので、有給休暇を利用して旅行に行く社員も多いです。

voice

春休みや夏休みは仕事がなかったので、給料がもらえずにしがみついていました。

voice

お金持ちのお寺の住職や学生が多く通う仏教系の名門大学なので、安定した安心感のある職場ですが、休日出勤が多く、代休が取れないこともあります。

voice

休みも多く、みんな楽しそうに仕事をしていました。

voice

残業もほとんどなく、有給休暇も取得できたので、家庭との両立もでき、仕事が終わってから趣味や習い事に行く時間も取れたので、とても良かったです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。龍谷大学はどうでしょうか。

voice

忙しさは部署によって異なりますが、基本的には定時で帰宅できます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

上下関係が厳しくても、面倒くさい人が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。