ミドリ電化のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ミドリ電化 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 11件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 兵庫県平均 偏差値
平均残業時間(月) 34.0 29.1 48.0
平均給与(万円/年) 337.6 397.9 45.8
有給休暇消化率 36.0 42.1 48.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある兵庫県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ミドリ電化の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間は月30時間(実際には50~60時間)が限界で、サービス残業が当たり前でした。

voice

勤務時間は店舗の開店・閉店時間によって異なります。しかし、早番であれば19時から20時までは帰宅できるので、家族との時間を大切にすることができます。しかし、クリスマスやお正月、ボーナスなどの繁忙期はかなり忙しく、売り場の陳列棚や什器のレイアウト変更などで残業が発生することもしばしば。

voice

もちろん、毎日のように残業して、残業代が出ることはありませんでした。

voice

シフトにより残業はほとんどありませんでしたが、時間内に仕事(仕事)が終わらないことが多かったです。

voice

今は改善されたかもしれませんが、サービス残業は当たり前でした。

voice

労基署に相談に行ったのですが、私より先に別の飲食店の人が労基署に苦情を言い、監査を受けてしまい、結局2年前からの残業代約200万円が私の口座に振り込まれてしまいました。

voice

労働時間に関しては、サービス残業が当たり前になり、シフト勤務が全く意味をなさなくなってきています。

voice

残業はほとんどなく、休みもそれなりにありました。

voice

残業があったとしても、その分は支払ってくれるし、非正規社員には不愉快な思いをすることはなかったと思う。

voice

上場しているにもかかわらず、残業代は30時間分しか出ないという暗黙のルールがあり、休日も顧客フォローがあったので、上場しているという安心感があったのが間違いだった。

voice

サービス残業が多く、体力が続かなかった。

voice

土日祝は個人の売上目標があるので、初めての土日祝は休めません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ミドリ電化の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

有給休暇を1日取ったら、6時間分の有給が取れたので満足しています。

voice

時給制だったので、出勤日数が少なくなればなるほど給料が減る。

voice

給与・ボーナスともに完全歩合制でした。

voice

売上が全てなので、部下を育成してもボーナスなどに給与が反映されず、育成意識が高くない。

voice

会社に売らなければ、基本給でも下がるので、良くも悪くも給料は自分次第。

voice

今の環境がどうなっているのか知らないが、当時は残業代や交通費はなかったと思うし、ボーナスもゴールがなければ雀の巣だっただろう。

voice

正社員ではないので、ボーナスが出るのが嫌でした。

voice

そのような仕組みがあれば、社員の給料が減るので、会社自体が成長すると思います。

voice

キャリアパスとしては、店長になっても給料はあまり高くないので、自分でお店を出すための修行の場と考えれば納得できるのではないでしょうか。

voice

だって、最初はノルマがないと聞いていたけど、当たり前のようにノルマがあって、なかなか達成できないノルマを達成するかどうかで給料が変動する、いや、それはおかしい言葉ではなくて、変動ではなくて、給料が下がるシステムだったんだから。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇も取りやすく、上司に文句を言われることもありませんでした。

voice

シフト制なので、体調が悪いとなかなか休めないので、出勤しなければならない。

voice

もちろん接客業なので、土日祝日に仕事をしたり、有給休暇を取るのは大変です。

voice

有給休暇が全く取れなかったので、有給休暇を取りやすい環境を作った方が良いと思います。

voice

企業から有給休暇の取得を求められるので、そういう意味ではワークライフバランスが取りやすいですね。

voice

週末にはミーティングや勉強会があるので、あまり休みはないと思います。

voice

実店舗には非正規雇用のスタッフがいるので、その人たちが急にシフトに入れなくなったら、自分の休みを削ってでも働かなければならないのが接客の大変なところです。

voice

休みの日はクレーム対応に追われて、プライベートが完全になくなってしまうかもしれません。

voice

アルバイトでしたが、有給休暇を取得できたので満足しています。

voice

基本的に残業はなく、シフト中の平日は2日休めるので、自己管理がしっかりできれば自由度が高いです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ミドリ電化はどうでしょうか。

voice

ブラック企業をホワイト企業にできるかどうかはあなた次第。

voice

別の上司が面倒を見てくれて、電車で帰るのが遅いと言って、車で送ってくれた。

voice

若い時は体力があればなんとかなりますが、年を取ると正直大変です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

経営者によるパワハラも常態化しており、言葉による脅迫だけでなく、暴力行為もありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

売場で自分のディスプレイをさせてくれたり(今はできない)、近所の量販店を圧倒してくれたり、体育会系の雰囲気が楽しかったです(今はだいぶ静かになったと思います)。

voice

土日は法被を着て鉢巻を投げまわして、かなり気合を入れているので面白いです。

voice

さすがメーカーの営業マンだけあって、軍隊のように叫んで訓練させられましたが、いい経験になったと思います。

voice

クレーム対応も必要なことなので、忍耐力が必要です。

voice

お客様からの暴言に動揺しないための強いメンタルを身につけるための研修があります。

voice

客としてたまに覗きに行くのですが、営業の方の中には普段は私服で仕事をしている方もいるので、ノルマが達成できずに休日出勤しているのではないかと推測できます。

voice

ノルマ達成のための架空販売も日常的に行われていました。

voice

新人研修の一環として泊まり込みでの接客研修があり、ノリとしては体育会系。

voice

それだけノルマが厳しいということです。

voice

ノルマもあるし、それが当たり前なんだから当たり前だと思う。

voice

営業スタッフ同士の仲も良く、営業のために喧嘩をすることもなく、むしろみんなで協力して最低限のノルマを達成できるようにしていました。

voice

今は看板が変わったのでなんとも言えませんが、家電業界のように歩合制で、上司からの理不尽なノルマで最低賃金で働かされている人が多いのではないでしょうか。

voice

ノルマがあって、お客さんと競争しているので、ギスギスした雰囲気があります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

家族のことや自分の将来のことを考えると、長く続けることはできないと思い退職しました。

voice

長時間働いて、社長の理不尽な要求に耐えられるならば、そこで働き続けてもいいと思いますが、それができないならば、早く辞めた方がいいと思います。

voice

退職しても、在職中の経験が自信につながっています。

voice

仕事の目的が違うので退職したが、社員によると、一般社員とその部署の責任者である「主任」とでは給料に大きな差があったという。

voice

会社は改善する気があるようでしたが、店長とその取り巻きが現場でやりたい放題やっていたので、早期退職することにしました。

voice

制度がしっかりしていて、退職手続きも時間はかかるがわかりやすい。

voice

ある程度は耐えましたが、年齢的に若いうちに退職しました。

voice

温厚なタイプの経営者もいましたが、特に目立ったこともなく、地道にコツコツと仕事をしていましたが、突然退職してしまいました。

voice

同時期に入社したメンバーのほとんどが半年で退職。

voice

何のために働くのか、仕事が生きがいの人もいると思いますが、プライベートがなければ満足できないのではないでしょうか?ちなみに私が退職した時は、有給休暇は全部使わせてもらいました。

voice

自分のスキルアップの機会に疑問を感じて退職しました。

voice

退職した今でも、仕事のことから生活のこと、恋愛のことまで、何でも相談できます。

voice

退職したが、勤めていた店が潰れてしまい、別の会社と合併したが、業績は伸び悩んでいたようだ。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。